酸素の海

投稿者銀次郎プレイ回数199
楽曲情報 酸素の海  GUMI  作詞伊東 歌詞太郎  作曲伊東 歌詞太郎
難易度(3.3) 60秒 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ 伊東歌詞太郎 GUMI 歌詞 レフティモンスターP たるとP
酸素の海 / 伊東歌詞太郎
伊東歌詞太郎オリジナル楽曲「酸素の海」です。
※このタイピングは「酸素の海」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かっこわるいぼくだからあたまがわるいぼくだから)

カッコ悪い僕だから 頭が悪い僕だから

(ゆうきなんてないからじぶんをせめた)

勇気なんてないから 自分を責めた

(このままいっそひとりでだれにもきづかれないで)

このままいっそ一人で 誰にも気づかれないで

(さんそのうみにおぼれたい)

酸素の海に溺れたい

(つくえのうえのきいろいはなはきれいだとおもいこんでいた)

机の上の黄色い花はキレイだと思い込んでいた

(じぶんだけのばしょでうずくまってつぎのちゃいむまちわびた)

自分だけの場所でうずくまって 次のチャイム待ちわびた

(こわしてしまいこんだたいせつなものだけ)

壊してしまいこんだ 大切なものだけ

(こわされるよりまえになくしたもの)

壊されるより前に 失くしたもの

(ことばえがおうそだれかをしんじること)

言葉 笑顔 嘘 誰かを信じること

(はねのないぼくはそらをみてた)

羽のない僕は 空を見てた

(すりへったこころではいつだってこわいから)

すり減った心では いつだって怖いから

(こどくがすきだなんてうそをついて)

孤独が好きだなんて 嘘をついて

(ほんとうはしっていたこのままじゃもっとつらいや)

本当は知っていた このままじゃもっと辛いや

(からっぽのまんますごしてたまいにち)

空っぽのまんま 過ごしてた毎日

(いいのがれしてどこかとおくなったぼくのしってたじぶんを)

言い逃れしてどこか遠くなった 僕の知ってた自分を

(みつけだしてはなしかけてみたいなおとなになるそのまえに)

見つけ出して 話しかけてみたいな 大人になるその前に

(こわしてしまいこんだたいせつなものたち)

壊してしまいこんだ 大切なものたち

(かけらをあつめてみたもういちど)

かけらを集めてみた もう一度

(もとどおりなんてぜったいならないけどいいんだ)

元通りなんて絶対ならないけどいいんだ

(ぼくだけのものにかわりないから)

僕だけのものに変わりないから

(もうじゅうぶんだこんないたいおもいは)

もう十分だ こんな痛い思いは

(だれもきずつけないとぼくにやくそくをした)

誰も傷つけないと僕に約束をした

(こわしてしまいこんだたいせつなものたち)

壊してしまいこんだ 大切なものたち

(かけらをあつめてみたもういちど)

かけらを集めてみた もう一度

(もとどおりなんてぜったいならなくていいから)

元通りなんて絶対ならなくていいから

(いまのじぶんしんじてみよう)

今の自分信じてみよう

(よわくなんてないきみはとてもつよいひとなんだ)

弱くなんてない君は とても強い人なんだ

(きょうまでいきてきたでしょうひとりきりで)

今日まで生きてきたでしょう ひとりきりで

(なみだをながすたびやさしくなれただろう)

涙を流すたび 優しくなれただろう

(もうきみはひとりじゃないぼくがうたうよ)

もう君はひとりじゃない 僕が歌うよ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!