砂と少女

投稿者えむむむんプレイ回数00
楽曲情報 砂と少女  おいしくるメロンパン  作詞ナカシマ  作曲ナカシマ
難易度(1.8) 615打 歌詞 かな 長文モード可
サビ前のところは歌詞カードにもどの歌詞サイトにも載っていなかったので省かせていただきました。
※このタイピングは「砂と少女」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かわいたのどを)

乾いた喉を

(なぞるようにかぜはふいて)

なぞるように風は吹いて

(あめをまつきみの)

雨を待つ君の

(くろいかみをなびかせた)

黒い髪をなびかせた

(どこまでも)

どこまでも

(つづくつづくすなのうみに)

続く続く砂の海に

(かげをおとすものなどない)

影を落とすものなどない

(あかくただれたちへいせん)

赤く爛れた地平線

(つきのおちるこごろに)

月の落ちるこ頃に

(まよいこんだしんきろうのふち)

迷い込んだ蜃気楼の淵

(おもいをはせてうたえ)

想いを馳せて歌え

(あらがうすべもなく)

抗うすべもなく

(ほしをかぞえて)

星を数えて

(らしんのさすまちへ)

羅針の指す街へ

(ふかいねむりからさめたら)

深い眠りから覚めたら

(きっとなにもかも)

きっとなにもかも

(おもいだせないでしょう)

思い出せないでしょう

(あのひみたゆめのように)

あの日見た夢のように

(いつまでも)

いつまでも

(さびしそうなあのそらを)

淋しそうなあの空を

(なぐさめることばなどない)

慰める言葉などない

(うねるさきゅう)

うねる砂丘

(とっぷうにのってらいか)

突風にのってライカ

(らぴすらずりのたにこえて)

ラピスラズリの谷越えて

(ぼくはまだなにも)

ぼくはまだなにも

(とりもどせずに)

取り戻せずに

(まよいこんだしんきろうのふち)

迷い込んだ蜃気楼の淵

(おもいをはせてうたえ)

想いを馳せて歌え

(うたがうこともなく)

疑うこともなく

(きみのことばに)

君の言葉に

(あしをひきずりゆけ)

足を引きずりゆけ

(ぼくのなをよぶこえに)

僕の名を呼ぶ声に

(みみをすませながら)

耳を澄ませながら

(とおいくにへとみちびかれて)

遠い国へと導かれて

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。