花火 三代目 J Soul Brothers

投稿者@ゆうプレイ回数2046  お気に入り1
楽曲情報 花火  三代目 J SOUL BROTHERS  作詞MASATO ODAKE  作曲Hiroki Sagawa FROM Asiatic Orc
難易度(2.8) 1308打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 花火 三代目 JSB 歌詞打
※このタイピングは「花火」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ポン酢 5123 B+ 5.2 97.6% 247.9 1301 31 50 2020/09/15
2 らっきー 3529 D+ 3.7 93.4% 344.8 1308 91 50 2020/09/15
3 やーこーちうーと 2848 E+ 2.9 97.9% 452.1 1316 28 50 2020/09/04

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぱっとさいてしゅんとちって)

パッと咲いて シュンと散って

(よるにうちあげられた)

夜に打ち上げられた

(こいはなびふたりてらしながらひろがる)

恋花火 二人 照らしながら広がる

(こぼれるひのこはせつなさへとかわって)

零れる火の粉は せつなさへと変わって

(わたしのむねあつくそめました)

私の胸 熱く染めました

(だれがわるいわけじゃなくて)

誰が悪いわけじゃなくて

(それはなつのせいで)

それは夏のせいで

(あなたをおもうきもちねつをだしました)

あなたを想う気持ち 熱を出しました

(ひとときもはなれては)

一瞬(ひととき)も 離れては

(いられないほど)

いられないほど

(あいたいただひたすらあいたい)

会いたい ただ ひたすら会いたい

(はじめてつないだてのひらに)

初めて繋いだ手のひらに

(こみあげたいとしさが)

こみあげた 愛しさが

(にげてしまわないように)

逃げてしまわないように

(どちらからともなく)

どちらからともなく

(ぎゅっとてをにぎったまんまで)

ギュッと手を 握ったまんまで

(はなびみあげているんです)

花火 見上げているんです

(ぱっとさいてそらにさいて)

パッと咲いて 空に咲いて

(よるをかざるひばなは)

夜を飾る火花は

(なつはなびそれともこいのほのおでしょうか?)

夏花火 それとも 恋の炎でしょうか?

(あなたのこころがみてるよぞらにはいま)

あなたの心が 見てる夜空には 今

(わたしがきれいにさいてますか?)

私が綺麗に咲いてますか?

(どんなしあわせなときもすこしかなしいのは)

どんな幸せなときも 少し悲しいのは

(わたしがあなたすきになりすぎたせいです)

私があなた 好きになりすぎたせいです

(このなつがこのこいがきえてしまいそう)

この夏が この恋が 消えてしまいそう

(あいたいただいつでもあいたい)

会いたい ただいつでも会いたい

(すこしだけすずしいよかぜが)

少しだけ涼しい夜風が

(かいがんをふきぬけて)

海岸を吹き抜けて

(あなたかみがゆれてます)

あなた 髪が揺れてます

(そのよこがおにうつっている)

その横顔に映っている

(あかあおきいろのはなびきえずにもえていて)

赤 青 黄色の花火 消えずに燃えていて

(ぱっとさいてしゅんとちって)

パッと咲いて シュンと散って

(よるにうちあげられた)

夜に打ち上げられた

(こいはなびふたりてらしながらひろがる)

恋花火 二人 照らしながら広がる

(こぼれるひのこはせつなさへとかわって)

零れる火の粉は せつなさへと変わって

(わたしのむねあつくそめました)

私の胸 熱く染めました

(あなたにあうたびわがままになります)

あなたに会うたび わがままになります

(このままずっとこのままで)

このまま ずっとこのままで

(ことばなんかいらないみつめてください)

言葉なんか要らない 見つめてください

(こんなにあふれてるあなたすきです)

こんなに溢れてるあなた 好きです

(ぱっとさいてそらにさいて)

パッと咲いて 空に咲いて

(よるをかざるひばなは)

夜を飾る火花は

(なつはなびそれともこいのほのおでしょうか?)

夏花火 それとも 恋の炎でしょうか?

(あなたのこころがみてるよぞらにはいま)

あなたの心が見てる夜空には今

(わたしがきれいにさいてますか?)

私が 綺麗に咲いてますか?

(ぱっとさいてしゅんとちって)

パッと咲いて シュンと散って

(よるにうちあげられた)

夜に打ち上げられた

(こいはなびふたりてらしながらひろがる)

恋花火 二人 照らしながら広がる

(こぼれるひのこはせつなさへとかわって)

零れる火の粉は せつなさへと変わって

(わたしのむねあつくそめました)

私の胸 熱く染めました

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

@ゆうのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971