路上のルール

投稿者aohoプレイ回数000
楽曲情報 路上のルール  尾崎 豊  作詞尾崎 豊  作曲尾崎 豊
難易度(3.5) 1334打 歌詞 かな 長文モード可タグ尾崎豊 歌詞 尾崎
尾崎豊の路上のルールです
※このタイピングは「路上のルール」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あらいざらいをすてちまってなにもかもはじめから)

洗いざらいを捨てちまって 何もかもはじめから

(やりなおすつもりだったとまちではゆめが)

やり直すつもりだったと 街では夢が

(もうどれくらいながれたろういまじゃほんとうのじぶんさがすたび)

もうどれくらいながれたろう 今じゃ本当の自分捜すたび

(ちょうわのなかでほらこんがらがってる)

調和の中でほら こんがらがってる

(たがいみすかしたわらいのなかでいいわけのつくものだけを)

互い見透かした笑いの中で 言い訳のつくものだけを

(すりかえるよるまばたきのなかになにもかもきえちまう)

すり替える夜 瞬きの中に何もかも消えちまう

(まちのあかりのしたではだれもがめをとじやみさまよってる)

街の明かりの下ではだれもが目を閉じ闇さまよってる

(あくせくながすあせとおんがくだけはやむことがなかった)

あくせく流す汗と音楽だけは止むことがなかった

(こんやもともるまちのあかりにおれはじぶんのためいきにほほえみ)

今夜もともる街の明かりに 俺は自分のため息に微笑み

(おまえのえがおをさがしている)

お前の笑顔を探している

(きずをなめあうはいえなのみちのわきでころがっていったいおれは)

傷をなめあう ハイエナの道の脇で転がって 一体俺は

(なにをしゅちょうしかかげるのか)

何を主張し かかげるのか

(もうじぶんではおろかさにすらきづきさとすこともなく)

もう自分では 愚かさにすら気づき 諭すこともなく

(よくにいじはりあうことからおりられない)

欲に意地張り合うことから降りられない

(つかれにむくんだかおでわらってみせるおまえだきしめるには)

疲れにむくんだ顔で笑って見せるお前抱きしめるには

(たがいうしなってしまうもののほうがおおいみたいだけれど)

互い失ってしまうものの方が 多いみたいだけれど

(まちのあかりのしたではだれもがめをとじやみさまよってる)

街の明かりの下では 誰もが目を閉じ闇さまよってる

(あくせくながすあせとおんがくだけはやむことがなかった)

あくせく流す汗と音楽だけは止むことがなかった

(こんやもともるまちのあかりにおれはじぶんのためいきにほほえみ)

今夜もともる 街の明かりに俺は自分のため息に微笑み

(おまえのえがおをさがしている)

おまえの笑顔を捜している

(かわのほとりにとりのこされたおれはまちのあかりをみつめてた)

河のほとりに取り残された 俺は街の明かりを見つめてた

(おもいでがおれのこころをしばるんだ)

思い出が俺の心を縛るんだ

(つきにくるまりやみにほえつぐないがおれをとらえてしばる)

月にくるまり 闇に吠え 償いが俺をとらえて縛る

(そいつにむかってうたった)

そいつに向かって歌った

(おれがはいつくばるのをまってるすべてのしょうはいのために)

俺が這いつくばるのを待ってる すべての勝敗のために

(ほしはやさしくかぜにふかれておれはすこしだけわらった)

星は優しく 風に吹かれて俺は少しだけ笑った

(まちのあかりのしたではだれもがめをとじやみさまよってる)

街の明かりの下ではだれもが目を閉じ闇さまよってる

(あくせくながすあせとおんがくだけはやむことがなかった)

あくせく流す汗と音楽だけは止むことがなかった

(こんやもともるまちのあかりにおれはじぶんのためいきにほほえみ)

今夜もともる 街の明かりに俺は自分のため息に微笑み

(おまえのえがおをさがしている)

おまえの笑顔を捜している

(おまえのえがおをさがしている)

おまえの笑顔を捜している