花帰葬

背景
投稿者投稿者レミラいいね1お気に入り登録1
プレイ回数43難易度(2.7) 801打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 花帰葬  志方 あきこ  作詞LEONN  作曲志方 あきこ
志方あきこさんの「花帰葬(はなきそう)」です。
とあるゲームのオープニング曲らしいです。
とてもいい曲です。
※このタイピングは「花帰葬」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あてどなくただきみはさまよいながら)

あてどなくただ君は 彷徨いながら

(ひえたこころをふるわせてんをあおいだ)

冷えた心を震わせ 天を仰いだ

(しゅうえんのとりがたかいそらからときをつげ)

終焉の鳥が 高い空から刻を告げ

(とざされたせかいでぼくらはまためぐりあう)

閉ざされた世界で 僕らはまた巡り会う

(きみをうばいさるそのすべてを)

君を奪い去る その全てを

(いてつくまちにすて)

凍てつく街に捨て

(ながいかなしみのおわるばしょへ)

永い哀しみの終わる場所へ

(かたくてをつなぎかけてゆこう)

堅く手をつなぎ 駈けてゆこう

(しろくちりいそぐはなのように)

白く 散り急ぐ花のように

(あかくながれるいのちのうえに)

朱く流れるいのちの上に

(ゆきはとめどなくふりつもる)

雪は止め処なく 降りつもる

(はてしなくつづくこのはくぎんのみち)

果てしなく続く この白銀の路

(あわくはかないきぼうにあすをゆめみた)

淡く儚い希望に 明日を夢見た

(はるつげのとりはなみだのしずくかぞえつつ)

春告の鳥は 泪の雫 数えつつ

(とわにくりかえされるるてんをなげいてうたう)

永久に繰り返される 流転を嘆いて謳う

(きみをいつくしむそのおもいが)

君を慈しむ その想いが

(やみをみちびいても)

闇を導いても

(つみにけがれなきこころだけに)

罪に 汚れなき魂(こころ)だけに

(いまみをゆだねいきる)

今 身を委ね生きる

(かみにみはなされたこのせかい)

創造主(かみ)に 見放されたこの世界

(かざはなのまいにときはなたれ)

風花の舞に解き放たれ

(ゆきどけにめざめひかりさす)

雪解けに目覚め 光さす

(ほろびゆくうまれいづるすべてのいのちは)

滅びゆく 生まれいづる 全てのいのちは

(いのちはせつげんにさくはなはこにわのちいさなはな)

いのちは雪原に咲く花 箱庭の小さな花

(まるでしろいまぼろしのようにかぜにゆられるまま)

まるで白い幻のように 風に揺られるまま

(よろこびにかなしみにかがやいてつつまれて)

喜びに 哀しみに 輝いて 包まれて

(ときはながれる)

時は流れる

レミラのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971