「荒城の月」タイピング

投稿者陸鹿プレイ回数163
楽曲情報 荒城の月  作詞土井 晩翠  作曲滝 廉太郎
難易度(2.2) 351打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 タイピング 荒城の月 瀧廉太郎 lulu
「荒城の月」を口ずさみながら、タイピングを楽しみましょう。
「荒城の月」はあまりにも有名ですが、そもそもは、1898年東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の依頼で土井晩翠が作詞し、この詩に合う曲を公募されたところ、当時この学校の学生であった瀧廉太郎の曲が入選したことに始まります。
1901年(明治34年)、「中学唱歌」という本に発表されています。
2007年は文化庁と日本PTA協議会により、「日本の歌百選」に選定されています。
土井晩翠がこの詞を構想したのは宮城県仙台市の青葉城址とされています。
瀧廉太郎がこの曲を構想したのは大分県竹田市の岡城址とされています。
※このタイピングは「荒城の月」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はるこうろうのはなのえん)

春高楼の花の宴

(めぐるさかずきかげさして)

めぐる盃影さして

(ちよのまつがえわけいでし)

千代の松が枝分けいでし

(むかしのひかりいまいずこ)

昔の光今何処

(あきじんえいのしものいろ)

秋陣営の霜の色

(なきゆくかりのかずみせて)

鳴きゆく雁の数みせて

(ううるつるぎにてりそいし)

植うる剣に照りそいし

(むかしのひかりいまいずこ)

昔の光今何処

(いまこうじょうのよわのつき)

今荒城の夜半の月

(かわらぬひかりたがためぞ)

変わらぬ光たがためぞ

(かきにのこるはただかつら)

垣に残るはただかつら

(まつにうとうはただあらし)

松に歌うはただ嵐

(てんじょうかげはかわらねど)

天上影は変わらねど

(えいこにうつるよのすがた)

栄枯に移る世の姿

(うつさんとてかいまもなお)

写さんとてか今もなお

(ああこうじょうのよわのつき)

ああ荒城の夜半の月

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

陸鹿のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971