しろむし【第3話】

投稿者マイタイピング公式プレイ回数67118
難易度(4.0) 1019打 長文タグストーリー 公式シリーズ
しろむしが落ちていった先には…

しろむし

白菜とお母さんが大好きなしろむしのお話です
文:ぴゃう  イラスト:くまこ

オリジナルストーリー第3弾!
ストーリーを楽しみながら実践的なタイピングの練習をしてみよう!
(全4話、毎週金曜日更新予定)
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 meg 5393 アゲハチョウ 5.7 94.6% 177.8 1016 57 24 2022/01/21
2 栗坊 3533 モンシロチョウ 3.6 95.9% 277.6 1024 43 24 2022/01/27
3 マリオー 2898 モンシロチョウ 3.4 86.9% 299.8 1022 153 24 2022/01/27

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぼふっ!)

ぼふっ!

(しろむしは、なんだかとてもふさふさしたものにちゃくちしました。)

しろむしは、何だかとてもふさふさしたものに着地しました。

(しろむしのからだとおなじいろのまっしろなそれは)

しろむしの体と同じ色の真っ白なそれは

(まるでおうちのきんじょのくさむらがまるごとまっしろになったみたいです。)

まるでお家の近所の草むらが丸ごと真っ白になったみたいです。

(そういえばとてもおなかがすいていたので、ひとくちかじってみました。)

そういえばとてもお腹が空いていたので、一口かじってみました。

(あまりおいしくありません。)

あまりおいしくありません。

(「いてっ、せなかにいるのはだれじゃ」)

「いてっ、背中にいるのは誰じゃ」

(まっしろなそれはのそりとたちあがりました。)

真っ白なそれはのそりと立ち上がりました。

(とてもおおきな、しろいおおかみのおじいさんでした。)

とても大きな、白いオオカミのおじいさんでした。

(しろむしはゆうきをだしてこえをかけてみました。)

しろむしは勇気を出して声をかけてみました。

(「おおかみのおじいさん、こんにちは。)

「オオカミのおじいさん、こんにちは。

(ぼく、おかあさんとはぐれてしまったんです。おうちにつれてってくれませんか」)

ぼく、お母さんとはぐれてしまったんです。お家に連れてってくれませんか」

(「おお、なんとまっしろなあおむしなんじゃ。)

「おお、なんと真っ白なあおむしなんじゃ。

(そういえばよくあそびにくるちょうちょがまっしろなむすこのことをはなしていたのう。)

そういえばよく遊びに来るちょうちょが真っ白な息子のことを話していたのう。

(どれ、わしにまかせなさい」)

どれ、わしに任せなさい」

(「ほんとに?ありがとうおじいさん!」)

「ほんとに?ありがとうおじいさん!」

(おおかみのおじいさんはうーんとのびをすると、もりのほうこうへあるきだしました。)

オオカミのおじいさんはうーんと伸びをすると、森の方向へ歩き出しました。

(「おじいさんはおかあさんのことをしっているの?」)

「おじいさんはお母さんのことを知っているの?」

(「あぁしっているとも。きみのおかあさんがあおむしだったころからじゃな」)

「あぁ知っているとも。君のお母さんがあおむしだった頃からじゃな」

(「へぇ、すごいなあ」)

「へぇ、すごいなあ」

など

(おおかみのおじいさんはあるきながら、しろむしにいろいろなことをはなしてくれました。)

オオカミのおじいさんは歩きながら、しろむしに色々な事を話してくれました。

(このもりのことならなんでもしっている、すごいおじいさんでした。)

この森のことなら何でも知っている、すごいおじいさんでした。

(「おじいさん、さっきはちょっとかじっちゃってごめんね」)

「おじいさん、さっきはちょっとかじっちゃってごめんね」

(「ほっほっ、かまわんよ」)

「ほっほっ、かまわんよ」

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告