才能なんか

投稿者顔面大噴火アぷュチプレイ回数913
楽曲情報 才能なんか  作詞午後ティー  作曲午後ティー
難易度(4.6) 1645打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 音街ウナ ボーカロイド ボカロ 歌詞打ち
※このタイピングは「才能なんか」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぼくにさいのうなんかないならもっとはやくおしえてかみさま)

僕に才能なんかないなら もっと早く教えて神様

(おかげでいくもかえるももうできんばしょにきっちゃった)

お陰で行くも帰るも もうできん場所に来ちゃった

(そんなかおをしないでよかあさんこんなうたうたってごめんな)

そんな顔をしないでよ母さん こんな歌うたってごめんな

(でもそうしなきゃぼくがぼくでいられないひびだ)

でも そうしなきゃ僕が僕でいられない日々だ

(やきんあけのえきはないであさをやいて)

夜勤明けの駅は凪いで 朝を焼いて

(すてっぱちなぼくのせいかつをあばいてはあざわらうようしゃがないよな)

すてっぱちな僕の生活を 暴いては嘲笑う 容赦がないよな

(あこがれだったみゅーじしゃんがきらいになったのはきょねんのはるさき)

憧れだったミュージシャンが嫌いになったのは去年の春先

(ゆめはかなうのさってたわごとをうたったから)

「夢は叶うのさ」って戯言を歌ったから

(あきらめることちょうどいいひきぎわもだいじだってちゃんとうたってよ)

諦めることちょうどいい引き際も 大事だってちゃんと歌ってよ

(きれいなことばだけでいきてけりゃどれほどか)

綺麗な言葉だけで生きてけりゃ どれほどか

(ぼくにさいのうなんかなかったとうにしゅうちのじじつですか)

僕に才能なんかなかった 疾うに周知の事実ですか

(いくもかえるもさいのうならぼくはにくかいいかだ)

行くも帰るも才能なら 僕は肉塊以下だ

(こんなうたをうたわないですむじんせいはどこにうってんのさ)

こんな歌を歌わないで済む 人生はどこに売ってんのさ

(みちばたにころがるすいさしがまさにぼくだ)

道端に転がる吸いさしが まさに僕だ

(1kのろうでおうがひがくれてまんげつのあかるさをしった)

1kの牢で横臥 日が暮れて 満月の明るさを知った

(そうだもうぼくにはにげばがないのだ)

そうだ もう僕には逃げ場がないのだ

(ここからでていくためにはしぬしかねぇ)

ここから出ていくためには死ぬしかねぇ

(ゆめなんてもたぬがみのためあすはわがみだとふるえるよせいくそくらえ)

夢なんて持たぬが身のため 明日は我が身だと震える余生 クソくらえ

(したをみてみろせいしんろんじゃどもぼくはすべてにまけたぞ)

下を見てみろ精神論者ども 僕はすべに負けたぞ

(せんろによこたわるはいしゃのこえはきこえてんだろ)

線路に横たわる敗者の声は聞こえてんだろ

(しきのうつろいひとのいとなみしょうしゃだけにあたえられたぜいのきわみ)

四季の移ろい 人の営み 勝者だけに与えられた贅の極み

(じかんなんてないわかいやつらにうしろゆびさされてばっかたつせがない)

時間なんてない 若いやつらに後ろ指さされてばっか 立つ瀬がない

(ぼくがすわるいすはもうないせけんていぷらいどしんじゅうもじさない)

僕が座る椅子はもうない 世間体 プライド 心中も辞さない

(いきていたいなんていえない)

「生きていたい」なんて言えない

(うなだれたこうべにあいたかざあなどこでみちをまちがえたかな)

項垂れた頭に空いた風穴 どこで道を間違えたかな

(14のあきにぎたーをてにしてからか)

14の秋にギターを手にしてからか

(いまじゃごみをあさるふろうしゃをみてひとごとだとはおもえねぇ)

今じゃゴミを漁る浮浪者を見て 他人事だとは思えねぇ

(あこがれだったみゅーじしゃんがきらいになったのはきょねんのはるさき)

憧れだったミュージシャンが嫌いになったのは去年の春先

(ゆめはかなうのさってたわごとをうたったから)

「夢は叶うのさ」って戯言を歌ったから

(あきらめることちょうどいいひきぎわもだいじだってちゃんとうたってよ)

諦めることちょうどいい引き際も 大事だってちゃんと歌ってよ

(きれいなことばだけでいきてけりゃどれほどか)

綺麗な言葉だけで生きてけりゃどれほどか

(ぼくにさいのうなんかないけどさいごにひとつだけいいかな)

僕に才能なんかないけど 最後に一つだけいいかな

(けっきょくいくもかえるももうじぶんしだいだってさ)

結局、行くも帰るももう自分次第だってさ

(ゆめをもつならそれでもいいがもくそくだけはみあやまるな)

「夢を持つならそれでもいいが、目測だけは見誤るな」

(それさえわかってりゃたいていはどうとでもなるそうだ)

それさえ分かってりゃ大抵はどうとでもなるそうだ

(えんせいとたこうはひょうりいったいだ)

厭世と多幸は表裏一体だ