2分:報告書の書き方3

投稿者curiostationプレイ回数74
難易度(3.7) 120秒 長文
報告書を上手に書くテクニックです
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 うまやん 5333 会社で「できる人」レベル 5.4 97.7% 120.0 655 15 22 2020/10/06
2 凛太朗 3083 会社で「1人前」レベル 3.1 97.6% 120.0 379 9 12 2020/09/20
3 まんねんひつ 3075 会社で「1人前」レベル 3.3 93.2% 120.0 398 29 14 2020/09/20

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ほうこくしょをじょうずにかくてくにっく)

報告書を上手に書くテクニック

(もじりょうにちゃくもくする)

文字量に着目する

(もじりょうにりゅういしながらほうこくしょをさくせいすると、)

文字量に留意しながら報告書を作成すると、

(もくてきにあったじょうずなほうこくしょがかけます。)

目的にあった上手な報告書が書けます。

(ひとことでほうこくするばあい)

一言で報告する場合

(50じ(12~13びょう)にまとめる)

50字(12~13秒)にまとめる

(かんけつに1ふんでほうこくするばあいは200じ)

簡潔に1分で報告する場合は200字

(いっぱんてきなほうこくしょをつくる)

一般的な報告書を作る

((ようし+しょうさいないよう))

(要旨+詳細内容)

(a4ようし1まいでようし、)

A4用紙1枚で要旨、

(2まい~3まいでしょうさいないよう)

2枚~3枚で詳細内容

(ぶんしょひょうげんのちゅういてん)

文書表現の注意点

(「ですますちょう」と「であるちょう」)

「ですます調」と「である調」

(のこんどうをしない)

の混同をしない

(いっきにぶんしょをかきあげたばあいには、)

一気に文書を書き上げた場合には、

(とくにみなおしがひつようです。)

特に見直しが必要です。

(かならずよみなおして、ちぇっくしましょう。)

必ず読み直して、チェックしましょう。

(じょしのじゅうふくをさける)

助詞の重複を避ける

(おなじじょしが3かいいじょう)

同じ助詞が3回以上

(れんぞくするとよみにくくなります。)

連続すると読みにくくなります。

など

(そのようなばあいはぶんしょうをぶんかつするなど、)

そのような場合は文章を分割する等、

(こうせいやひょうげんをかえましょう。)

構成や表現を変えましょう。

(くとうてんのうちかた)

句読点の打ち方

(ぶんしょうのまつびにくてん(。)をうちます。)

文章の末尾には句点(。)を打ちます。

(とうてん(、)のつかいかたには)

読点(、)の使い方には

(めいかくなきそくはありませんが、)

明確な規則はありませんが、

(きほんてきにはいかのようなけーすでうちます。)

基本的には以下のようなケースで打ちます。

(そのとうてんがないと、)

その読点がないと、

(よみにくくなるばあい)

読みにくくなる場合

(15じぜんごでとうてんを)

15字前後で読点を

(いれるとよみやすくなる)

入れると読みやすくなる

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。