嘆きの華

背景
投稿者投稿者ひないいね0お気に入り登録
プレイ回数69難易度(2.1) 915打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 嘆きの華  水樹 奈々  作詞岩里 祐穂  作曲華原 大輔
水樹奈々「嘆きの華」
※このタイピングは「嘆きの華」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ちょばむ 6139 A++ 6.3 97.0% 144.3 914 28 42 2024/01/09
2 なない 5451 B++ 5.7 95.8% 160.5 915 40 42 2024/02/13

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かげとひがまじわるゆうぐれはるか)

陰(かげ)と陽(ひ)が交わる 夕暮れ 遥か

(もえるようににしぞらがちしおにそまる)

燃えるように 西空が 血潮に染まる

(まどえるくれないのなみだでしょうか)

惑える 紅の泪 でしょうか

(すれちがうおもいがないているのですか)

すれ違う 想いが 哭いているのですか

(あのときなにをねがい)

あのとき 何を願い

(あのときなにをのぞみ)

あのとき 何を望み

(それでもこころはなおきみをもとめて)

それでも 心は なお君を求めて

(こきゅうのゆめ)

孤丘の夢

(むくわれぬあいのなきがらでいい)

報われぬ愛の、亡骸でいい

(まぼろしもうつつも)

まぼろしも 現実(うつつ)も

(きずはひとしく)

瑕(きず)は 等しく

(はてるがあい)

果てるが、愛

(ひたすらにむねのめいずるままに)

ひたすらに 胸の 命ずるままに

(まもりたいきみだけを)

守りたい 君だけを

(ただまもりぬけ)

唯、守り抜け

(あんやにもほのかなひかりはもれて)

暗夜にも 仄かな光は洩れて

(このよはやみでおおいつくせなどしない)

この世は 闇で 覆い尽くせなど しない

(てんもまただいちにかげえをおとし)

天もまた 大地に 影絵を落とし

(そのすべててらしきることはできない)

そのすべて 照らしきることは 出来ない

(あれからなににであい)

あれから 何に出逢い

(あれからなにをせおい)

あれから 何を背負い

(それでもしんじつしかつらぬけなくて)

それでも 真実しか 貫けなくて

(なげきのはな)

嘆きの華

(かたられぬあいのとどかぬすがた)

語られぬ愛の、届かぬ姿

(きみのためからだごとつきてかまわず)

君のため 身体ごと 尽きて 構わず

(みだすはあい)

乱すは、愛

(はげしいかわきにひきさかれても)

激しい渇きに 引き裂かれても

(しんじてるゆめをいき)

信じてる 夢を 生き

(そのゆめにしす)

その 夢に 死す

(さじんはながれかぜをはらみ)

砂塵は流れ 風を孕み

(きぎもみずもひも)

木々も 水も 火も

(はいしゃなどいない)

敗者などいない

(ただしささえもぼうきゃくのなか)

正しささえも 忘却のなか

(うつろうというのなら)

移ろうと 云うのなら

(こきゅうのゆめ)

孤丘の夢

(むくわれぬあいのなきがらでいい)

報われぬ愛の、亡骸でいい

(まぼろしもうつつも)

まぼろしも 現実(うつつ)も

(きずはひとしく)

瑕(きず)は 等しく

(はてるがあい)

果てるが、愛

(ひたすらにむねのめいずるままに)

ひたすらに 胸の 命ずるままに

(まもりたいきみだけを)

守りたい 君だけを

(ただまもりぬけ)

唯、守り抜け

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、無関係な宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞は投稿しないでください!

ひなのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971