【時候の挨拶】「十二月」タイピング

投稿者陸鹿プレイ回数200
「十二月の挨拶」を口ずさみながら、タイピングを楽しみましょう。
ビジネス文書による時候の挨拶です。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 08622213 4661 C++ 4.7 97.8% 190.3 907 20 25 2021/12/14
2 10837101 4280 C+ 4.3 97.5% 205.6 903 23 25 2021/12/10
3 10837166 4270 C+ 4.6 91.8% 200.9 942 84 25 2021/12/10
4 みー 3718 D+ 4.1 89.7% 214.9 902 103 25 2021/12/20
5 08622202 3651 D+ 3.7 96.4% 240.7 913 34 25 2021/12/14

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かんれいのそうろう)

寒冷の候

(かんきのそうろう)

寒気の候

(そうかんのそうろう)

霜寒の候

(しょとうのそうろう)

初冬の候

(しわすのそうろう)

師走の候

(しょとうのきせつになりました。)

初冬の季節になりました。

(ひましにさむさにむかうまいにちとなりました。)

日増しに寒さに向かう毎日となりました。

(さむさひにくわわるころとなりました。)

寒さ日に加わるころとなりました。

(かんきひごとにつのるさっこんとなりました。)

寒気日ごとに募る昨今となりました。

(さむさひとしおみにしみるころとなりました。)

寒さひとしお身にしみるころとなりました。

(かんきようやくもよおすころとなりました。)

寒気ようやく催すころとなりました。

(ひましにさむさのつのるころとなりました。)

日増しに寒さの募るころとなりました。

(しわすのさむさをかんじるさっこんとなりました。)

師走の寒さを感じる昨今となりました。

(がいとうのてばなせないころとなりました。)

外套の手放せないころとなりました。

(いよいよほんかくてきなさむさとなりました。)

いよいよ本格的な寒さとなりました。

(かんきもいよいよつよく、あさゆうはちぢまるおもいをしております。)

寒気もいよいよ強く、朝夕は縮まる思いをしております。

(こがらしのおともみにしみるころとなりました。)

木枯らしの音も身にしみるころとなりました。

(こがらしにいちだんとさむさをかんじるころとなりました。)

木枯らしに一段と寒さを感じるころとなりました。

(にわのくさばなのしもにうたれ、みるかげもまくなりました。)

庭の草花の霜に打たれ、見る影もまくなりました。

(にわのいけにもはくひょうのはるあさをむかえました。)

庭の池にも薄氷の張る朝を迎えました。

など

(はつゆきのまたれるころとなりました。)

初雪の待たれるころとなりました。

(ちらちらとはつゆきのまうころとなりました。)

ちらちらと初雪の舞うころとなりました。

(やらいのゆきにがいしゅつしかねるあさをむかえました。)

夜来の雪に外出しかねる朝を迎えました。

(ふりつもるゆきにとじこめられております。)

降り積もる雪に閉じ込められております。

(はやじんぐるべるがまちなかにひびきわたっています。)

はやジングルベルが町中に響きわたっています。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

陸鹿のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード