スタンド・バイ・ミー Saucy Dog

背景
投稿者投稿者^^*プレイ回数880
楽曲情報 スタンド・バイ・ミー  Saucy Dog  作詞石原 慎也  作曲Saucy Dog
難易度(2.6) 1069打 歌詞 かな 長文モード可タグSaucy Dog
※このタイピングは「スタンド・バイ・ミー」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • あぁ、もう。

    あぁ、もう。

    saucy dogさんのあぁ、もう。です!

    プレイ回数12028
    歌詞1178打
  • いつか

    いつか

    Saucy Dog の『いつか』です!!

    プレイ回数42061
    歌詞かな1132打
  • 結

    Saucy Dogの『結』です。

    プレイ回数6758
    歌詞かな1037打
  • 今更だって僕は言うかな/Saucy Dog

    今更だって僕は言うかな/Saucy Dog

    Saucy Dogさんの「今更だって僕は言うかな」です(^^)v

    プレイ回数10452
    歌詞かな939打
  • 紫苑

    紫苑

    Saucy Dogの『紫苑』です。

    プレイ回数2536
    歌詞かな986打
  • 魔法にかけられて

    魔法にかけられて

    Saucy Dogの『魔法にかけられて』です。

    プレイ回数5541
    歌詞かな1090打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(らいしゅうどっかいこうかなんてさびしそうにきみがいうから)

来週どっか行こうかなんて 寂しそうに君が言うから

(いっそこのままにげてしまいたいとかね)

いっそこのまま逃げてしまいたいとかね

(おとなになんかなりたくないよ)

大人になんかなりたくないよ

(せかいせいふくをたくらんだりひみつきちにたてこもったり)

世界征服を企んだり 秘密基地に立てこもったり

(あすのことさえみえてなかったのにね)

明日の事さえ見えてなかったのにね

(こどものままでおとなになりたかった)

子供のままで大人になりたかった

(だんだんさむさがとおのいて)

だんだん寒さが遠退いて

(だいだいいろがかぜにゆれた)

橙色が風に揺れた

(きらきらしているみなもを)

キラキラしている水面を

(ながめながらもうすこしだけ)

眺めながらもう少しだけ

(ばかみたいなうそみたいな)

馬鹿みたいな 嘘みたいな

(ひびだったなんておもえるんだ)

日々だったなんて思えるんだ

(おもいでづくりなんかしなくても)

思い出づくりなんかしなくても

(いいくらいのまいにちだった)

良いくらいの毎日だった

(よるになってきょうがおわる)

夜になって今日が終わる

(あすをいきるのがつらくなっても)

明日を生きるのが辛くなっても

(ぼくらならなんかあしたも)

僕らならなんか明日も

(だいじょうぶってきがしてくる)

大丈夫って気がしてくる

(らいねんなんてみえないけどぼくらはいつのひも)

来年なんて見えないけど 僕らはいつの日も

(ずっとこのままわらってるよきっと)

ずっとこのまま笑ってるよ きっと

(ゆうぐれのそらこうえんのかど)

夕暮れの空 公園の角

(ささいなことがおかしかったぼくらのししゅんきも)

些細なことが可笑しかった 僕らの思春期も

(すっとはなをかすめてとおりすぎた)

すっと鼻をかすめて通り過ぎた

(おもいかえせばしあわせだったのかも)

思い返せば 幸せだったのかも

(ふかのうだとかそれがなんだ)

不可能だとか それがなんだ

(おまえにはむりといわれたって)

お前には無理と言われたって

(そんなことはどうでもいいさ)

そんな事はどうでもいいさ

(やかましいとわらってしまえ)

やかましいと笑ってしまえ

(それよりきっとじぶんにもっと)

それよりきっと 自分にもっと

(じしんをもっていきていこうよ)

自信を持って生きて行こうよ

(あのひはなしたやくそくはまもってもらうぞ)

あの日話した約束は 守ってもらうぞ

(いまやりたかったゆめとはちょっと)

今やりたかった夢とはちょっと

(ちがっているけどこれがいいと)

違っているけどこれがいいと

(おもえることをやってるよ)

思える事をやってるよ

(きみはどうしているかな)

君はどうしているかな

(またどっかでひさしぶりって)

またどっかで久しぶりって

(いくつになってもかわらないなって)

いくつになっても変わらないなって

(いつかわらいあおうそれまで)

いつか笑い合おうそれまで

(べつべつのみちになっても)

別々の道になっても