森鴎外 山椒大夫8

投稿者藤村 彩愛プレイ回数815
難易度(4.5) 723打 長文タグ長文 小説 文豪 森鴎外 山椒大夫
森鴎外の山椒大夫です。
とても長文です。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 kome 3618 D+ 3.9 92.7% 183.5 720 56 13 2021/10/13
2 ussii 3493 D 3.6 95.7% 197.8 723 32 13 2021/10/16
3 sada 2393 F++ 2.4 96.1% 290.4 724 29 13 2021/09/17

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あんじゅこいしや、ほうやれほ。ずしおうこいしや、ほうやれほ。)

安寿恋しや、ほうやれほ。厨子王恋しや、ほうやれほ。

(とりもしょうあるものなれば、とうとうにげよ、おわずとも。)

鳥も生《しょう》あるものなれば、疾《と》う疾う逃げよ、逐《お》わずとも。

(まさみちはうっとりとなって、このことばにききほれた。そのうちぞうふが)

正道はうっとりとなって、この詞に聞き惚れた。そのうち臓腑《ぞうふ》が

(にえかえるようになって、けものめいたさけびがくちからでようとするのを、はを)

煮え返るようになって、獣めいた叫びが口から出ようとするのを、歯を

(くいしばってこらえた。たちまちまさみちはしばられたなわがとけたようにかきのうちへ)

食いしばってこらえた。たちまち正道は縛られた縄が解けたように垣のうちへ

(かけこんだ。そしてあしにはあわのほをふみちらしつつ、おんなのまえに)

駆け込んだ。そして足には粟の穂を踏み散らしつつ、女の前に

(うつふした。みぎのてにはまもりほんぞんをささげもって、うつふしたときに、)

俯伏《うつふ》した。右の手には守本尊を捧げ持って、俯伏したときに、

(それをひたいにおしあてていた。おんなはすずめでない、おおきいものがあわをあらしにきたのを)

それを額に押し当てていた。女は雀でない、大きいものが粟をあらしに来たのを

(しった。そしていつものことばをとなえやめて、みえぬめでじっとまえをみた。)

知った。そしていつもの詞を唱えやめて、見えぬ目でじっと前を見た。

(そのときほしたかいがみずにほとびるように、りょうほうのめにうるおいがでた。)

そのとき干した貝が水にほとびるように、両方の目に潤いが出た。

(おんなはめがあいた。「ずしおう」というさけびがおんなのくちからでた。)

女は目があいた。「厨子王」という叫びが女の口から出た。

(ふたりはぴったりだきあった。)

二人はぴったり抱き合った。

(たいしょうよねんいちがつ)

大正四年一月

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!