無敵*デンジャラス

投稿者ハクプレイ回数57
楽曲情報 無敵*デンジャラス  B-PROJECT  作詞西川 貴教  作曲志倉 千代丸
難易度(2.6) 1314打 歌詞 かな 長文モード可タグB-PROJECT
B-PROJECT
※このタイピングは「無敵*デンジャラス」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きっとなんどもぼくらはめぐりあうたび)

きっと 何度も 僕らは 巡り会うたび

(ひとつずつわかってゆくうしなうものはないさ)

ひとつずつ分かってゆく 失うモノはないさ

(きずだらけじぇねれーしょん)

傷だらけ ジェネレーション

(くすぶりつづけてるあまいゆめにじりじりやかれて)

燻り続けてる 曖昧い夢に ジリジリ焼かれて

(とどかないさけびにむねのおくがひりひりいたいよ)

届かない叫びに 胸の奥が ヒリヒリ痛いよ

(しんじられるものそんなにないけど)

信じられるもの そんなにないけど

(きざむこどうがむてきになる)

刻む鼓動が 無敵になる

(おわりのはじまりせつなくいのちをもやし)

終わりの 始まり 切なく 命を燃やし

(まじわるうんめいかぜをまとい)

交わる運命 風を纏い

(あらしをさいてくこころにうまれた)

嵐を裂いてく 心に 生まれた

(なもなきあつきおもいよ)

名もなき 熱き想いよ

(たびだちのじかんだあらけずりのまま)

旅立ちの時間だ 荒削りのまま

(あらわにきばをむけ)

露わに 牙を剥け

(きっとなんどもぼくらはめぐりあうたび)

きっと 何度も 僕らは 巡り会うたび

(ひとつずつわかってゆくうしなうものはないさ)

ひとつずつ分かってゆく 失うモノはないさ

(きずだらけじぇねれーしょん)

傷だらけ ジェネレーション

(もっとちかくへとおくへ)

もっと 近くへ 遠くへ

(ふかいとこまでみたことないせかいを)

深いとこまで 見たことない世界を

(せんのけんをふりかざしみちなきこのみち)

幾千の剣を振りかざし 道なきこの道

(すすむしかあすはない)

進むしか 未来はない

(ほつれてくなみだのひとしずくが)

ほつれてく涙の ひと雫が

(はらはらとおちてつきあかりにじんだ)

ハラハラと落ちて 月明かり滲んだ

(といきだけがゆらゆらゆれてる)

吐息だけが ユラユラ揺れてる

(かたちのあるものこわれたとしても)

カタチのあるもの 壊れたとしても

(はてぬしょうどうでむげんになる)

果てぬ衝動で 無限になる

(いたみとかなしみたがいにまざるしきさい)

痛みと 悲しみ 互いに 混ざる色彩

(まぶしいぷりずむひかりはなち)

眩しい プリズム 光放ち

(よぞらをこえてくいまだに)

夜空を越えてく 未だに

(からだにしんじるつよいねがいが)

肉体に 信じる 強い願いが

(どこかにあるならつばさをひろげて)

どこかにあるなら 翼を広げて

(にわかにまいあがれ)

俄に 舞い上がれ

(きっとなんどもぼくらはまちがいながら)

きっと 何度も 僕らは 間違いながら

(すこしずつかわってゆく)

少しずつ変わってゆく

(むいみなものはないさたどりつく)

無意味なモノはないさ 辿りつく

(ですてぃねーしょん)

デスティネーション

(そっとはげしくやさしくふれたひとみに)

そっと 激しく 優しく 触れた瞳に

(うつしだしてくせかいで)

映し出してく世界で

(あせたりんねたちきって)

褪せた輪廻 断ち切って

(かいなきこのどあひらくしかあすはない)

解なきこの鉄扉 開くしか 未来はない

(ずっとなにかをだれもがさがしもとめた)

ずっと 何かを 誰もが 探し求めた

(そのすべてがここにある)

その全てが ここにある

(つかみとったしゅんかんにうごきだすれぼりゅーしょん)

掴み取った 瞬間に動き出す レボリューション

(もっとちかくへとおくへ)

もっと 近くへ 遠くへ

(ふかいとこまでみたことのないせかいを)

深いとこまで 見たことのない世界を

(せんのけんをふりかざしみちなきこのみち)

幾千の剣を振りかざし 道なきこの道

(すすむしかあすはない)

進むしか 未来はない