Lily-寄り添う百合のように-

投稿者ありゅなプレイ回数000
楽曲情報 LILY-寄り添う百合のようにー  SolidS  作詞滝沢 章  作曲滝沢 章
難易度(2.8) 1097打 歌詞 長文モード可タグSolidS 世良里津花 リッカ 歌詞 花鳥風月シリーズ
Lily-寄り添う百合のように-歌詞です。
SolidS 世良里津花ソロ曲 花鳥風月シリーズ「花」編 Lily-寄り添う百合のように-の歌詞です。
※このタイピングは「LILY-寄り添う百合のようにー」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひとりのへやとけいのおと)

ひとりの部屋 時計の音

(はかなさにつつまれたきせつは)

儚さに包まれた季節は

(いちびょうずつあせてゆく)

一秒ずつ 褪せてゆく

(きっとこのまま)

きっとこのまま

(そのてがこころなぜるように)

その手が 心撫ぜるように

(きみのにおいよみがえったいま)

君の匂い 蘇った今

(からだじゅうをかけめぐる)

体中を 駆け巡る

(きえないおもいはlily)

消えない 想いはLily

(そでをひいてちかづいてく)

袖を引いて 近づいてく

(ふたりきりのたいおんのしたで)

ふたりきりの体温の下で

(はるをまってねむっていた)

春を待って 眠っていた

(ちいさなたね)

小さな種

(からっかぜがつもるよるから)

空っ風が積もる夜から

(つめたいしずくあびるあさまで)

冷たい雫 浴びる朝まで

(ならんでたつはなのように)

並んで立つ 花のように

(ずっとずっとよりそって)

ずっとずっと 寄り添って

(まいおりたじかんはもどらないけど)

舞い降りた時間は 戻らないけど

(わすれずにいたいねいつもむねにさかせて)

忘れずにいたいね いつも胸に咲かせて

(いろどりにゆびをはわせひめたこい)

彩りに 指を這わせ 秘めた恋

(あのいろにふれたいよlily)

あの色に 触れたいよLily

(かれんなひとみにさそわれたにわで)

可憐な瞳に 誘われた庭で

(かぎたいよあいたいよきみと)

嗅ぎたいよ 逢いたいよ 君と

(はなれないでなみだみせて)

「離れないで」 涙見せて

(みだれたえりにうでをまいても)

乱れた襟に 腕を巻いても

(おぼろなゆめちりぢりに)

朧な夢 散り散りに

(すっとすっときえさって)

すっとすっと 消え去って

(めくるめくこどうにうつつのまれて)

めくるめく鼓動に うつつ呑まれて

(みわたすかぎりさくきみにささぐはなびら)

見渡す限り咲く 君に捧ぐ花びら

(いろめきにくちをむすんだこいうた)

色めきに 口を結んだ 恋唄

(いきをとめみつめあうlily)

息を止め 見つめ合うLily

(しろいよこがおにかさねたぬくもり)

白い横顔に 重ねた温もり

(だきしめてねむりたいいまも)

抱きしめて 眠りたい 今も

(みやびのそのでだれよりもうるわしく)

雅の園で 誰よりも麗しく

(ことのはをかざってもゆるゆりのかおり)

言の葉を飾って 燃ゆる 百合の香り

(いろどりにゆびをはわせひめたこい)

彩りに 指を這わせ 秘めた恋

(あのいろにふれたいよlily)

あの色に 触れたいよLily

(かれんなひとみにさそわれたにわで)

可憐な瞳に 誘われた庭で

(かぎたいよあいたいよきみと)

嗅ぎたいよ 逢いたいよ 君と

(いろめきにくちをむすんだこいうた)

色めきに 口を結んだ 恋唄

(いきをとめみつめあうlily)

息を止め 見つめ合うLily

(しろいよこがおにかさねたぬくもり)

白い横顔に 重ねた温もり

(だきしめてねむりたいいまも)

抱きしめて 眠りたい 今も

(はなのようにまた)

花のように また

(いろめいてさく)

色めいて 咲く

(このおもいもう)

この想い もう

(けせないからlily)

消せないからLily

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。