水仙

投稿者えむむむんプレイ回数00
楽曲情報 水仙  おいしくるメロンパン  作詞ナカシマ  作曲ナカシマ
難易度(2.2) 660打 歌詞 かな 長文モード可
※このタイピングは「水仙」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はれたはらいせにぼくがなみだをながすよ)

晴れた腹いせに僕が涙を流すよ

(あらーむがとまるまでは)

アラームが止まるまでは

(おきたくない)

起きたくない

(ぼくがおもうほどぼくはきのどくじゃないよな)

ぼくが思うほどぼくは気の毒じゃないよな

(きづけばえらぶすべて)

気づけば選ぶ全て

(ひとりぼっちだ)

ひとりぼっちだ

(ゆきのつもるみちをあるいて)

雪の積もる道を歩いて

(くつがぬれてかえりたくなるああ)

靴が濡れて帰りたくなる ああ

(あのひなくしたともだちこいびと)

あの日失くした友達 恋人

(はるになればまたおもいだすかな)

春になればまた思い出すかな

(ぼくのしるはずのないそらのしたで)

ぼくの知る筈のない空の下で

(おとなになってしまっても)

大人になってしまっても

(どうかあおいままで)

どうか青いままで

(ぼくがおもうほどぼくはとくべつじゃないだろう)

ぼくが思うほどぼくは特別じゃないだろう

(かぜもひくしうそもつくし)

風邪もひくし 嘘もつくし

(わるくちもいう)

悪口も言う

(つめたいねこにてをあわせて)

冷たい猫に手を合わせて

(すいせんはあかくふゆをかなでる)

水仙は赤く冬を奏でる

(ただただただ)

ただ ただ ただ

(いつでもふりかえれば)

いつでも振り返れば

(おなじほほえみをくれる)

同じ微笑みをくれる

(いつかあいにいくよ)

いつか会いに行くよ

(そんなことばおぼえていないでね)

そんな言葉覚えていないでね

(あのひなみまにしずめたそつある)

あの日波間に沈めた卒アル

(ひをつけられずにしけったはなびも)

火をつけられずに湿気った花火も

(ぼくのからっぽなうちゅう)

ぼくの空っぽな宇宙

(ひふのしたで)

皮膚の下で

(つばさをはためかせ)

翼をはためかせ

(うたになるなら)

歌になるなら

(どうかあおいままで)

どうか青いままで

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。