涙のシーソーゲーム AKB48

投稿者ふぅちゃん推し♡プレイ回数239
楽曲情報 涙のシーソーゲーム  AKB48  作詞秋元 康  作曲松本 俊明
難易度(3.4) 544打 歌詞 かな 長文モード可タグAKB48
AKB48の涙のシーソーゲームです☆
※このタイピングは「涙のシーソーゲーム」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なみだのしーそーげーむはそうきっとわたしのまけかもね)

涙のシーソーゲームはそうきっと私の負けかもね

(いまわらってるつもりでもまぶたじんとあつくなる)

今笑ってるつもりでも瞼ジンと熱くなる

(なみだのしーそーげーむはそうさいごのかけだったのに)

涙のシーソーゲームはそう最後の賭けだったのに

(このほほにながれたものはただのつよがり)

このほほに流れたものはただの強がり

(どんなかなしいときもわたしのそばでそびえたつきのようにささえてくれた)

どんな悲しい時も私のそばでそびえ立つ木のように支えてくれた

(つよいなつのひざしもはげしいあめも)

強い夏の日差しも激しい雨も

(えだがりょうてをひろげまもってくれた)

枝が両手を広げ守ってくれた

(ちがうみちすすむことこころのじゅんびしてたけど)

違う道進むこと心の準備してたけど

(あなたにあったらさよならいえなかった)

あなたに会ったらさよなら言えなかった

(わたしのいとしさのほうがそうすこしおもかったみたいね)

私の愛しさのほうがそう少し重かったみたいね

(まだのこってるとまどいにまわりのけしきがにじむ)

まだのことってる戸惑いに周りの景色がにじむ

(わたしのいとしさのほうがそうさいしょはかるかったのに)

私の愛しさのほうがそう最初は軽かったのに

(このむねにささってたのはきおくのかけら)

この胸に刺さってたのは記憶のかけら

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。