要約タイピング

投稿者nbaプレイ回数204
難易度(5.0) 60秒 長文

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ようやくりょくあっぷのために「きょうかのきほんげんそく」をみにつけよう)

要約力アップのために「強化の基本原則」を身に付けよう

(ようやくりょくは、いしきのもちようでだれもがみにつけられるもの。)

要約力は、意識の持ちようで誰もが身に付けられるもの。

(じぶんなりの「ふぃるたー」をとおすことをわすれない。)

自分なりの「フィルター」を通すことをわすれない。

(ようやくじょうほうは、さいしょにきおくありきではない。)

要約情報は、最初に記憶ありきではない。

(つねにろんきょにめをひからせるしこうしゅうかんをもつ。)

常に論拠に目を光らせる思考習慣を持つ。

(ようやくりょくのあっぷに、ひょうろんかせいしんはかかせない。)

要約力のアップに、評論家精神は欠かせない。

(ふくすうのじょうほうをかんれんづけることによってようやくりょくはきょうかされる。)

複数の情報を関連付けることによって要約力は強化される。

(はいけいをとらえるしこうしゅうかんをみにつけよう。)

背景をとらえる思考習慣を身につけよう。

(ようやくりょくにかかせないずかいはっそう)

要約力に欠かせない図解発想

(「ぶんせきーかせつーけんしょうーしゅうせい」をつねにくりかえす。)

「分析ー仮設ー検証ー修正」を常に繰り返す。

(ようやくじょうほうを「めたにんち」でみつめなおしてみる。)

要約情報を「メタ認知」で見つめ直してみる。

(すきーまにふりまわせると、「ようやく」もゆがんでしまう。)

スキーマに振り回せると、「要約」も歪んでしまう。

(しんぶんざっしてれびetc。めでぃあじょうほうのてきかくようやくじゅつ)

新聞・雑誌・テレビETC。メディア情報の的確要約術

(「すてる」ことがぽいんとになるしんぶんきじのようやく)

「捨てる」ことがポイントになる新聞記事の要約

(しゅうかんしよりも、そうごうげっかんしのほうがようやくりょくのくんれんになる)

週刊誌よりも、総合月刊誌のほうが要約力の訓練になる

(しょせきのじょうほうのようやくにかかせない「いちぶじゅくどくほう」)

書籍の情報の要約に欠かせない「一部熟読法」

(もくじでじょうほうをみきわめるときは「かだいひょうげん」にようちゅうい)

目次で情報を見極めるときは「過大表現」に要注意

(ようやくずのうをつくるための「ようやくれぽーと」すすめ)

要約頭脳を作るための「要約レポート」ススメ

(ようやくじょうほうのそーすとしての「らじおのちから」)

要約情報のソースとしての「ラジオの力」

(てれびじょうほうのかつようでわすれてはいけない「ひひょうがん」)

テレビ情報の活用で忘れてはいけない「批評眼」

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!