白い恋人/松田聖子

投稿者花っち♪プレイ回数000
楽曲情報 白い恋人  松田 聖子  作詞三浦 徳子  作曲小田 裕一郎
難易度(4.0) 700打 歌詞 長文モード可タグ80年代 松田聖子 昭和 名曲 思い出
すっかり忘れていました。この曲はアルバム1980年に発売された松田聖子2ndアルバムの『North Wind』に収録されていた曲で、ファンの間では人気が高いみたい。だからタイピングにした。
※このタイピングは「白い恋人」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だれもしらないこころのなかにしろいしゅぷーるえがき)

誰も知らない心の中に白いシュプール描き

(あなたのかおににているとそうよけさきづいたの)

あなたの顔に似ていると そうよ今朝気づいたの

(すきーかたてにわらいころげるだんろをかこむへやで)

スキー片手に笑いころげる暖炉を囲む部屋で

(しもがおりてるまどがらすにすきよとかくわたし)

霜が降りてる窓ガラスに好きよと書く私

(あなたはただいつものかおあいというもじなどahどこにもなさそう)

あなたはただいつもの顔 愛という文字などAh どこにも無さそう

(ひとなつのこいひとふゆのあいらぶそんぐみたいに)

ひと夏の恋ひと冬の愛ラブソングみたいに

(わすれてしまうきせつなどいつかとうにすぎた)

忘れてしまう季節などいつかとうに過ぎた

(こなゆきがまうあなたのせなかひとみにやきつくでしょ)

粉雪が舞うあなたの背中瞳に灼きつくでしょ

(だれにもおなじこえかけてなぜかやさしすぎるひと)

誰にも同じ声かけて何故かやさしすぎる人

(わたしひとりにむけられるあいそれはいつのひのこと)

私一人に向けられる愛 それはいつの日のこと

(しもがとけてるまどがらすになきがおがうつるわ)

霜が溶けてる窓ガラスに泣き顔が映るわ

(あなたはただまぼろしなのめぐりあえるはずよahしろいこいびと)

あなたはただまぼろしなの めぐり逢えるはずよAh 白い恋人

(ひとなつのこいひとふゆのあいかぎのついただいありー)

ひと夏の恋ひと冬の愛鍵のついたダイアリー

(ひっそりねむるきせつなどいつかとうにすぎた)

ひっそり眠る季節などいつかとうに過ぎた

(ひとなつのこいひとふゆのあいらぶそんぐみたいに)

ひと夏の恋ひと冬の愛ラブソングみたいに

(わすれてしまうきせつなどいつかとうにすぎた)

忘れてしまう季節などいつかとうに過ぎた

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

花っち♪のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971