恋愛小説 彼氏を取られた元カノ 最終話

投稿者背黄青鸚哥★投稿停止中★プレイ回数682
難易度(4.3) 2323打 長文タグ恋愛小説
最終話です!
こんばんは!背黄青鸚哥です!
今回は恋愛小説彼氏を取られた元カノ編最終話です!
まずはpart1〜part2までをプレイしてからこちらをプレイしてくださるととても嬉しいですm(_ _)m
part1
https://typing.twi1.me/game/88631
part2
https://typing.twi1.me/game/88633
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 中1神童みよ34 4271 C+ 4.6 91.8% 487.4 2284 202 48 2021/11/03

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(もとかれしがわたしのかたをとんとんとたたいた。わたしはびっくりしてすこしいすからはねあが)

元彼氏が私の肩をトントンと叩いた。私はびっくりして少し椅子から跳ね上が

(ってしまった。するともとかれしが)

ってしまった。すると元彼氏が

(「ねえ、いまのかのじょとはわかれたんだ。」)

「ねえ、今の彼女とは別れたんだ。」

(わたしはめをぱちくりさせた。なぜなら、それはみっかにもおよばないれんあいだったからだ)

私は目をパチクリさせた。なぜなら、それは三日にも及ばない恋愛だったからだ

(わたしはいった。)

私はいった。

(「ごめんなさい。」)

「ごめんなさい。」

(わたしはぼろぼろとおおつぶのなみだをこぼした。まるでいままでのかなしみのなみだがいっせいにでた)

私はボロボロと大粒の涙をこぼした。まるで今までの悲しみの涙が一斉に出た

(ようなかんじだった。)

ような感じだった。

(「わたし、あなたのふったかのじょにだまされてた。でも、それをしんじちゃって・・・ごめ」)

「私、貴方のフった彼女に騙されてた。でも、それを信じちゃって・・・ごめ」

(「なんできみがあやまるんだよ。おれはたしかにおかしいとおもった。しんじたのはきみのせい)

「なんで君が謝るんだよ。俺は確かにおかしいと思った。信じたのは君のせい

(じゃない。しんじさせたあいつがわるいんだよ」)

じゃない。信じさせたあいつが悪いんだよ」

(「こんなわたしだけど・・・またよりをもどしてくれない?」)

「こんな私だけど・・・またヨリを戻してくれない?」

(「ああ、もちろんだよ」)

「ああ、もちろんだよ」

(こうしてわたしはまたあのにんきもののかのじょになれた。)

こうして私はまたあの人気者の彼女になれた。

(いまもわたしはかれとつきあっている。しかも、しょうらいけっこんすることをぜんていに!)

今も私は彼と付き合っている。しかも、将来結婚することを前提に!

(さんねんご・・・)

三年後・・・

(わたしはじぶんのじっかをはなれてもともとひとりぐらしのかれのあぱーとにうつった。)

私は自分の実家を離れて元々一人暮らしの彼のアパートに移った。

(「ひろいあぱーとだね!」)

「広いアパートだね!」

(わたしはこんなりそうてきなあぱーとにすめるなんておもってもみなかった。)

私はこんな理想的なアパートに住めるなんて思ってもみなかった。

(かれはすこしてれながら、こうきゅうれすとらんのぱんふれっとをみせながらいった。)

彼は少し照れながら、高級レストランのパンフレットを見せながら言った。

など

(「うちのおやがここをけいえいしててさ、ぜひともかのじょさんにあいたいっていってたか)

「うちの親がここを経営しててさ、是非とも彼女さんに会いたいって言ってたか

(ら、こんやはここにいくんだ。しかもきょうはきねんすべきひになるとおもうよ。」)

ら、今夜はここに行くんだ。しかも今日は記念すべき日になると思うよ。」

(よるになり、かれのうんてんするちょっとおたかめのくるまでこうきゅうれすとらんへいった。)

夜になり、彼の運転するちょっとお高めの車で高級レストランへ行った。

(わたしはじつはきょう、おおきなおおきなぶーけをもっていた。)

私は実は今日、大きな大きなブーケを持っていた。

(きょう、ひっこしさせてもらったから、そのかんしゃのきもちてきなぶーけを。)

今日、引越しさせてもらったから、その感謝の気持ち的なブーケを。

(くるまのなかで、かれといつもどおりのせけんばなしや、かいしゃのことなどをはなした。)

車の中で、彼といつも通りの世間話や、会社のことなどを話した。

(「きょうさ、おれちょっとしっぱいしたらさ、あのよこかわじょうしがまたすごくどなって・・・)

「今日さ、俺ちょっと失敗したらさ、あの横川上司がまたすごく怒鳴って・・・

(ちょっとおれへこんだよ・・・あははは」)

ちょっと俺凹んだよ・・・あははは」

(かれはすこしてれたにがわらいをしていた。)

彼は少し照れた苦笑いをしていた。

(わたしは)

私は

(「いやあ、こっかしけんとるのもきついよ~?きょうじゅういしのしけんうけたんだけどさ、)

「いやあ、国家試験取るのもきついよ〜?今日獣医師の試験受けたんだけどさ、

(かなりむずかしくて・・・うかるかどうかわからないなあ・・・へへ」)

かなり難しくて・・・受かるかどうかわからないなあ・・・へへ」

(そしたらかれが)

そしたら彼が

(「いや、だいじょうぶだよ。あたまのいいきみだから、ぜったいだいじょうぶ。」)

「いや、大丈夫だよ。頭のいい君だから、絶対大丈夫。」

(そんなかんじでれいのこうきゅうれすとらんへとうちゃくした。わたしはそのがいかんにみとれてしまった)

そんな感じで例の高級レストランへ到着した。私はその外観に見とれてしまった

(するとえんとらんすのところで、かれのりょうしんがでてきた。)

するとエントランスのところで、彼の両親が出てきた。

(「おお、あなたがうちのこのかのじょさんですね。よろしくおねがいします・・・」)

「おお、貴方がうちの子の彼女さんですね。よろしくお願いします・・・」

(わたしたちはふたりでわぎゅうすてーきとさっぱりしたさらだをたのんだ。)

私たちは二人で和牛ステーキとさっぱりしたサラダを頼んだ。

(そしてあかわいん。それにしゃんぱん。)

そして赤ワイン。それにシャンパン。

(わたしたちがしばらくしょくじしていると、かれが)

私たちがしばらく食事していると、彼が

(「おどろかないでうけとってほしい。」)

「驚かないで受け取ってほしい。」

(というものだから、わたしはうなずいた。)

というものだから、私は頷いた。

(「ぼくと・・・けっこんしてください!」)

「僕と・・・結婚してください!」

(というとかなりおおきいだいやのゆびわがくろいちいさなはこのなかからでてきた。)

というとかなり大きいダイヤの指輪が黒い小さな箱の中から出てきた。

(わたしはうれしくて、うれしくて、うれしくてたまらなかった。)

私は嬉しくて、嬉しくて、嬉しくてたまらなかった。

(「ええ、もちろん!」)

「ええ、もちろん!」

(というと、ゆびわをうけとった。)

というと、指輪を受け取った。

(そして、わたしたちははれてけっこんしたということです!)

そして、私たちは晴れて結婚したということです!

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

背黄青鸚哥★投稿停止中★のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード