アリとキリギリス

背景
投稿者投稿者マイタイピング公式いいね38お気に入り登録
プレイ回数8.2万難易度(4.0) 1633打 長文 長文モード可
イソップ童話「アリとキリギリス」のタイピングです
ストーリーを楽しみながら練習しよう!

【2019/03/05】 次の問題を表示するようにしました。

出典元:福娘童話集アリとキリギリス
※こちらのタイピングは福娘童話集の許可をいただいて掲載しております。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ヲシダ 7419 7.8 94.6% 205.8 1619 92 38 2024/02/14
2 novo 5225 B+ 5.3 97.2% 303.5 1632 46 38 2024/01/18
3 我々は 5019 B+ 5.1 97.7% 314.6 1616 37 38 2024/01/21
4 4755 B 5.1 92.6% 315.4 1629 129 38 2024/01/30
5 黄色ヨッシー 2185 F+ 2.4 90.9% 673.2 1634 163 38 2024/01/04

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なつのあるひ、きりぎりすがのはらでうたをうたっていると、)

夏のある日、キリギリスが野原で歌を歌っていると、

(ありたちがぞろぞろあるいてきました。)

アリたちがぞろぞろ歩いてきました。

(「おい、ありくんたち。そんなにあせをびっしょりかいて、なにをしてるんだい?」)

「おい、アリくんたち。そんなに汗をびっしょりかいて、何をしてるんだい?」

(「これはきりぎりすさん、わたしたちはたべものをはこんでいるんですよ」)

「これはキリギリスさん、わたしたちは食べ物を運んでいるんですよ」

(「ふーん。だけど、ここにはたべものがいっぱいあるじゃないか。)

「ふーん。だけど、ここには食べ物がいっぱいあるじゃないか。

(どうして、いちいちいえにたべものをはこぶんだい。)

どうして、いちいち家に食べ物を運ぶんだい。

(おれみたいに、おなかがすいたらそのへんにあるたべものをたべて、)

おれみたいに、お腹が空いたらその辺にある食べ物を食べて、

(あとはたのしくうたをうたったり、あそんだりしていればいいじゃないか」)

あとは楽しく歌を歌ったり、遊んだりしていればいいじゃないか」

(「でもね。きりぎりすさん。)

「でもね。キリギリスさん。

(いまはなつだからたべものがたくさんあるけど、)

今は夏だから食べ物がたくさんあるけど、

(ふゆがきたら、ここもたべものはなくなってしまいますよ。)

冬が来たら、ここも食べ物はなくなってしまいますよ。

(いまのうちにたくさんのたべものをあつめておかないと、あとでこまりますよ」)

今のうちにたくさんの食べ物を集めておかないと、あとで困りますよ」

(ありたちがそういうと、きりぎりすはばかにしたように、)

アリたちがそう言うと、キリギリスはバカにした様に、

(「ははははははっ」)

「ハハハハハハッ」

(と、わらって。)

と、笑って。

(「まだなつがはじまったばかり。ふゆのことはふゆがきてからかんがえればいいのさ」)

「まだ夏が始まったばかり。冬の事は冬が来てから考えればいいのさ」

(そうこたえると、またうたをうたいはじめました。)

そう答えると、また歌を歌い始めました。

(さて、それからもまいにちきりぎりすはようきにうたってくらし、)

さて、それからも毎日キリギリスは陽気に歌って暮らし、

(ありたちはせっせといえにたべものをはこびました。)

アリたちはせっせと家に食べ物を運びました。

(やがてなつがおわり、あきがきました。)

やがて夏が終わり、秋が来ました。

など

(きりぎりすは、ますますようきにうたをうたっています。)

キリギリスは、ますます陽気に歌を歌っています。

(そしてとうとう、さむいさむいふゆがやってきました。)

そしてとうとう、寒い寒い冬がやって来ました。

(のはらのくさはすっかりかれはて、)

野原の草はすっかり枯れ果て、

(きりぎりすのたべものはひとつもなくなってしまいました。)

キリギリスの食べ物は一つもなくなってしまいました。

(「ああ、おなかがすいたな。こまったな。)

「ああ、お腹が空いたな。困ったな。

(どこかにたべものはないかなあ。)

どこかに食べ物はないかなあ。

(・・・あっ、そうだ。)

・・・あっ、そうだ。

(ありくんたちが、たべものをたくさんあつめていたっけ。)

アリくんたちが、食べ物をたくさん集めていたっけ。

(よし、ありくんたちになにかたべさせてもらおう」)

よし、アリくんたちに何か食べさせてもらおう」

(きりぎりすはいそいでありのいえにやってきましたが、ありはいえのなかから、)

キリギリスは急いでアリの家にやって来ましたが、アリは家の中から、

(「だから、たべものがたくさんあるなつのあいだに)

「だから、食べ物がたくさんある夏の間に

(たべものをあつめておきなさいといったでしょう。)

食べ物を集めておきなさいと言ったでしょう。

(いえにはかぞくぶんのたべものしかないから、)

家には家族分の食べ物しかないから、

(わるいけど、きりぎりすさんにはあげることができません」)

悪いけど、キリギリスさんにはあげる事が出来ません」

(と、いって、げんかんをあけてくれませんでした。)

と、言って、玄関を開けてくれませんでした。

(きりぎりすはゆきのふるのはらのまんなかで、)

キリギリスは雪の降る野原の真ん中で、

(さむさにふるえながらしょんぼりしていました。)

寒さに震えながらしょんぼりしていました。

(いま、らくをしているなまけものは、そのうちいたいめにあうというおはなしです。)

今、楽をしているなまけ者は、そのうち痛い目にあうというお話しです。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告