風薫る空の下

投稿者エビ プレイ回数44
楽曲情報 風薫る空の下  ツユ  作詞ぷす  作曲ぷす
難易度(2.6) 1566打 歌詞 かな タグツユ
ツユ/風薫る空の下
ツユ/風薫る空の下
※このタイピングは「風薫る空の下」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

やっぱり雨は降るんだね

やっぱり雨は降るんだね

ツユ/やっぱり雨は降るんだね

プレイ回数61
歌詞かな1757打
  

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(しょかのひざしにすがっても)

初夏の日差しに縋っても

(たちどまってはくれないから)

立ち止まってはくれないから

(うしろすがたをおうだけでせいいっぱいなんだけどねぇ)

後ろ姿を追うだけで精一杯なんだけど ねぇ

(あさやけゆうやけこやけのなかで)

朝焼け夕焼けこやけの中で

(ふたりとおのいてくなら)

二人遠のいてくなら

(てんとうみたいになって)

テントウみたいになって

(ぼくらは)

僕らは

(ねっされてとけたみちばたのあいすだって)

熱されて溶けた道ばたのアイスだって

(もとはだれかがかったよ)

元は誰かが買ったよ

(そんなことばっかかんがえて)

そんなことばっか考えて

(みがいんなくて)

身が入んなくて

(ごめんね)

ごめんね

(せいぜい)

せいぜい

(てとかつないではしゃいだって)

手とか繋いではしゃいだって

(それだけでもみあげたものね)

それだけでも見上げたものね

(せいかいとかよくわかってないけど)

正解とかよく分かってないけど

(まだはやいよちょっとまって)

まだ早いよ ちょっとまって

(れっとうせいだい)

劣等生だい

(しんぱいしたってそんとくにくらんで)

心配したって損得に眩んで

(このことばのさきそうぞうしてみたって)

この言葉の先 想像してみたって

(みえてこないままのきもちをあせにながしたんだ)

見えてこないままのキモチを汗に流したんだ

(きみとなつのせをむかえてしまいそうな)

君と夏の背を迎えてしまいそうな

(かぜかおるそらのした)

風薫る空の下

(さいだーみたいなこいだね)

サイダーみたいな恋だね

(そらのうえからみたけしき)

空の上から見た景色

(ちいさくてとてもはかないから)

小さくてとても儚いから

(きみはひとみをひからせてたいしょうてきなんだけどねぇ)

君は瞳を光らせて対照的なんだけど ねぇ

(はじめてやってきたばしょは)

初めてやって来た場所は

(どこかなつかしくおもえたわ)

どこか懐かしく思えたわ

(りゅうきゅうこくさいどおりかぜになって)

琉球 国際通り 風になって

(うみぎわでみつけたほしのすなだって)

海際で見つけた星の砂だって

(もとはいきものだったよ)

元は生き物だったよ

(そんなことしって)

そんなこと知って

(なんのとくになるんだってはなしだよね)

何の得になるんだって話だよね

(せいぜい)

せいぜい

(めとかふさいでなげいたって)

目とか塞いで嘆いたって

(それだけならましだったのにさ)

それだけならマシだったのにさ

(じんせいとかまださきながいけど)

人生とかまだ先長いけど

(もうおわっていいかなって)

もう終わっていいかなって

(れっとうせいだい)

劣等生だい

(ていたいしたってこころきざんで)

停滞したって心刻んで

(このあかねのそらみたくもないやって)

この茜の空 見たくもないやって

(にげてばかりだけどきもちはきみひとつだった)

逃げてばかりだけどキモチは君一つだった

(ひとりなつのかげみとれてしまったんだ)

独り夏の陰 見惚れてしまったんだ

(かぜかおるそらのした)

風薫る空の下

(またあさがきておもったよ)

また朝が来て想ったよ

(せいぜい)

せいぜい

(こえとかはってなんぼのせかいで)

声とか張ってなんぼの世界で

(ただとじこめるのはどうして?)

ただ閉じ込めるのはどうして?

(そんなことできたらこまってないよ)

そんなこと出来たら困ってないよ

(だからぼくはいつだって)

だから僕はいつだって

(れっとうせいだいれっとうせいだいれっとうせいだい)

劣等生だい 劣等生だい 劣等生だい

(せいぜい)

せいぜい

(てとかつないではしゃいだって)

手とか繋いではしゃいだって

(それだけでもみあげたものね)

それだけでも見上げたものね

(せいかいとかよくわかってないから)

正解とかよく分かってないから

(おしえてよどんなこが)

教えてよ どんな子が

(ゆうとうせいだい?)

優等生だい?

(しっぱいしたってそんとくにくらんで)

失敗したって損得に眩んで

(このことばのさきそうぞうしてみたって)

この言葉の先 想像してみたって

(みえてこないままのきもちをあせにながしたんだ)

見えてこないままのキモチを汗に流したんだ

(きみとなつのゆめめざめてしまったんだ)

君と夏の夢 目覚めてしまったんだ

(かぜかおるそらのした)

風薫る空の下

(いたいのはねなれっこだよ)

痛いのはね 慣れっこだよ

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。