Stella

スポンサーリンク
投稿者シュガー プレイ回数364 順位4654位
楽曲情報 Stella  Fling Posse  作詞弥之助(fron AFRO PARKER)  作曲ESME MORI・弥之助(fron AFRO PARKER)
ヒプノシスマイクのFling Posseの歌です。
、や。や「」や“”などを省いています。
※このタイピングは「Stella」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 sinoa 4090 C 4.2 95.6% 680.1 2915 133 85 2019/09/20
2 のあ 3273 D 3.4 95.3% 852.3 2934 144 85 2019/09/14
3 トウフ 2013 F+ 2.2 90.8% 1309.9 2934 296 85 2019/10/13

関連タイピング

Hoodstar

Hoodstar

ヒプノシスマイクのHoodstarです。

プレイ回数563
歌詞3575打
シナリオライアー

シナリオライアー

ま、全部嘘なんだけどね

プレイ回数761
歌詞かな1960打
ヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク

ヒプノシスマイクのキャラクター名

プレイ回数3598
かな60秒
Alternative Rap Battle 3

Alternative Rap Battle 3

三番手~ラスサビ

プレイ回数107
歌詞1672打
Alternative Rap Battle 1

Alternative Rap Battle 1

一番手~1サビ

プレイ回数176
歌詞1384打
drops

drops

飴村乱数の「drops」です。

プレイ回数645
歌詞1431打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(どこかでほしがながれた)

どこかで星が流れた

(それはたぐられるようによるのふちをなぞった)

それは手繰られるように夜の縁をなぞった

(やけおちたつるぎのほしでおうさまが)

焼け落ちた剣の星で王様が

(みぎがわがすいしょうひだりがわがすなのほしでさんぞくが)

右側が水晶、左側が砂の星で山賊が

(ひかりかたをわすれたすみっこのほしでかがくしゃが)

光り方を忘れた隅っこの星で科学者が

(ふとおなじりゅうせいをあおいだ)

ふと同じ流星を仰いだ

(ものがたりのきれはしをのせたふねは)

物語の切れ端を乗せた船は

(またたきのすきまをぬってとびさった)

瞬きの隙間を縫って飛び去った

(よのくにはほろびたほころびたはどうへのとびら)

余の国は滅びた綻びた覇道への扉

(たちのくみをなおもとりまくしょうえんとはいせんののこりが)

立ち退く身を尚も取り巻く硝煙と敗戦の残り香

(きせきのとうらいなどをしんじたひげきのもうまいとたみはいった)

奇跡の到来などを信じた悲劇の蒙昧と民は云った

(じせきとこうかいにやかれながらほしをおわれるとうぼうしゃ)

自責と後悔に灼かれながら星を追われる逃亡者

(ものくろなまどのむこうとおのくおうざ)

モノクロな窓の向こう 遠のく王座

(しにいたるもうどくとはりそうのしゅちょうか)

死に至る猛毒とは理想の主張か

(なればこそひとをとくようだ)

なればこそ人を説くようだ

(こうかしだすきゅうめいていみしらぬほしにむけるvenezmaider)

降下し出す救命艇 見知らぬ星に向けるVenez m'aider

(いかされたいみをmeditateさいけんのひをゆめみて)

生かされた意味をmeditate再建の日を夢見て

(さいせいのverseりゅうせいにてをのばす)

再生のVerse 流星に手を伸ばす

(はじまりがつらなるゆにばーす)

始まりが連なるユニバース

(つないでいくみらいwiththeendinginmind)

繋いでいく未来with the ending in mind

(ゆるぎないひとつのほしがdeepinside)

揺るぎない一つの星がdeep inside

(なんどだってくりかえすきどうにそってふみだす)

何度だって繰り返す 軌道に沿って踏み出す

(いつまでもreincarnation)

いつまでもreincarnation

(いつわりのないshootingstar)

偽りの無いshooting star

(ちゅうにまうstellabystarlight)

宙に舞う"Stella by Starlight"

(きせきはいびつなほうがluminous)

軌跡は歪な方がLuminous

(みょうにしゃれたなりのきゃくじんだなこんやは)

妙に洒落たナリの客人だな今夜は

(おちたさきがここじゃつきもおちたようだな)

堕ちた先がここじゃツキも落ちたようだな

(もとおうさまかなんかしらんがとうぞくにはとうぞくのりゅうぎがあるとしれ)

元王様か何か知らんが盗賊には盗賊の流儀があると知れ

(くびがちゅうにまうといけねえ)

首が宙に舞うといけねえ

(せかいはさでぃすとなpriestたちがえがくじぐそーぱずる)

世界はサディストなPriest達が描くジグソーパズル

(りゆうもなくひんぷのさでしぬようなhypnotizeされたhistoire)

理由も無く貧富の差で死ぬようなHypnotizeされたHistoire

(なぁのどもとをはいずるこのたいくつをころしたいんだ)

なぁ喉元を這いずるこの退屈を殺したいんだ

(おれもうばいさってくれめさいあ)

俺も奪い去ってくれメサイア

(さいせいのverseりゅうせいにてをのばす)

再生のVerse 流星に手を伸ばす

(はじまりがつらなるゆにばーす)

始まりが連なるユニバース

(つないでいくみらいwiththeendinginmind)

繋いでいく未来with the ending in mind

(ゆるぎないひとつのほしがdeepinside)

揺るぎない一つの星がdeep inside

(なんどだってくりかえすきどうにそってふみだす)

何度だって繰り返す 軌道に沿って踏み出す

(いつまでもreincarnation)

いつまでもreincarnation

(いつわりのないshootingstar)

偽りの無いshooting star

(ちゅうにまうstellabystarlight)

宙に舞う"Stella by Starlight"

(きせきはいびつなほうがluminous)

軌跡は歪な方がLuminous

(はるばるごくろうなことたいそうなはなしだね)

遥々ご苦労なこと大層な話だね

(こおりにおおわれたここでせいめいはわたしだけ)

氷に覆われたここで生命は私だけ

(けんきゅうはきがつけばひとのみちをはずれた)

研究は気が付けば人の道を外れた

(たがためかもわすれたかみくずのようならぶれたー)

誰が為かも忘れた紙屑のようなラブレター

(めいきゅうのはてにあるまてりある)

迷宮の果てにあるマテリアル

(えいきゅうをかてにさくしろいかめりあ)

永久を糧に咲く白いカメリア

(しんりのまえにはりんりのさけびなどかせになる)

真理の前には倫理の叫びなど枷()になる

(おいもとめたくておいをとめた)

追い求めたくて老いを止めた

(こいこがれたいのちのかけらすべてははくちゅうむ)

恋焦がれた命の欠片 全ては白昼夢

(もうおそいんだよとどうこくするnocturne)

もう遅いんだよと慟哭するNocturne

(ほしのあいまからのいずよぞらをさらい)

星の合間からノイズ 夜空を攫い

(うつせみのこらーじゅみたいなstarlight)

空蝉のコラージュみたいなstarlight

(なぜわたしにかまうんだにているきがしたんだ)

「何故私に構うんだ。」「似ている気がしたんだ。」

(おなじあなのむじなってかさてなくだらない)

「同じ穴のムジナってか。」「さてな。」「くだらない。」

(ねがいにとらわれているなぜわかる)

「願いに囚われている。」「何故わかる?」

(めでわかるさなにかをうしなってがらすだまのようだ)

「目でわかるさ。何かを失ってガラス玉のようだ。」

(かなうならいつかふるさとがみたいな)

「叶うならいつか故郷が見たいな。」

(ならきまりだあるのかもわからない)

「なら決まりだ。」「あるのかもわからない。」

(ここにいてもかわらない)

「此処にいても変わらない。」

(ではうつろなこのふねがどこへつくのかかけてみないか)

「では虚ろなこの船が何処へ着くのか賭けてみないか。」

(そらはふさがりとじこもったくらがり)

宇宙は塞がり 閉じ籠った暗がり

(ほしがおとすつきあかりてらしだすふしぎなつながり)

星が落とす月明かり 照らし出す不思議な繋がり

(ふたたびねがうこころだけがじっとつたわり)

再び願う心だけがじっと伝わり

(ねつをくべるかがりうかしていくさなぎ)

熱をくべる篝 羽化していく蛹

(つまさきはまえにむけておく)

爪先は前に向けておく

(たちどまったつぎのいっぽめでもまちがえないように)

立ち止まった次の一歩目でも間違えないように

(つまさきはまえにむけておく)

爪先は前に向けておく

(ただいちずなめでいつかあやまちすらめでよう)

ただ一途な目でいつか過ちすら愛でよう

(つまさきはできるかぎりとおくふみこむ)

爪先はできる限り遠く踏み込む

(ふりかえるときじぶんのかげがおいつけないように)

振り返る時自分の影が追い付けないように

(つまさきはまえにむけておく)

爪先は前に向けておく

(あかつきのはてにとう)

暁の果てに問う

(これはつまづきをかてにとぶstory)

これは躓きを糧に飛ぶstory

(さいせいのverseりゅうせいにてをのばす)

再生のVerse 流星に手を伸ばす

(はじまりがつらなるゆにばーす)

始まりが連なるユニバース

(つないでいくみらいwiththeendinginmind)

繋いでいく未来with the ending in mind

(ゆるぎないひとつのほしがdeepinside)

揺るぎない一つの星がdeep inside

(なんどだってくりかえすきどうにそってふみだす)

何度だって繰り返す 軌道に沿って踏み出す

(いつまでもreincarnation)

いつまでもreincarnation

(いつわりのないshootingstar)

偽りの無いshooting star

(ちゅうにまうstellabystarlight)

宙に舞う"Stella by Starlight"

(きせきはいびつなほうがluminous)

軌跡は歪な方がLuminous

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。

シュガーのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾第9014141001Y38026