アカツキの詩

投稿者一花プレイ回数000
楽曲情報 アカツキの詩  スキマスイッチ  作詞大橋 卓弥  作曲常田 真太郎
難易度(2.5) 981打 歌詞 かな 長文モード可タグアカツキの詩 スキマスイッチ
※このタイピングは「アカツキの詩」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(もうずいぶんたったなぁ)

もうずいぶん経ったなぁ

(こんなじかんに)

こんな時間に

(げんじつかんもない)

現実感もない

(ねぶそくになったようなかんじで)

寝不足になったような感じで

(てんじょうをみつめながら)

天井を見つめながら

(きみのおんどをおもいだしていた)

君の温度を思い出していた

(おおくをほしがったら)

多くを欲しがったら

(ゆらぐばらんす)

揺らぐバランス

(くずしたむこうには)

崩した向こうには

(ぼくらのぬけがらとやみ)

僕らの抜け殻と闇

(ほんとうにおちていったなぁ)

本当に堕ちていったなぁ

(おきあがるのもいやになるよな)

起き上がるのもイヤになるよな

(たいせつにしたくて)

大切にしたくて

(ことばでしばってがんじがらめ)

言葉で縛って がんじがらめ

(からまったなかには)

絡まった中には

(きみのかげもみあたらない)

君の影も見当たらない

(まもろうとしたてのひらで)

守ろうとした手のひらで

(にぎりつぶしてしまうよ)

握りつぶしてしまうよ

(ただきみがいればいいのに)

ただ君がいればいいのに

(こらえきれずにこぼしていた)

こらえ切れずにこぼしていた

(よるがすこしとおくなっていた)

夜が少し遠くなっていた

(いつだってちゃかしては)

いつだって茶化しては

(からかいあっていたはずなのに)

からかいあっていたはずなのに

(いつのまにか)

いつの間にか

(じょうだんにきこえなくなって)

冗談に聞こえなくなって

(きづけばきみはなきだしていた)

気付けば君は泣き出していた

(さんざんまよってさきみがえらんだ)

散々迷ってさ 君が選んだ

(さぼてんだってそう、)

サボテンだってそう、

(かんたんにだめにしてしまったなぁ)

簡単にダメにしてしまったなぁ

(あいじょうをそそいでいれば)

愛情を注いでいれば

(はなもさくとしんじこんでいた)

花も咲くと信じこんでいた

(おもえばそうだぼくは)

思えばそうだ僕は

(かがみごしのじぶんをみていた)

鏡越しの自分を見ていた

(きみがみていたのは)

君が見ていたのは

(まぎれもなくぼくだったのに)

紛れもなく僕だったのに

(さしこんだつきあかりは)

差し込んだ月明かりは

(ぼくのまえできえていくよ)

僕の前で消えていくよ

(ぎこちなくてもいいから)

ぎこちなくてもいいから

(そっとだきしめられたなら)

そっと抱きしめられたなら

(よるがひっそりすわりこんでいた)

夜がひっそり座り込んでいた

(まもろうとしたてのひらで)

守ろうとした手のひらで

(にぎりつぶしてしまうよ)

握りつぶしてしまうよ

(ただきみさえいればいいのに)

ただ君さえいればいいのに

(こらえきれずこぼしていた)

こらえ切れずこぼしていた

(よるがすこし、うごきだしていた)

夜が少し、動き出していた

一花のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971