君をさがしてた

投稿者さや姉プレイ回数531
楽曲情報 君をさがしてた~THE WEDDING SONG~  CHEMISTRY(内国)  作詞川口 大輔  作曲川口 大輔
難易度(3.8) 1098打 歌詞 長文モード可タグケミストリー CHEMISTRY 歌詞 音楽 結婚式
君をさがしてた/CHEMISTRY
2002年 4枚目シングル
※このタイピングは「君をさがしてた~THE WEDDING SONG~」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きっときづけなかった)

きっと気づけなかった

(きみにはじめてであうそのときまでは)

君に初めて出会うその瞬間(とき)までは

(ひとりでいきていけるとおもってあるいてたんだ)

ひとりで生きていけると思って 歩いてたんだ

(じっとかかえこんでたどんなまよいもどんなこころのこりも)

じっと抱え込んでた どんな迷いも どんな心残りも

(あどけないほほえみがぜんぶふきとばしてくれた)

あどけない微笑が全部吹き飛ばしてくれた

(ずっとずっときみのそばでだれよりもちかいこのばしょで)

ずっとずっと君のそばで 誰よりも近いこの場所で

(なによりもつよいきもちでぼくはきみをまもりつづける)

何よりも強い気持ちで 僕は君を守り続ける

(やっとわかったはずなのに)

やっと分かったはずなのに

(むきあったとたんにつよがってみせたりして・・・)

向き合った途端に 強がってみせたりして・・・

(これまでもこれからもくりかえすかもしれない)

これまでも これからも 繰り返すかもしれない

(つたえたいことばさえみつけられないときはなみだながそう)

伝えたい言葉さえ 見つけられないときは涙流そう

(ぼくたちふたりならばすべてのりこえてゆくだろう)

僕たち二人ならば すべて乗り越えてゆくだろう

(ずっとずっときみのそばでだれよりもちかいこのばしょで)

ずっとずっと君のそばで 誰よりも近いこの場所で

(なによりもつよいきもちでぼくはきみをまもりつづける)

何よりも強い気持ちで 僕は君を守り続ける

(ひかりのまぶしいあさでもかぜのふきつけるよるでも)

光のまぶしい朝でも 風の吹きつける夜でも

(いつのひでもかわらないきもちでぼくだけをみててほしい)

いつの日でも変わらない気持ちで 僕だけを見ててほしい

(ほしつぶかぞえてためいきついたこれだけのぐうぜんのなかで)

星つぶ数えて ため息ついた これだけの偶然の中で

(たったひとつふたりのなかにうまれたものは)

たったひとつ ふたりの中に生まれたものは

(きせきなんかじゃないから)

奇跡なんかじゃないから

(ずっとずっときみのそばでだれよりもちかいこのばしょで)

ずっとずっと君のそばで 誰よりも近いこの場所で

(なによりもつよいきもちでぼくはきみをまもりつづける)

何よりも強い気持ちで 僕は君を守り続ける

(きょうもあしたもあさってもどれだけのときがたっても)

今日もあしたもあさっても どれだけの時がたっても

(これだけはかわらないんだぼくはきみをみつめている)

これだけは変わらないんだ 僕は君を見つめている

(きっとわかってたんだきみにはじめてであったそのときには)

きっと分かってたんだ 君に初めて出会ったその瞬間(とき)には

(さがしつづけてたんだぼくはきみをさがしてた)

さがし続けてたんだ 僕は君をさがしてた

(ぼくはきみをさがしてた)

僕は君をさがしてた

(ぼくはきみをさがしてた)

僕は君をさがしてた

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!