花火 奥華子

スポンサーリンク
投稿者fumi プレイ回数86 順位9967位
楽曲情報 花火-君に恋した夏の日-  奥 華子  作詞奥 華子  作曲奥 華子
難易度(2.3) 910打 歌詞 かな タグ奥華子 花火
ぜひやっていってください


twitterはじめました
リクエストなどあればこちらに
https://twitter.com/aR58ldr1CJiuzFa
※このタイピングは「花火-君に恋した夏の日-」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

迷路

迷路

奥華子さんの迷路です

プレイ回数869
歌詞かな951打
それは恋の終わり

それは恋の終わり

プレイ回数43
歌詞かな926打
風に薫る夏の記憶

風に薫る夏の記憶

夏を感じる曲です!!

プレイ回数2921
歌詞1331打
夏休み打!

夏休み打!

夏休みっぽいことでタイピング練習!夏を盛り上げよう!

プレイ回数46648
短文かな60秒
昆虫打

昆虫打

夏は虫たちの季節ですね!というわけで昆虫打!!

プレイ回数21646
短文かな60秒
変わらないもの/奥華子

変わらないもの/奥華子

奥華子さんの「変わらないもの」です。

プレイ回数270
歌詞かな751打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きみにこいしたなつのひ)

君に恋した夏の日

(なみおときこえたかえりみち)

波音聞こえた帰り道

(はじめてきすをしたね)

初めてキスをしたね

(いつもやくそくしてたね)

いつも約束してたね

(まよなかにそっとぬけだして)

真夜中にそっと抜け出して

(ふたりのほしさがした)

ふたりの星探した

(すなにかいたあのひのらくがき)

砂に書いたあの日の落書き

(いまもむねのなかきえなくて)

今も胸の中消えなくて

(なつのよぞらにみあげたはなび)

夏の夜空に見上げた花火

(いたいほどむねにやきついた)

痛いほど胸に焼き付いた

(きみはなんどもせのびをしながら)

君は何度も背伸びをしながら

(とどきそうだねとわらったね)

届きそうだねと笑ったね

(きみのなみだもぼくのよわさも)

君の涙も僕の弱さも

(おなじみらいをしんじていた)

同じ未来を信じていた

(ぼくはこぼれおちそうなおもいを)

僕は零れ落ちそうな思いを

(よぞらにかくしてた)

夜空に隠してた

(もっとやさしくできたら)

もっと優しくできたら

(まよわずにいたらとおくまで)

迷わずにいたら遠くまで

(きみをつれだせたのかな)

君を連れ出せたのかな

(まちあわせゆかたすがたのきみ)

待ち合わせ浴衣姿の君

(てれくさくてなにもいえなかった)

照れくさくて何も言えなかった

(なつのよぞらにみあげたはなび)

夏の夜空に見上げた花火

(いたいほどむねにやきついた)

痛いほど胸に焼き付いた

(ぶつかりあうひとなみわけて)

ぶつかり合う人波分けて

(ふたりだけのばしょをさがしたね)

二人だけの場所を探したね

(とおりすぎてくかぜのむこうに)

通り過ぎてく風の向こうに

(こたえがあるとしんじていた)

答えがあると信じていた

(つないだてがほどけないように)

繋いだ手がほどけないように

(つよくにぎりしめてた)

強く握り締めてた

(きみがすきだよ)

君が好きだよ

(きみがすきだよ)

君が好きだよ

(とどかないこえでさけんでいた)

届かない声で叫んでいた

(なつのよぞらにみあげたはなび)

夏の夜空に見上げた花火

(いたいほどむねにやきついた)

痛いほど胸に焼き付いた

(とおりすぎてくかぜのむこうに)

通り過ぎてく風の向こうに

(こたえがあるとしんじていた)

答えがあると信じていた

(ぼくはこぼれおちそうなおもいを)

僕は零れ落ちそうな思いを

(つよくだきしめてた)

強く抱き締めてた

(きみがいたなつのひ)

君がいた夏の日

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。