backnumber 春を歌にして

投稿者いよプレイ回数00
楽曲情報 春を歌にして  back number  作詞清水 依与吏  作曲清水 依与吏
難易度(2.5) 952打 歌詞 かな 長文モード可
※このタイピングは「春を歌にして」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なみきみちのやわらかいかぜはあなたのてのひらみたいに)

並木道の柔らかい風はあなたの手のひらみたいに

(ぼくのひだりほおをやさしくなでて)

僕の左頬をやさしくなでて

(あまいにおいのこしてきえてゆく)

甘い匂い残して消えてゆく

(さよならふたりでいいあって)

さよなら2人で言い合って

(それでいったいなにがおわったの)

それでいったい何が終わったの

(このおもいとつたえたいことばが)

この思いと伝えたい言葉が

(いきばをなくしただけでしょう)

行き場をなくしただけでしょう

(はるをおとにしたようなこえで)

春を音にしたような声で

(もういちどぼくをぼくのなまえを)

もう一度僕を僕の名前を

(よばれたらなにもいえないから)

呼ばれたら何も言えないから

(せめてなかないようにしよう)

せめて泣かないようにしよう

(つよくなりたいとねがうたびに)

強くなりたいと願うたびに

(ひどくむなしいきもちになる)

ひどくむなしい気持ちになる

(つよくなれたってそのすがたを)

強くなれたってその姿を

(みせたいのはまだあなただから)

見せたいのはまだあなただから

(そうだねきっとじかんのながれが)

そうだねきっと時間の流れが

(すべてをあらいながしてしまうね)

すべてを洗い流してしまうね

(ならそれまでたいせつにもっておこう)

ならそれまで大切に持っておこう

(おもいもことばもぬくもりもなみだも)

思いも言葉もぬくもりも涙も

(わすれなければとおもうほど)

忘れなければと思うほど

(むねのふかくにきざみこまれるのは)

胸の深くに刻み込まれるのは

(それだけおもいがつよいから)

それだけ思いが強いから

(そういうことにしておこう)

そういうことにしておこう

(あえないということよりなによりもかなしいのは)

会えないということよりなによりも悲しいのは

(きみがぼくにあえなくてもへいきっていうこと)

君が僕に会えなくても平気っていうこと

(いまでもきみにあいたいけど)

今でも君に会いたいけど

(あえないりゆうがやまづみなだけじゃなくて)

会えない理由が山積みなだけじゃなくて

(ほんとうにたいせつにしなきゃいけない)

本当に大切にしなきゃいけない

(ものにきづきはじめたから)

ものに気づき始めたから

(はるをおとにしたようなこえで)

春を音にしたような声で

(もういちどぼくをぼくのなまえを)

もう一度僕を僕の名前を

(よばれたらなにもいえないから)

呼ばれたら何も言えないから

(せめてなかないようにしよう)

せめて泣かないようにしよう

(つれてゆくよきみのおもいでと)

連れてゆくよ君の思い出と

(このはるをうたにして)

この春を歌にして

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

いよのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971