こわいはなし

投稿者にょんプレイ回数1036
楽曲情報 こわいはなし  back number  作詞清水 依与吏  作曲清水 依与吏
難易度(3.5) 855打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 タイピング練習 音楽 タイピング
back number
back numberの『こわいはなし』です
※このタイピングは「こわいはなし」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 おかぴ 5076 B+ 5.2 96.9% 163.1 855 27 20 2021/03/28

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かなしいことにきっとふたりはきづいてしまったのだろう)

悲しい事にきっと二人は 気付いてしまったのだろう

(めんどうなはなしなんてあとまわしでただえがおでいられたらそれでよかった)

面倒な話なんて後回しで ただ笑顔でいられたらそれでよかった

(でもそれがわざわいのもと)

でも それが わざわいのもと

(ふたりおなじほはばでずっとあるけるはずがないのに)

二人同じ歩幅でずっと 歩けるはずがないのに

(いつだってはやあしでついてまわってあしがいたむでしょう)

いつだって早足で付いて回って 脚が痛むでしょう

(すきよすきよでかくれていたあまいみつのふくさようが)

好きよ好きよ で隠れていた 甘い蜜の副作用が

(じわりじわりふたりをむしばんでいく)

じわりじわり二人をむしばんでいく

(かなしいけれどにどとふたりがわらいあうことはないだろう)

悲しいけれど二度と二人が 笑い合う事はないだろう

(たがいのよごれはみてみぬふりすればきらいになるわけないからだいじょうぶ)

互いの汚れは見て見ぬふり すれば嫌いになるわけないから大丈夫

(でもそれがわざわいのもと)

でも それが わざわいのもと

(ふたりおなじつよさでいつもおもえるはずがないから)

二人同じ強さでいつも 想えるはずが無いから

(いつだってどちらかがきずついていたさぞつかれたでしょう)

いつだってどちらかが傷付いていた さぞ疲れたでしょう

(いやよいやよでかくれているはこのおくにのこされたものに)

嫌よ嫌よ で隠れている 箱の奥に残されたものに

(きつけやしないんだろうな)

気付けやしないんだろうな

(なやんでまよってでもほしいといだきしめたのに)

悩んで迷って でも欲しいと抱きしめたのに

(ぼくらよわいいきものだからねそうだからであえたのにね)

僕ら弱い生き物だからね そうだから 出会えたのにね

(ふたりおなじほはばでずっとあるけるはずがないのに)

二人同じ歩幅でずっと 歩けるはずがないのに

(いつだってはやあしでついてまわってあしがいたむでしょう)

いつだって早足で付いて回って 脚が痛むでしょう

(すきよすきよでかくれていたあまいみつのふくさようが)

好きよ好きよ で隠れていた 甘い蜜の副作用が

(じわりじわりふたりをむしばんでいく)

じわりじわり二人をむしばんでいく

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。