星と月のセンテンス

投稿者ハクプレイ回数70
楽曲情報 星と月のセンテンス  作詞西川 貴教  作曲志倉 千代丸
難易度(3.0) 886打 歌詞 かな 長文モード可タグB-PROJECT キタコレ
キタコレ
※このタイピングは「星と月のセンテンス」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ほしのようにはかなくつきのようにせつなく)

星の様に儚く 月の様に切なく

(ずっときみだけをてらしているからこのばしょで)

ずっと 君だけを照らしているから この場所で...

(どこかさびしげでうつむきがちな)

どこか寂しげで 俯きがちな

(そのえがおまもりたくて)

その笑顔 守りたくて

(ただきみをみつめていた)

ただ 君を見つめていた

(なにげないことばさえうまくいえなくて)

何気ない言葉さえ 上手く言えなくて

(さいころはまたいちのめでおもいどおりすすめないけど)

サイコロは また一の目で 思い通り 進めないけど

(あきれるほどとおくてかなしいほどちかくて)

呆れるほど遠くて 悲しいほど近くて

(そうこんなにすぐそばにいるのに)

そう、こんなに すぐ側にいるのに

(ほしのようにはかなくつきのようにせつなく)

星の様に儚く 月の様に切なく

(ずっときみだけをてらしているからこのばしょで)

ずっと 君だけを照らしているから この場所で...

(ふいにのぞきこむそのまなざしも)

不意に覗き込む そのまなざしも

(むぼうびなそのなみだも)

無防備な その涙も

(いたいくらいにまぶしくて)

痛いくらいに 眩しくて

(ふれればすこしずつこわれてしまいそうで)

触れれば少しずつ 壊れてしまいそうで

(といかけたつぎのこたえをむねのおくしまいこんでいた)

問いかけた次のこたえを 胸の奥 しまい込んでいた

(あどけのないしぐさもけがれのないひとみも)

あどけのない仕草も 汚れのない瞳も

(もうけっしてはなしたりしないから)

もう、決して 離したりしないから

(かぜのようにやさしくあめのようにいとしく)

風の様に優しく 雨の様に愛しく

(そっときみだけをつつんでいるからいつのひも)

そっと 君だけを包んでいるから いつの日も...

(はぐれたゆびさきがやけにつめたくて)

はぐれた指先が やけに冷たくて

(いくじなしのこのてのひらをまだつよくにぎりしめてた)

意気地なしのこの掌を まだ強く握りしめてた

(すきだなんていえないこえになんてできない)

好きだなんて言えない 声になんて出来ない

(きっとおもいがあふれてしまうから)

きっと想いが溢れてしまうから

(ほしのようにはかなくつきのようにせつなく)

星の様に儚く 月の様に切なく

(ずっときみだけをてらしつづけてるこのばしょで)

ずっと 君だけを照らし続けてる この場所で...