森山直太朗 / 夏の終わり

投稿者mashプレイ回数876
楽曲情報 夏の終わり  森山 直太朗  作詞森山 直太朗  作曲森山 直太朗
難易度(2.6) 645打 歌詞 かな 長文モード可
夏の情景、クリアに浮かぶ。
※このタイピングは「夏の終わり」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 猫パンチマン 7083 7.2 98.3% 89.5 645 11 23 2020/08/08
2 ぜあ 6321 S 6.3 99.3% 101.4 645 4 23 2020/07/20
3 pon91 4257 C+ 4.3 97.8% 148.2 645 14 23 2020/07/22
4 みたか 4107 C 4.2 97.1% 152.4 645 19 23 2020/08/08
5 teram 2990 E+ 3.1 96.1% 207.0 645 26 23 2020/07/22

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(みずばしょうゆれるあぜみち)

水芭蕉揺れる畦道

(かたならべゆめをつむいだ)

肩並べ夢を紡いだ

(ながれゆくときにささぶねをうかべ)

流れゆく時に 笹舟を浮かべ

(やけおちたなつのこいうたわすれじのひとはうたかた)

焼け落ちた夏の恋唄 忘れじの人は泡沫

(そらはゆうぐれ)

空は夕暮れ

(とほうにくれたままふりやまぬあめのなか)

途方に暮れたまま 降り止まぬ雨の中

(あなたをまっていたひとかげのないえきで)

貴方を待っていた 人影のない駅で

(なつのおわりなつのおわりには)

夏の終わり 夏の終わりには

(ただあなたにあいたくなるの)

ただ貴方に会いたくなるの

(いつかとおなじかぜふきぬけるから)

いつかと同じ風吹き抜けるから

(ついおくはひとのこころのきずぐちにふかくしみいり)

追憶は人の心の傷口に深く染み入り

(かすみたつのべになつくさはしげり)

露立つ野辺に 夏草は茂り

(あれからどれだけのときが)

あれからどれだけの時が

(いたずらにすぎただろうか)

徒に過ぎただろうか

(せせらぎのように)

せせらぎのように

(だれかがいいかけたことばよせあつめても)

誰かが言いかけた 言葉寄せ集めても

(だれもがわすれゆくなつのひはかえらない)

誰もが忘れゆく 夏の日は帰らない

(なつのいのりなつのいのりは)

夏の祈り 夏の祈りは

(たえなるほたるびのしらべ)

妙なる蛍火の調べ

(かぜがゆらしたふうりんのひびき)

風が揺らした 風鈴の響き

(なつのおわりなつのおわりには)

夏の終わり 夏の終わりには

(ただあなたにあいたくなるの)

ただ貴方に会いたくなるの

(いつかとおなじかぜふきぬけるから)

いつかと同じ風吹き抜けるから

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

mashのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971