タイプウェル国語R/K〔慣用句・ことわざ〕1/4

スポンサーリンク
投稿者kouy プレイ回数128 順位6616位 お気に入り2
ミス打鍵したキーを確認できるマイタイピングでタイプウェル練習!
https://typing.twi1.me/bookmark/id/13601 タイプウェル練習
https://typing.twi1.me/game/91013 〔基本常用語〕1/3
https://typing.twi1.me/game/91435 〔基本常用語〕2/3
https://typing.twi1.me/game/91437 〔基本常用語〕3/3
https://typing.twi1.me/game/91438 〔カタカナ語〕1/6
https://typing.twi1.me/game/91440 〔カタカナ語〕2/6
https://typing.twi1.me/game/91441 〔カタカナ語〕3/6
https://typing.twi1.me/game/91442 〔カタカナ語〕4/6
https://typing.twi1.me/game/91443 〔カタカナ語〕5/6
https://typing.twi1.me/game/91444 〔カタカナ語〕6/6
https://typing.twi1.me/game/91453 〔漢字〕1/4
https://typing.twi1.me/game/91454 〔漢字〕2/4
https://typing.twi1.me/game/91457 〔漢字〕3/4
https://typing.twi1.me/game/91461 〔漢字〕4/4
https://typing.twi1.me/game/91462 〔慣用句・ことわざ〕1/4
https://typing.twi1.me/game/91466 〔慣用句・ことわざ〕2/4
https://typing.twi1.me/game/91467 〔慣用句・ことわざ〕3/4
https://typing.twi1.me/game/91468 〔慣用句・ことわざ〕4/4

関連タイピング

漢検準1級 特訓その1

漢検準1級 特訓その1

毎日コツコツ漢検の勉強

プレイ回数1080
976打
1月のタイピング

1月のタイピング

1分間練習

プレイ回数1102
長文60秒
50音を覚えた方へ

50音を覚えた方へ

濁音 半濁音 拗音などの練習です。

プレイ回数1018
かな120秒
長文タイピング

長文タイピング

長文タイピング

プレイ回数829347
60秒
人名タイピング

人名タイピング

データー入力業務初心者用。ニホンジンのありがちな氏名で練習しよう

プレイ回数9780
かな1247打
乃木坂46 曲名集1

乃木坂46 曲名集1

乃木坂46全楽曲の曲名タイピング1です。

プレイ回数2033
120秒

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(もんこをひらく おくびにもださない いろめがねでみる こしがひくい きげんをそこねる)

門戸を開く おくびにも出さない 色眼鏡で見る 腰が低い 機嫌を損ねる

(ちからにあまる ほおがゆるむ こころをかたむける ねこをかぶる はだかいっかん ろめいをつなぐ)

力に余る 頬がゆるむ 心を傾ける 猫をかぶる 裸一貫 露命をつなぐ

(ばかのひとつおぼえ さいげつひとをまたず いきたここちもしない あみのめをくぐる)

馬鹿の一つ覚え 歳月人を待たず 生きた心地もしない 網の目を潜る

(しらべがつく なくこもだまる いのちをけずる つぶがそろう きんせんにふれる)

調べがつく 泣く子も黙る 命を削る 粒が揃う 琴線に触れる

(ないちえをしぼる むねをはる めもあてられない かぜあたりがつよい みじんもない)

無い知恵を絞る 胸を張る 目も当てられない 風当たりが強い 微塵もない

(はないきがあらい あしでまといになる ようりょうがいい てにあせをにぎる ぐちをこぼす)

鼻息が荒い 足手まといになる 要領がいい 手に汗を握る 愚痴をこぼす

(きをつける あしをふみいれる かおがほころぶ けじめをつける)

気を付ける 足を踏み入れる 顔がほころぶ けじめをつける

(てつはあついうちにうて めをこらす はりのむしろ はなもちならない わらにもすがる)

鉄は熱い内に打て 目を凝らす 針のむしろ 鼻持ちならない 藁にもすがる

(いいつらのかわ ゆみずのように あしのふみばもない かおがひろい しろいめでみる)

いい面の皮 湯水のように 足の踏み場もない 顔が広い 白い目で見る

(つるのひとこえ つくえをならべる ながいめでみる なしのつぶて ぜいにくをおとす)

鶴の一声 机を並べる 長い目で見る 梨のつぶて 贅肉を落とす

(さんにんよればもんじゅのちえ しきいがたかい たちうちできない いきをひきとる)

三人寄れば文殊の知恵 敷居が高い 太刀打ちできない 息を引き取る

(はだみはなさず きちにとむ ひをみるよりあきらか しっぺがえしをする ほぞをかむ)

肌身離さず 機知に富む 火を見るより明らか しっぺ返しをする 臍を噛む

(おくれをとる いやというほど とっぴょうしもない うしろゆびをさされる さいはいをふる)

後れを取る 嫌というほど 突拍子もない 後ろ指を指される 采配を振る

(みみをうたがう こえをころす てんびんにかける うどのたいぼく かちをひろう のぞみをたくす)

耳を疑う 声を殺す 天秤にかける 独活の大木 勝ちを拾う 望みを託す

(げんがわるい あしげにする にらみがきく くるしいときのかみだのみ みみにはいる)

験が悪い 足蹴にする 睨みが利く 苦しいときの神頼み 耳に入る

(かねをねかす べすとをつくす みをこにする かげもかたちもない はんきをひるがえす)

金を寝かす ベストを尽くす 身を粉にする 影も形もない 反旗を翻す

(ひとめをはばかる からだがつづく はらがくろい あいづちをうつ やきがまわる)

人目をはばかる 体が続く 腹が黒い 相槌を打つ 焼きが回る

(ねこのてもかりたい たもとをわかつ ふこうちゅうのさいわい ろれつがまわらない てがとどく)

猫の手も借りたい 袂を分かつ 不幸中の幸い ろれつが回らない 手が届く

(おそきにしっする かいしょうがない こうさいをはなつ おしゃかになる めくじらをたてる)

遅きに失する 甲斐性がない 光彩を放つ お釈迦になる 目くじらを立てる

(ふくせんをはる いきをひそめる りょうばのつるぎ とどのつまり ごうにいってはごうにしたがえ)

伏線を張る 息を潜める 両刃の剣 とどのつまり 郷に入っては郷に従え

など

(おうじょうぎわがわるい かげでいとをひく ふもんにふす ひとはみかけによらぬもの)

往生際が悪い 陰で糸を引く 不問に付す 人は見かけによらぬもの

(あしかせになる あがきがとれない くちうらをあわせる たんせいをこめる)

足かせになる あがきが取れない 口裏を合わせる 丹精をこめる

(しょういをすててだいどうにつく いわずとしれた かおがくもる どじをふむ)

小異を捨てて大同につく 言わずと知れた 顔が曇る ドジを踏む

(でるところへでる あしもとにもおよばない ひやめしをくう しらぬがほとけ)

出る所へ出る 足下にも及ばない 冷飯を食う 知らぬが仏

(はじめよければおわりよし こころをよせる あたりさわりがない たちおうじょうする)

始めよければ終わりよし 心を寄せる 当たり障りがない 立往生する

(わざわいをてんじてふくとなす てあしとなる ひといきいれる のどからてがでる しょうそくをたつ)

禍を転じて福となす 手足となる 一息入れる 喉から手が出る 消息を絶つ

(みみをつんざく ばかにつけるくすりはない いちだんらくつく よわみにつけこむ)

耳をつんざく 馬鹿につける薬はない 一段落つく 弱みにつけ込む

(きゅうしょをつく うそでかためる あとさきになる かのなくようなこえ ななころびやおき)

急所を衝く 嘘で固める 後先になる 蚊の鳴くような声 七転び八起き

(こどもだまし あたまがまっしろになる たびのはじはかきすて きろにたつ いっとをたどる)

子どもだまし 頭が真っ白になる 旅の恥はかき捨て 岐路に立つ 一途を辿る

(ゆめがさめる ひのくるま てんぐになる もとがとれる あんうんがたれこめる)

夢が覚める 火の車 天狗になる 元が取れる 暗雲が垂れ込める

(あしをとられる かみもほとけもない おせっかいをやく わきがあまい わなにかける)

足を取られる 神も仏もない お節介をやく 脇が甘い 罠にかける

(まんざらでもない てつをふむ くさびをうちこむ すずめのなみだ しびれをきらす きをうしなう)

満更でもない 轍を踏む 楔を打ち込む 雀の涙 痺れを切らす 気を失う

(みもふたもない こころにきざむ つなわたりをする うごきがとれない せんざいいちぐう)

身もフタもない 心に刻む 綱渡りをする 動きが取れない 千載一遇

(きりふだをだす いちげいはみちにつうずる へたのよこずき ちょうしにのる いのちをかける)

切り札を出す 一芸は道に通ずる 下手の横好き 調子に乗る 命を懸ける

(きをわるくする つきがまわる おきゅうをすえる じゅっちゅうにおちいる こころにやきつける)

気を悪くする ツキが回る お灸を据える 術中に陥る 心に焼きつける

(ほちょうをあわせる ゆめをたくす あまりものにはふくがある いさぎよしとしない きゅうばをしのぐ)

歩調を合わせる 夢を託す 余り物には福がある 潔しとしない 急場をしのぐ

(ちをわける けっそうをかえる ぴっちがあがる みみをそろえる ひざがわらう)

血を分ける 血相を変える ピッチが上がる 耳を揃える 膝が笑う

(けがのこうみょう しのぎをけずる めじりをさげる かざかみにおけない あたまがあがらない)

怪我の功名 しのぎを削る 目尻を下げる 風上に置けない 頭が上がらない

(きたきりすずめ かどがとれる ほんねをはく まがりかど しっぽをつかむ こころにうかぶ)

着たきり雀 角が取れる 本音を吐く 曲り角 尻尾をつかむ 心に浮かぶ

(くげんをていする こえをからす はらわたがにえくりかえる さんじゅうろっけいにげるにしかず)

苦言を呈する 声をからす 腸が煮え繰り返る 三十六計逃げるに如かず

(はらのむしがおさまらない よだんをゆるさない ごしにあまる ちょうしをあわせる)

腹の虫が治まらない 予断を許さない 五指に余る 調子を合わせる

(かたいれをする いろをつける あたまがおもい かおからひがでる まるくおさめる)

肩入れをする 色をつける 頭が重い 顔から火が出る 丸く収める

(えんぎでもない しんにせまる つばをつける いをとなえる すみにおけない いろめをつかう)

縁起でもない 真に迫る 唾をつける 異を唱える 隅に置けない 色目を使う

(さとりをひらく こえがつぶれる みをまかせる はだをゆるす どきょうをすえる ことをかまえる)

悟りを開く 声がつぶれる 身を任せる 肌を許す 度胸を据える 事を構える

(びくともしない きをしずめる おおきなおせわ むねがいたむ ことばをつくす)

びくともしない 気を静める 大きなお世話 胸が痛む 言葉を尽くす

(いぬもあるけばぼうにあたる べそをかく しんけいがふとい げいはみをたすける めのくすり)

犬も歩けば棒に当たる べそをかく 神経が太い 芸は身を助ける 目の薬

(くちをわる けんもほろろ かめんをかぶる むねがいっぱいになる ひょうたんからこまがでる)

口を割る けんもほろろ 仮面をかぶる 胸が一杯になる 瓢箪から駒が出る

(ちのけがひく いっせいをふうびする さいさきがいい いしのうえにもさんねん さじをなげる)

血の気が引く 一世を風靡する 幸先がいい 石の上にも三年 さじを投げる

(るすをあずかる おなじかまのめしをくう てをゆるめる おやすいごよう けたがはずれる)

留守を預かる 同じ釜の飯を食う 手を緩める お安い御用 桁が外れる

(むだぼねをおる しりうまにのる ちゅうもんをつける かんばんにきずがつく あとあじがわるい)

無駄骨を折る 尻馬に乗る 注文をつける 看板に傷がつく 後味が悪い

(よりをもどす うだつがあがらない かたをもつ あげしおにのる くびをくくる)

よりを戻す うだつが上がらない 肩を持つ 上げ潮に乗る 首をくくる

(うつつをぬかす かぜのふきまわし いきをころす けいきをつける はらをわる)

うつつをぬかす 風の吹き回し 息を殺す 景気をつける 腹を割る

(はをくいしばる しっぽをふる あいきょうをふりまく はらをさぐる)

歯を食いしばる 尻尾を振る 愛敬を振りまく 腹を探る

(うそつきはどろぼうのはじまり おもいもよらない こえをたてる はなしがはずむ)

嘘つきは泥棒の始まり 思いも寄らない 声を立てる 話が弾む

(こうぼうふでをえらばず きにくわない なんでもあり めにもとまらぬ めをまるくする)

弘法筆を選ばず 気に食わない 何でもあり 目にも留まらぬ 目を丸くする

(おおだいにのる だしにする おかまをほる はんをかさねる よくがふかい おおきなかおをする)

大台に乗る ダシにする お釜を掘る 版を重ねる 欲が深い 大きな顔をする

(かざあなをあける くちがへらない ぬれぎぬをきる ふんだりけったり ひきもきらず)

風穴をあける 口が減らない 濡れ衣を着る 踏んだり蹴ったり 引きも切らず

(のどもとすぎればあつさをわすれる きをゆるめる いんねんをつける くちがかたい みをていする)

喉元過ぎれば熱さを忘れる 気を緩める 因縁をつける 口が堅い 身を挺する

(そじょうにのせる あしをひっぱる むしずがはしる おやのこころこしらず こえをひそめる)

俎上に載せる 足を引っ張る 虫酸が走る 親の心子知らず 声を潜める

(きがとおくなる ゆびをくわえる かたいじをはる ひくてあまた きばくざいになる)

気が遠くなる 指をくわえる 片意地を張る 引く手あまた 起爆剤になる

(めをはなす かたでいきをする みのけがよだつ はねをのばす)

目を離す 肩で息をする 身の毛がよだつ 羽を伸ばす

(あたらずといえどもとおからず ものはためし はなしがわかる きせいをあげる)

中らずといえども遠からず 物は試し 話がわかる 気勢を上げる

(おひれをつける ひきがねになる くちがすっぱくなる めんぼくがつぶれる したがまわる)

尾鰭をつける 引金になる 口が酸っぱくなる 面目がつぶれる 舌が回る

(あたまをつっこむ あくがぬける みをつくす めをひからす のりかかったふね)

頭を突っ込む アクが抜ける 身を尽くす 目を光らす 乗りかかった船

(どくをくらわばさらまで びょうよみにはいる しりきれとんぼ かねまわりがいい めがすわる)

毒を食わば皿まで 秒読みに入る 尻切れ蜻蛉 金回りがいい 目が据わる

(こころをうつ きのみきのまま ずつうのたね めがしらをおさえる みちをひらく)

心を打つ 着の身着のまま 頭痛の種 目頭を押さえる 道を開く

(きがすすまない ぼけつをほる かげをおとす げきりんにふれる ならうよりなれろ)

気が進まない 墓穴を掘る 影を落とす 逆鱗に触れる 習うより慣れろ

(はきけをもよおす なかにたつ ひだりうちわ りょうやくくちににがし かぜのたより るいはともをよぶ)

吐き気を催す 仲に立つ 左団扇 良薬口に苦し 風の便り 類は友を呼ぶ

(わたるせけんにおにはない とばっちりをくう なにくわぬかお にてもやいてもくえぬ)

渡る世間に鬼はない とばっちりを食う 何食わぬ顔 煮ても焼いても食えぬ

(ごきげんをうかがう めりはりをつける いきをふきかえす かおにどろをぬる あうんのこきゅう)

ご機嫌を伺う メリハリをつける 息を吹き返す 顔に泥を塗る あうんの呼吸

(どろをかぶる かくしんをつく おりにふれて こころがかよう あたまでっかち いかりをかう)

泥をかぶる 核心を衝く 折に触れて 心が通う 頭でっかち 怒りを買う

(ふうぜんのともしび だいはしょうをかねる いきがあがる めどがつく うなぎのねどこ)

風前の灯火 大は小を兼ねる 意気が揚がる 目処がつく 鰻の寝床

(ないてもわらっても にたりよったり くびをひねる もののみごとに こけんにかかわる)

泣いても笑っても 似たり寄ったり 首をひねる 物の見事に 沽券にかかわる

(ひとすじなわではいかない あばたもえくぼ かおをつなぐ よつにくむ ちからになる)

一筋縄ではいかない 痘痕もえくぼ 顔をつなぐ 四つに組む 力になる

(せけんがひろい どくをもってどくをせいす しりをまくる めいじつともに あますところなく)

世間が広い 毒を以て毒を制す 尻をまくる 名実共に 余す所なく

(いっしょうにふす あつものにこりてなますをふく あすはわがみ えんぎをかつぐ むなくそがわるい)

一笑に付す 羹に懲りて膾を吹く 明日は我が身 縁起を担ぐ 胸クソが悪い

(すねをかじる なきにしもあらず てがふさがる じかんをかせぐ かっこうをつける)

すねをかじる 無きにしも非ず 手が塞がる 時間を稼ぐ 格好をつける

(あじをしめる わをかける しょしんわするべからず かねがものをいう おとこがさがる)

味をしめる 輪をかける 初心忘るべからず 金が物を言う 男が下がる

(まきぞえをくう くちをとざす いきがかかる がしんしょうたん ほねがおれる)

巻添えを食う 口を閉ざす 息がかかる 臥薪嘗胆 骨が折れる

(めからひがでる かりをかえす しめしがつかない ちのけがおおい)

目から火が出る 借りを返す 示しがつかない 血の気が多い

(うでによりをかける うけにまわる すじをとおす かおがつぶれる わんりょくにうったえる)

腕によりをかける 受けに回る 筋を通す 顔がつぶれる 腕力に訴える

(うらをかえせば ふんどしをしめる ばとんをわたす またにかける あとのまつり あすにそなえる)

裏を返せば 褌を締める バトンを渡す 股にかける 後の祭り 明日に備える

(かたをならべる しゆうをけっする なみかぜをたてる こうぼうもふでのあやまり ひたいにあせする)

肩を並べる 雌雄を決する 波風を立てる 弘法も筆の誤り 額に汗する

(にそくさんもん ひゃくもしょうち にげるがかち くぎづけになる かおをしかめる やぶからぼう)

二束三文 百も承知 逃げるが勝ち 釘付けになる 顔をしかめる 藪から棒

(きがきでない くふうをこらす やせのおおぐい しゅうしふをうつ はっぱをかける)

気が気でない 工夫を凝らす 痩せの大食い 終止符を打つ 発破をかける

(きもをひやす ひぶたをきる めにものみせる なまつばをのみこむ ごまをする)

肝を冷やす 火蓋を切る 目に物見せる 生唾を飲み込む ゴマをする

(ひとはたあげる にのあしをふむ かげぐちをたたく みをこがす てをくわえる こえをしぼる)

一旗揚げる 二の足を踏む 陰口を叩く 身を焦がす 手を加える 声を絞る

(ないものねだり したつづみをうつ いろがあせる からだをこわす あらをさがす うすきみわるい)

無い物ねだり 舌鼓を打つ 色が褪せる 体を壊す アラを探す 薄気味悪い

(のべつまくなし なにがなんでも こしをぬかす うきあしだつ おもいをよせる ひかりがあたる)

のべつ幕なし 何が何でも 腰を抜かす 浮足立つ 思いを寄せる 光が当たる

(ほねをうずめる たにんのめしをくう あたまがふるい くちがわるい おもいをこがす はじをしれ)

骨を埋める 他人の飯を食う 頭が古い 口が悪い 思いを焦がす 恥を知れ

(しらみつぶしに みちくさをくう きがとがめる きをいつにする おんぶにだっこ)

虱つぶしに 道草を食う 気が咎める 軌を一にする おんぶに抱っこ

(くちがさけても なをのこす ぼつにする きゅうしにいっしょうをえる てにてをとる)

口が裂けても 名を残す ボツにする 九死に一生を得る 手に手を取る

(あたいせんきん くろこにてっする たざんのいし こころをいれかえる かおをたてる いっこくをあらそう)

値千金 黒子に徹する 他山の石 心を入れ替える 顔を立てる 一刻を争う

(うまいしるをすう まるくなる かんばんをかかげる ほこさきをむける なたをふるう)

旨い汁を吸う 丸くなる 看板を掲げる 矛先を向ける なたを振るう

(さくをろうする みみにのこる こうかいさきにたたず ととうをくむ まくらをたかくする)

策を弄する 耳に残る 後悔先に立たず 徒党を組む 枕を高くする

(しんけいをうたがう いっこうをようする せをむける おはらいばこにする はばをきかせる)

神経を疑う 一考を要する 背を向ける お払い箱にする 幅を利かせる

(きがふさぐ はぐるまがかみあう おやはなくともこはそだつ したがもつれる やぶへびになる)

気が塞ぐ 歯車が噛み合う 親はなくとも子は育つ 舌がもつれる 薮蛇になる

(きがひける いうはやすしおこなうはかたし はもんをひろげる あしなみがそろう)

気が引ける 言うは易し行うは難し 波紋を広げる 足並みが揃う

(したのねがかわかぬうちに からだでおぼえる せんどうおおくしてふねやまにのぼる)

舌の根が乾かぬうちに 体で覚える 船頭多くして船山に上る

(あとはのとなれやまとなれ あたまがさがる おぼれるものはわらをもつかむ こういんやのごとし)

後は野となれ山となれ 頭が下がる 溺れる者は藁をも掴む 光陰矢の如し

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。

kouyのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード