ぼくのほそ道

投稿者銀次郎プレイ回数398
楽曲情報 ぼくのほそ道  伊東 歌詞太郎  作詞伊東 歌詞太郎  作曲みきとP
難易度(3.5) 869打 歌詞 長文モード可タグ伊東歌詞太郎 歌詞 音楽 二律背反 みきとP
ぼくのほそ道 / 伊東歌詞太郎
伊東歌詞太郎2ndアルバム「二律背反」収録「ぼくのほそ道」です。
※このタイピングは「ぼくのほそ道」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あいたいなふらりとたびにでよう)

会いたいな ふらりと旅に出よう

(おっとあぶないねかめんがはずれそう)

おっと危ないね 仮面が外れそう

(きみにしかみせないよぼくのほんとうのかおは)

君にしか見せないよ 僕の本当の顔は

(じょうだんをとばしながらいこう)

冗談を飛ばしながらいこう

(おっとあぶないねとばせばつかまるぞ)

おっと危ないね 飛ばせば捕まるぞ

(かぜとともにいつかはたどりつけるきがした)

風と共にいつかはたどり着ける気がした

(こうしてiknowyouknow)

こうしてI Know You Know

(しってぼくらはゆらりゆらりいくよ)

知って僕らはゆらりゆらり行くよ

(そうやみさきかぜがつよいそれでもうたった)

宗谷岬風が強い それでも歌った

(そしていつかきっとときがたてばすこしずついろあせ)

そしていつかきっと時が経てば少しずつ色褪せ

(せぴあにそまってわらおう)

セピアに染まって笑おう

(さいせんたんぼくらのじだいでは)

最先端 僕らの時代では

(いっそさいせいたんはてるまでだきあおう)

いっそ最西端 ハテルマで抱き合おう

(はじのおおいしょうがいだかきすてていけたら)

恥の多い生涯だ かき捨てていけたら

(うまれたときぼくらはすでにたびにでてた)

生まれたとき僕らはすでに旅に出てた

(どうやったってあいのさいのう)

どうやったって愛の才能

(みつからないからふらりふらりいくよ)

見つからないからふらりふらり行くよ

(よなぐにはたいわんまでてをつなげそうだ)

与那国は台湾まで手を繋げそうだ

(そしてもっともっとぼくらはのさっぷみさきをこえて)

そしてもっともっと僕らは納沙布岬を越えて

(まいごになってわらおう)

迷子になって笑おう

(つわものもゆめにきえて)

つわものも夢に消えて

(まつしまのつきもくもって)

松島の月も雲って

(つれづれにならないじんせい)

つれづれにならない人生

(だからこそたびはたのしい)

だからこそ旅は楽しい

(ぼくはなんでこんなちにあしつけずふらふらしてるの)

僕は何でこんな地に足着けずふらふらしてるの

(いえのなかねこたちだけまちつづけてる)

家の中猫たちだけ待ち続けてる

(そうだやっとみえてきたぞたびにでるりゆうがほら)

そうだやっと見えてきたぞ 旅に出る理由がほら

(きみにあえるならしあわせ)

君に会えるなら幸せ

(もうにどといわない)

もう二度と言わない

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!