吾輩は猫である

投稿者inoプレイ回数81764順位289位  お気に入り1
難易度(4.2) 512打 長文 かなタグ文学 小説 国語 学習 長文
夏目漱石
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 22222222 8467 9.0 94.2% 56.1 506 31 9 2022/05/13
2 berry 7980 8.0 99.6% 62.4 500 2 9 2022/05/12
3 ms.e 7900 8.2 95.7% 62.4 516 23 9 2022/04/29
4 neet 7760 7.9 97.5% 64.3 512 13 9 2022/05/21
5 なおき 7328 人間 7.4 97.8% 67.0 502 11 9 2022/06/17

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(わがはいはねこである。なまえはまだない。)

吾輩は猫である。名前はまだ無い。

(どこでうまれたかとんとけんとうがつかぬ。)

どこで生れたかとんと見当がつかぬ。

(なんでもうすぐらいじめじめしたところでにゃーにゃーないていたことだけはきおくしている。)

何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

(わがはいはここではじめてにんげんというものをみた。)

吾輩はここで初めて人間というものを見た。

(しかもあとできくとそれはしょせいというにんげんじゅうでいちばんどうあくなしゅぞくであったそうだ。)

しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。

(このしょせいというのはときどきわれわれをとらえてにてくうというはなしである。)

この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。

(しかしそのとうじはなんというかんがえもなかったからべつだんおそろしいともおもわなかった。)

しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。

(ただかれのてのひらにのせられてすーともちあげられたとき)

ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時

(なんだかふわふわしたかんじがあったばかりである。)

何だかフワフワした感じがあったばかりである。

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!