おじいさんと孫

投稿者マイタイピング公式 プレイ回数14180 順位408位
難易度(4.1) 1552打 長文 長文モード可 タグ福娘童話集 ストーリー
グリム童話「おじいさんと孫」のタイピングです
ストーリーを楽しみながら練習しよう!
(リクエストユーザー:邪王真眼)

【2019/03/05】 次の問題を表示するようにしました。

出典元:福娘童話集おじいさんと孫
※こちらのタイピングは福娘童話集の許可をいただいて掲載しております。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 ぱんこ 6819 S++ 7.2 94.7% 212.2 1531 84 34 2020/06/08
2 rui 6409 S 6.4 98.9% 234.8 1521 16 34 2020/05/18
3 それはムリリョ 5511 A 5.8 94.8% 266.0 1551 85 34 2020/06/07
4 ペペロンチーノ 5416 B++ 5.6 96.4% 276.2 1554 58 34 2020/05/20
5 a 5354 B++ 5.6 94.7% 273.6 1551 86 34 2020/05/19

関連タイピング

三人のなまけ者

三人のなまけ者

グリム童話「三人のなまけ者」のタイピングです

プレイ回数16779
長文1229打
ラプンツェル

ラプンツェル

グリム童話「ラプンツェル」のタイピングです

プレイ回数47809
長文2452打
アリとキリギリス

アリとキリギリス

イソップ童話「アリとキリギリス」のタイピングです

プレイ回数40804
長文1633打
アトリの鐘

アトリの鐘

イタリアの昔話「アトリの鐘」のタイピングです

プレイ回数7327
長文2559打
感動するストーリータイピング パート4(最終回)

感動するストーリータイピング パート4(最終回)

これを、やったら、感動すること、まちがいなし!

プレイ回数24
長文429打
金太郎

金太郎

神奈川県の民話「金太郎」のタイピングです

プレイ回数15075
長文1291打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(むかしむかし、ひどくとしをとったおじいさんがいました。)

むかしむかし、ひどく年を取ったおじいさんがいました。

(おじいさんはめがわるく、ぼんやりとしかみえません。)

おじいさんは目が悪く、ボンヤリとしか見えません。

(おまけにみみもよくきこえず、いつもひざをがたがたとふるわせていました。)

おまけに耳もよく聞こえず、いつもひざをガタガタと震わせていました。

(てーぶるにすわってもじょうずにすぷーんをもつことができず、)

テーブルに座っても上手にスプーンを持つ事が出来ず、

(いつもすーぷをこぼしていました。)

いつもスープをこぼしていました。

(おじいさんのむすこと、そのおよめさんは、そのことがいやでたまりません。)

おじいさんの息子と、そのお嫁さんは、その事が嫌でたまりません。

(だからおじいさんをてーぶるからみえないようにだんろのうしろにすわらせ、)

だからおじいさんをテーブルから見えない様に暖炉の後ろに座らせ、

(そこでしょくじをするようにいいました。)

そこで食事をする様に言いました。

(のけものにされたおじいさんのめは、いつもなみだでぬれていました。)

のけ者にされたおじいさんの目は、いつも涙でぬれていました。

(あるとき、ふるえるてでしょくじをしていたおじいさんは、)

ある時、震える手で食事をしていたおじいさんは、

(さらをゆかにおとしてさらをわってしまいました。)

皿を床に落として皿を割ってしまいました。

(むすことおよめさんはぶつぶつともんくをいうと、)

息子とお嫁さんはブツブツと文句を言うと、

(そのひはおじいさんになにもたべさせませんでした。)

その日はおじいさんに何も食べさせませんでした。

(つぎのひ、およめさんはおじいさんのために、)

次の日、お嫁さんはおじいさんの為に、

(ほんのすこしのおかねでちいさなきのさらをかいました。)

ほんの少しのお金で小さな木の皿を買いました。

(そのひからおじいさんは、)

その日からおじいさんは、

(そのちいさなこざらにはいるぶんしかたべさせてもらえませんでした。)

その小さな小皿に入る分しか食べさせてもらえませんでした。

(あるひ、よんさいになるおとこのこが、)

ある日、四才になる男の子が、

(ちいさないたきれをあつめてなにかをつくっていました。)

小さな板きれを集めて何かを作っていました。

(それをみたおとうさんが、おとこのこにたずねました。)

それを見たお父さんが、男の子に尋ねました。

など

(「おまえは、そこでなにをしているんだね?」)

「お前は、そこで何をしているんだね?」

(おとこのこはにっこりわらうと、おとうさんにこたえました。)

男の子はニッコリ笑うと、お父さんに答えました。

(「ぼく、これでちいさなおけをこしらえるんだよ」)

「ぼく、これで小さなおけをこしらえるんだよ」

(「ほう、じょうずなもんだね。でも、そんなちいさなおけをなににつかうんだい?」)

「ほう、上手なもんだね。でも、そんな小さなおけを何に使うんだい?」

(「うん。ぼくがおとなになったらね、)

「うん。ぼくが大人になったらね、

(おとうさんとおかあさんは、このおけでごはんをたべるんだよ」)

お父さんとお母さんは、このおけでご飯を食ベるんだよ」

(これをきいたむすことおよめさんは、しばらくかおをみあわせていましたが、)

これを聞いた息子とお嫁さんは、しばらく顔を見合わせていましたが、

(やがてふたりともなきだしてしまいました。)

やがて二人とも泣き出してしまいました。

(そしてふたりはだんろのうしろにいるおじいさんを、)

そして二人は暖炉の後ろにいるおじいさんを、

(すぐにてーぶるのところへつれてきました。)

すぐにテーブルのところへ連れてきました。

(このときから、おじいさんはみんなといっしょのおさらで、)

この時から、おじいさんはみんなと一緒のお皿で、

(みんなといっしょにしょくじをすることができました。)

みんなと一緒に食事をする事が出来ました。

(そしておじいさんがすーぷをこぼしたり、ふるえるてでおさらをわったりしても、)

そしておじいさんがスープをこぼしたり、震える手でお皿を割ったりしても、

(ふたりともなにもいわなくなりました。)

二人とも何も言わなくなりました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告