時の歌

投稿者namutaevskyプレイ回数00
楽曲情報 時の歌  手嶌 葵  作詞新居 昭乃  作曲保刈 久明
難易度(2.0) 518打 歌詞 かな 長文モード可
ゲド戦記 手嶌葵
※このタイピングは「時の歌」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(そらのこどくなたかよ)

空の 孤独な鷹よ

(かぜにあらがいながら)

風に 抗いながら

(そこにあるのはひかりとやみ)

そこにあるのは 光と闇

(ひとりだけのそら)

一人だけの 空

(そらをみあげてないた)

空を 見上げて泣いた

(ひとりいきてるきみよ)

一人 生きてる君よ

(しんじつのなをおしえておくれ)

真実の名を 教えておくれ

(いつのひかきえてしまうきみよ)

いつの日か 消えてしまう君よ

(ひかりがやみにとけるように)

光が闇に 溶けるように

(こころのなかをとおりすぎるきみのうたを)

心の中を とおりすぎる君の歌を

(うたうよ)

歌うよ

(そらをみあげてないた)

空を 見上げて泣いた

(ひとりいきてるきみよ)

一人 生きてる君よ

(しんじつのなをおしえておくれ)

真実の名を 教えておくれ

(いつのひかしんでしまうきみよ)

いつの日か 死んでしまう君よ

(ひかりがやみにうかぶように)

光が闇に 浮かぶように

(ちんもくのなかにとおりすぎるときのうたを)

沈黙の中に とおりすぎる時の歌を

(うたうよ)

歌うよ

(うまれきえていくはかない)

生まれ 消えていく はかない

(いのちたちよ)

命たちよ

(おわりがあり)

終わりがあり

(はじまりがあるよ)

始まりがあるよ

(わすれないで)

忘れないで

(そらのこどくなたかよ)

空の 孤独な鷹よ

(かぜにあらがいながら)

風に 抗いながら

(そらをみあげてないた)

空を 見上げて泣いた

(きみよ)

君よ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

namutaevskyのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971