36℃ / flumpool

投稿者kanoプレイ回数84
楽曲情報 36℃  flumpool  作詞山村 隆太  作曲山村 隆太
難易度(3.3) 806打 歌詞 長文モード可タグ36℃ flumpool フランプール 歌詞 音楽
※このタイピングは「36℃」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いきづかいひとつさえいとしい)

息遣いひとつさえ愛しい

(すべてのとけいのはりをとめたいほどに)

すべての時計の針を止めたいほどに

(おなじもうふにくるまって)

同じ毛布に包(くる)まって

(このまちのこのちいさなへやのすみで)

この街の この小さな部屋の隅で

(まどをうつあめはやまないそぶり)

窓を打つ雨は 止まない素振り

(なのにさきみのぬくもりだけでこのむねにひはのぼる)

なのにさ君の体温(ぬくもり)だけで この胸に太陽(ひ)は昇る

(そっとだきしめてきずまであたためあって)

そっと抱きしめて 傷まで温めあって

(36どのおもいかさねあわせ)

36℃の熱情(おもい)重ね合わせ

(けっしてはなさないどんなにひきさかれたって)

決して離さない どんなに引き裂かれたって

(ずっとこころのおくにはきみしかいない)

ずっと心の奥には君しかいない

(めをとじてほらふれてゆめじゃないあい)

目を閉じてほら 触れて 夢じゃない愛

(あめがあがったらでかけよう)

雨が上がったら出掛けよう

(ふたりならみらいがけしきをひらく)

ふたりなら未来が景色を拓く

(わけもなくないてすれちがって)

理由(わけ)もなく泣いてすれ違って

(わすれようとしたいくつものよるをこえていまここにいる)

忘れようとしたいくつもの夜を 超えていま此処にいる

(かぜがふくはるうちつけるゆうだちのなつ)

風が吹く春 打ちつける夕立の夏

(であったおもいでのあきよりそったふゆ)

出会った思い出の秋 寄り添った冬

(いつもさがしてたちいさなそのせなかだけ)

いつも探してた ちいさなその背中だけ

(なんどめぐってもここにしかいばしょなんてない)

何度巡っても 此処にしか居場所なんてない

(うまれたいみをくれたきみというゆめ)

生まれた意味をくれた 君という夢

(もういちど)

…もう一度

(そっとだきしめてきずまであたためあって)

そっと抱きしめて 傷まで温めあって

(36どのおもいかさねあわせ)

36℃の熱情(おもい)重ね合わせ

(けっしてはなさないどんなにひきさかれたって)

決して離さないどんなに引き裂かれたって

(ずっとこころのおくにはきみしかいない)

ずっと心の奥には君しかいない

(めをとじてほらふれてゆめじゃないあい)

目を閉じてほら 触れて 夢じゃない愛

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

kanoのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971