サクラノ前夜

投稿者ぼぶまろすプレイ回数164
楽曲情報 サクラノ前夜  ほえほえP  作詞ナノウ  作曲ナノウ
難易度(2.5) 1347打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ ナノウP ほえほえP サクラノ前夜 歌詞
ナノウPさんのサクラノ前夜の歌詞打です
文字のみです
※このタイピングは「サクラノ前夜」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぱぱままありがとう)

パパ ママ ありがとう

(そしてごめんなさい)

そして ごめんなさい

(もうこんないえにはいちびょうもいたくない)

もうこんな家には 一秒もいたくない

(からだじゅうのきずあとこーとでかくして)

身体中の傷跡 コートで隠して

(まよなかのまちをひとりはしりだした)

真夜中の街を 一人走り出した

(あなたはもうきっとおぼえていないかな)

あなたはもうきっと 覚えていないかな

(はなればなれになるときかわしたやくそく)

離れ離れになる時 交わした約束

(おとなになったときたすけにくるから)

「大人になった時 助けに来るから

(さくらのはなさくまえのばんあのばしょでまってる)

桜の花咲く前の晩 あの場所で待ってる」

(だれもいないまちはまるで)

誰もいない街はまるで

(じぶんだけがおいていかれたようだ)

自分だけが置いていかれたようだ

(こんなちっぽけなやくそくなんかに)

こんなちっぽけな約束なんかに

(きょうまですがってきた)

今日まで縋ってきた

(あしたがやってくるそれがただこわいの)

「明日がやってくる それがただ怖いの」

(とないていた)

と泣いていた

(ぼくがいるよとほほえむかおがうかぶ)

「僕がいるよ」と微笑む顔が浮かぶ

(わたしをきずつけたこのまちも)

私を傷つけた この街も

(あのいえもなにもかも)

あの家も 何もかも

(こんやわかれをつげるの)

今夜別れを告げるの

(あなたとふたりで)

あなたと二人で

(まちはずれのもりのなかやくそくのばしょ)

街外れの森の中 約束の場所

(ふたりでよくあそんだかみさまのきのした)

二人でよく遊んだ「かみさまの樹」の下

(きのえだにぶつかってほおがさけたよ)

木の枝にぶつかって頬が裂けたよ

(でもこのからだにくらべたら)

でも この身体に比べたら

(こんなものいたくない)

こんなもの痛くない

(ひとりぼっちふるえるあし)

ひとりぼっち 震える足

(くらいもりがようしゃなくきばをむく)

暗い森が容赦なく牙を剥く

(たとえここでひきかえしてもわたしになにがのこるの)

例えここで引き返しても 私に何が残るの

(こわくてにげだしてとじこめたほんとうのわらいごえ)

怖くて逃げだして閉じ込めた 本当の笑い声

(もういちどだけとりもどすのこのてに)

もう一度だけ取り戻すの この手に

(もうすぐでたどりつく)

もうすぐで辿り着く

(もうすぐでおわるんだなにもかも)

もうすぐで終わるんだ 何もかも

(つきあかりのしたおおきなやくそくのきがみえた)

月明かりの下 大きな約束の樹が 見えた

(ほしがかがやいていた)

星が輝いていた

(つきがきれいだった)

月が綺麗だった

(さくらがさいていた)

桜が咲いていた

(あなたはいなかった)

あなたはいなかった

(もういいよさいしょからわかってた)

もういいよ 最初からわかってた

(どこにもいけないと)

どこにも行けないと

(おとなになるとはこういうことなんでしょうねえ)

大人になるとはこういうことなんでしょう ねえ

(わたしをきずつけたこのまちがあのいえが)

私を傷つけたこの街が あの家が

(なんだかすこしあたたかい)

なんだか少し 温かい

(だいじょうぶあなたはそのままで)

大丈夫 あなたはそのままで

(どうかしあわせでいて)

どうか幸せでいて

(きおくのなかのえがおでわたしはいきてゆける)

記憶の中の笑顔で 私は生きてゆける

(どあをあけたときにぶいおとがひびいた)

ドアを開けたと時 鈍い音が響いた

(なぐられるぱぱとひめいをあげるまま)

殴られるパパと 悲鳴をあげるママ

(おとなになったときたすけにくるから)

「大人になった時 助けに来るから」

(だいすきなえがおがわたしのてをとった)

大好きな笑顔が 私の手をとった