花祭りの娘

投稿者たまプレイ回数150お気に入り1
楽曲情報 花祭りの娘  霜月 はるか  作詞日山 尚  作曲岩垂 徳行
難易度(3.6) 852打 歌詞 かな 長文モード推奨タグ歌詞 霜月はるか ティンダーリアの種
ティンダーリアの種 本文に全曲リストURL
※このタイピングは「花祭りの娘」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あおいそらのはてあかにくれるくもたちのぼるけむりがしゅうかくのあいず)

青い空の果て 朱に暮れる雲 立ち上る煙が収穫の合図

(だいもんのろじからにぐるまきしませあたらしきみのりをまちへともたらす)

大門の路地から荷車 軋ませ 新しき実りを街へともたらす

(はなのまつりはじまるまでにかみかざりあんできみにおくろう)

花の祭り始まるまでに髪飾り編んで君に贈ろう

(ゆうひがおちたらそとへでておいでよいのとばりがまちをまもりむかえる)

夕日が落ちたら外へ出ておいで 宵の帳が街を守り迎える

(まだしらぬひととわらいをまじえてわけあおうきのみとめぐみのさかずき)

まだ知らぬ人と笑いを交えて分け合おう木の実と恵みの杯

(はなびらうかべてかたむけたかじつしゅはおぼろにあすをみせる)

花びら浮かべて傾けた果実酒は 朧に明日を見せる

(おもいのかずだけひとはひをともすささやかなしあわせをあたためるため)

想いの数だけ人は火を灯す ささやかな幸せを温めるため

(であいのかずだけひとはわをつくる)

出会いの数だけ人は輪をつくる

(みたされぬいのちをたしつづけるため)

満たされぬ命を足し続けるため

(このよるをたたえあいながらにぎやかながくにのっておどろう)

この夜を称え合いながら 賑やかな楽に乗って踊ろう

(かごをてんたかくかかげはなをふらせるならわし)

籠を天高く掲げ 花を降らせる習わし

(ばらがえらんだむすめはとわにめぐみさずかる)

薔薇が選んだ娘は 永久に恵み授かる

(よろこびのかずだけりょうのてをたたこう)

喜びの数だけ 両の手を叩こう

(いきているこのじかんをたしかめるため)

生きているこの時間を 確かめるため

(ねぎごとのかずだけうたをうたいあげよう)

祈ぎ事の数だけ 歌を唄い上げよう

(またたいたほしぼしにもねがいをかけて)

瞬いた星々にも 願いを掛けて

(よふけまどろみかけたきみがつむぐゆめでみらいのはたおり)

夜更け 微睡みかけた君が紡ぐ夢で 未来の機織り

(どんないろにそめていくのかはなのまつりはまだおわらない)

どんな色に染めていくのか 花の祭りはまだ終わらない…

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞は投稿しないでください!