イントロ歌詞クイズ!①(ゆず)

投稿者koki--as;ekryプレイ回数766
楽曲情報 シシカバブー  ゆず  作詞北川 悠仁  作曲岩沢 厚治
難易度(2.1) 60秒 歌詞 長文モード可タグゆず イントロクイズ 歌詞
イントロの歌詞を書くのでその題名を打って下さい。ゆずの曲です。
例えば、「誰にも見せない泪があった」 とでていたら「栄光の架橋」と打って下さい。そのまま「だれにもみせないなみだがあった」と間違えて打たないで下さいね
ふりがなは打ってないのでわからなければローマ字で見て打てば何とかなります。
ぜひゆずっこは挑戦を!!
ゆずのことをあまり知らない人には難しいかもです(汗
なお、英語や数字が含まれていたら英語スペルや数字で打って下さい。
※このタイピングは「シシカバブー」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • 栄光の架橋

    栄光の架橋

    あのゆずの栄光の架橋です。

    プレイ回数7030
    歌詞かな736打
  • 合唱曲 友~旅立ちの時~

    合唱曲 友~旅立ちの時~

    2013年 Nコンの課題曲です。

    プレイ回数5929
    歌詞661打
  • 夏色 ゆず

    夏色 ゆず

    何年たっても色褪せない名曲です

    プレイ回数42390
    歌詞かな1005打
  • 栄光の架け橋 

    栄光の架け橋 

    ゆずが好きならやろう!元気をもらいたいならやろう!

    プレイ回数185631
    歌詞784打
  • いつか

    いつか

    プレイ回数29
    歌詞1119打
  • からっぽ

    からっぽ

    プレイ回数601
    歌詞かな691打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ああ、せいしゅんのひび)

初恋のあの人がもうすぐ母親になるんだって 小さな町の噂話で耳にしたよ

(あいたい)

もしも願いが叶うのなら どんな願いをかなえますか?

(あげいん2)

君が見つけた 勇気の花 色あせることなく 今も咲き続けてる

(あめのちはれるや)

突然 偶然 それとも必然 始まりは気づかぬうちに

(あしたてんきになぁれ)

これで本当によかったのかな? ふと立ち止まり空を見る

(いちご)

甘いいちご頬張るように 僕を愛して

(いつか)

少しずつ街の風も冷たくなってきたな

(いろとりどり)

なんて顔してしょげてんだ I wanna 言わなぁ分からんぞ

(with you)

こうして僕らが出会えた奇跡を 今ここに刻むよそして讃え合おう

(うまくいえない)

初めて出会った日のことを 君は今も覚えていますか?

(おくるうた)

時計の針が二十四時を回り わずかな荷物を持って走り出す

(おわらないうた)

争いあうことはいつだって 悲しみしか生まないのに

(かける)

ひとりじゃない ひとりじゃない ひとりじゃないから 未来へかける

(かなしみのかさ)

玄関の隅に少し大きな傘がかけてある 照れ屋の君は普段は手も繋げないのに

(かなた)

きっときっとって追いかけた ずっとずっとって信じてた

(かなぶん)

坂の途中振り返る 海は見えるのかな 季節は穴を開けて僕を待っていた

(からっぽ)

何気ないような顔して いつもと同じように笑ってた

(げつようびのしゅうまつ)

乗り遅れた人達は必ず聞こえないふりを決め込んで

(こいのかようび)

来るはずのない電話ならないの分かってて 何度も受話器を取ってみたりするの

(さくらえ)

目を閉じれば今日もここにある幸せ あなたと二人結んだ日々が

(さくらぎちょう)

海沿いの道を 手をつないで歩いた あの日の約束はもう 叶わない夜空の星

(さよならばす)

予定時刻は6時 あとわずかで僕らは別々の道

(ししかばぶー)

そりゃいきなり誰だって因縁観念すれば にせものまがいのまるでシシカバブー

(しょう)

僕らはいつも試されている 立ちふさがる大きな壁に

(しょうねん)

人生を語るほど賢い人ではない 愛を語れるほどそんなに深くはない

(じあいへのたびじ)

しぼみかけた夢かばんの奥に詰め込んだ 市営バスの窓に映るのは疲れ果てた顔

(すとーりー)

どうしたの?さえない顔して いつもの君らしくないけど

(すまいる)

涙をふいて 空を見上げて 君の微笑みが 世界を変える スマイル

(すみれ)

旅の途中僕ら時にはつまずいて 進む道が見えなくなる時もあるでしょう

(3かうんと)

期待通りの雨に打たれ 成す術もなく立ちすくんでる そういつものことさ

(せんちめんたる)

打ち寄せる波の音に あわてて靴を脱ぎ捨て

(たった)

完全無欠のヒーロー そんな奴いなくたって ひょっとしたらひょんなとこで

(とべないとり)

ここにあるのは風 そして君と 町の音 それだけで よかったのに

(ともだちのうた)

毎日毎日くだらないことをやっては いつでもどこでもはしゃいでいた

(towa)

その声は響き渡る むき出しの命のままに 生きようと叫んだ

(なついろ)

駐車場のネコはアクビをしながら 今日も一日を過ごしてゆく

(にじ)

君の足に絡みつくのは何 劣等感?それとも不調和な日々に芽生えた違和感?

(はるかぜ)

窓の外は冷たい雨が降り続いてる 僕は少しうつむいて君の事思い出してた

(ひかれ)

どこかへ置き忘れた夢遠い物語「叶わない」そうやって自分に言い聞かせていた

(ひだまり)

ほらいつもよりも素晴らしい朝だよ ひだまりの中を歩いている

(ひはまたのぼる)

信じること怖くて 震えていたんだろう?

(ひょうりいったい)

Woo woo 朝をむさぼり 夜を吐き出し 生かんとする我が性

(heyわ)

神は僕らの心の中にある 一つ一つの命の中に

(またあえるひまで)

青い空白い雲 勇気を持って踏み出そう 思い出すと笑い会える 楽しい思い出

(まもってあげたい)

いつかこんなにないた日々も 必ず思い出に変わってゆく

(loveandpeach)

I My Me があいまいじゃもうおかしくなっちゃう WA!

(land)

おはようここのところなんか体がだるくて仕方がないよ

(reason)

いるよ傍に 一番近く 今はただそれだけでいいから いつかそっと聴かせてよ

(1)

さぁ行こう走り出した 列車に今飛び乗って

(ゆめのちず)

あの日見つけた夢の地図見つからなくても もっと素敵な夢を君と描けばいい

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。