第45回 速度問題 3級

投稿者maronプレイ回数11495順位1203位
難易度(4.5) 712打 長文タグ検定試験 長文
第45回 ワープロ実務検定試験
平成23年11月27日
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 aria 8916 9.0 98.3% 77.5 703 12 13 2022/05/09
2 subaru 8394 8.6 97.5% 81.6 703 18 13 2022/04/20
3 珊瑚礁 7903 8.0 98.1% 87.3 703 13 13 2022/05/15
4 haru 7862 7.9 98.5% 87.0 694 10 13 2022/03/26
5 あき 7132 7.2 98.7% 98.7 713 9 13 2022/05/09

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いま、じどうしゃのあんぜんへのとりくみがへんかしてきている。)

今、自動車の安全への取り組みが変化してきている。

(これまでのかんがえかたのちゅうしんは、)

これまでの考え方の中心は、

(じこからにんげんをどのようにまもれるかであった。)

事故から人間をどのように守れるかであった。

(たとえば、くるまがかべなどにしょうとつしたときに、しゃたいがしょうげきをきゅうしゅうし、)

例えば、車が壁などに衝突した時に、車体が衝撃を吸収し、

(ひとへのだめーじをへらすといったものだ。)

人へのダメージを減らすといったものだ。

(2009ねん、にほんきぎょうのくるまが、もっともしょうとつあんぜんせいがたかいとひょうかされた。)

2009年、日本企業の車が、最も衝突安全性が高いと評価された。

(そのご、このめーかーはせかいいちぶつからないくるまづくりにもくひょうをへんこうした。)

その後、このメーカーは世界一ぶつからない車づくりに目標を変更した。

(しょうがいぶつをかめらやれーだーでにんしきして、)

障害物をカメラやレーダーで認識して、

(じこをぼうしするしすてむのかいはつをすすめている。)

事故を防止するシステムの開発を進めている。

(ことしになり、あらたなぎじゅつがはっぴょうされた。)

今年になり、新たな技術が発表された。

(くるまがしょうとつのおそれをにんしきすると、じどうでぶれーきをかけ、)

車が衝突の恐れを認識すると、自動でブレーキをかけ、

(さらにはんどるまでもそうさし、きけんをかいひするという。)

さらにハンドルまでも操作し、危険を回避するという。

(にほんのあたらしいぎじゅつは、よりあんぜんなくるましゃかいのじつげんにこうけんしている。)

日本の新しい技術は、より安全な車社会の実現に貢献している。

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!