むすびこぶ

スポンサーリンク
投稿者マイタイピング公式 プレイ回数1665 順位138位
難易度(4.0) 1077打 長文 タグ福娘童話集 ストーリー
グリム童話「むすびこぶ」のタイピングです
ストーリーを楽しみながら練習しよう!
(リクエストユーザー:邪王真眼)

出典元:福娘童話集むすびこぶ
※こちらのタイピングは福娘童話集の許可をいただいて掲載しております。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 りんご 8047 8.1 98.7% 131.6 1073 14 25 2019/01/18
2 nao 7292 7.5 96.1% 142.2 1080 43 25 2019/02/06
3 subaru 6600 S+ 6.9 95.5% 155.0 1073 50 25 2019/02/18
4 aya 6468 S 6.5 99.4% 166.8 1085 6 25 2019/01/18
5 dayton 6368 S 6.3 99.5% 166.6 1066 5 25 2019/02/19

関連タイピング

ラプンツェル

ラプンツェル

グリム童話「ラプンツェル」のタイピングです

プレイ回数4149
長文2452打
アリとキリギリス

アリとキリギリス

イソップ童話「アリとキリギリス」のタイピングです

プレイ回数3225
長文1633打
数字の手紙

数字の手紙

新潟県の民話「数字の手紙」のタイピングです

プレイ回数2264
長文2084打
アトリの鐘

アトリの鐘

イタリアの昔話「アトリの鐘」のタイピングです

プレイ回数932
長文2559打
狼と少年

狼と少年

イソップ童話「狼と少年」のタイピングです

プレイ回数1923
長文822打
三人のなまけ者

三人のなまけ者

グリム童話「三人のなまけ者」のタイピングです

プレイ回数2046
長文1229打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(むかしむかし、ひとりのむすめがいました。)

むかしむかし、一人の娘がいました。

(このむすめはとてもびじんですが、たいへんななまけもので、だらしのないおんなでした。)

この娘はとても美人ですが、大変ななまけ者で、だらしのない女でした。

(いとをつむぐときにあさのなかにちいさいむすびこぶでもあると、)

糸をつむぐ時にアサの中に小さいむすびこぶでもあると、

(もういやになってしまって、)

もういやになってしまって、

(そのもつれたたまぜんたいをひきちぎって、わきにほうりだしてしまうのです。)

そのもつれた玉ぜんたいを引きちぎって、わきに放り出してしまうのです。

(ところが、そこのいえにひとりのはたらきもののじょちゅうがいて、)

ところが、そこの家に一人の働き者の女中がいて、

(むすめがすてたあさくずをひろいあつめると、)

娘が捨てたアサくずを拾い集めると、

(それをあらってじょうずにつむいで、)

それを洗って上手につむいで、

(きれいなきものにおってもらいました。)

きれいな着物におってもらいました。

(さて、あるわかいおとこのひとがそのなまけもののむすめをおよめさんにほしいといって、)

さて、ある若い男の人がそのなまけ者の娘をお嫁さんにほしいといって、

(いよいよけっこんしきをあげることになりました。)

いよいよ結婚式をあげることになりました。

(そのまえいわいのばんに、はたらきもののじょちゅうさんがきれいなきものをきて)

その前祝いの晩に、働き者の女中さんがきれいな着物を着て

(たのしそうにおどっていますと、はなよめがいいました。)

楽しそうにおどっていますと、花嫁が言いました。

(「あのじょちゅう、あたしのいとくずのきものをきているのよ」)

「あの女中、あたしの糸くずの着物を着ているのよ」

(それをきいたおむこさんが、)

それを聞いたおむこさんが、

(「それは、どういういみだね?」)

「それは、どういう意味だね?」

(と、はなよめさんにたずねました。)

と、花嫁さんに尋ねました。

(そこでおよめさんは、)

そこでお嫁さんは、

(「あのじょちゅうは、わたしがすてたあさくずでおったきものをきているのです」)

「あの女中は、わたしが捨てたアサくずでおった着物を着ているのです」

(と、せつめいしたのです。)

と、説明したのです。

など

(「それは、なんとすばらしい!」)

「それは、なんとすばらしい!」

(おむこさんはこれをきくと、むすめさんがなまけもので、)

おむこさんはこれを聞くと、娘さんがなまけ者で、

(あのまずしいしょうじょがはたらきものであることをしりました。)

あの貧しい少女が働き者である事を知りました。

(そこでむすめさんとのけっこんをことわると、あのじょちゅうさんのところへいって)

そこで娘さんとの結婚を断ると、あの女中さんのところへいって

(かのじょをおよめさんにえらんだのでした。)

彼女をお嫁さんに選んだのでした。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告