惹きつける話し方

投稿者あんきち@飛田自粛 プレイ回数4002
難易度(5.0) 5297打 長文 タグ話し方 学習 長文
面白い話ができるようになる?!
人を惹きつける話ができるようになります
訂正箇所があったらコメントで教えてください!
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 nash 8645 8.7 98.6% 603.2 5288 73 85 2020/04/24
2 ちりん 7649 7.7 98.2% 674.7 5255 94 85 2020/05/07
3 sazare 7038 7.2 97.3% 721.6 5219 140 85 2020/04/17
4 bobby 7013 7.2 97.3% 722.6 5212 144 85 2020/04/16
5 atata 6984 S++ 7.2 96.3% 718.3 5212 195 85 2020/04/18

関連タイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングをいくら練習しても上手にならないスランプな人へ

プレイ回数750156
長文826打
あいうえお早打ち

あいうえお早打ち

速ければ速いほど強い世界

プレイ回数1732600
短文かな87打
米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数831140
歌詞かな1119打
香水 瑛人

香水 瑛人

高橋瑛人 香水

プレイ回数16692
歌詞かな1071打
毎日やると上達する!!1

毎日やると上達する!!1

毎日やるとタイピングが早くなる!

プレイ回数17906
長文かな441打
都道府県タイピング

都道府県タイピング

何秒で全部打てるか挑戦してみよう!

プレイ回数1904078
短文かな298打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひとをひきつけるはなしかたができれば、)

人を惹きつける話し方ができれば、

(あなたのいんしょうやみりょく、えいきょうりょくをたかめることができます。)

あなたの印象や魅力、影響力を高めることができます。

(そうすれば、もてるようになったり)

そうすれば、モテるようになったり

(しごとにおいてもひとをうごかしやすくなりしゅうにゅうあっぷにもつながります。)

仕事においても人を動かしやすくなり収入アップにもつながります。

(さてほんだいにはいります。)

さて本題に入ります。

(ひとをひきつけるかぎはひげんごこみゅにけーしょんにあります。)

人を惹きつける鍵は非言語コミュニケーションにあります。

(わたしたちはふだんなにげなくひととかいわしていますが、)

私たちは普段何気なく人と会話していますが、

(ことばによるこみゅにけーしょんとそれいがいのこみゅにけーしょんを)

言葉によるコミュニケーションとそれ以外のコミュニケーションを

(くししていしそつうをしているのです。)

駆使して意思疎通をしているのです。

(そしてにんげんはひげんごのじょうほうのほうをゆうせんてきにうけとるようになっています。)

そして人間は非言語の情報の方を優先的に受け取るようになっています。

(ということは、あなたがひげんごをせんりゃくてきにりようすることができれば)

ということは、あなたが非言語を戦略的に利用することができれば

(それはつよいぶきとなるのです。ぐたいてきにひげんごがなにかというと)

それは強い武器となるのです。具体的に非言語が何かと言うと

(あいてのしかくにつたわるじぇすちゃー、ひょうじょう、ぼでぃらんげーじ)

相手の視覚に伝わるジェスチャー、表情、ボディランゲージ

(あいてのちょうかくにつたわるこえのとーん、はなすそくど、かんきゅう、まなどがあります。)

相手の聴覚に伝わる声のトーン、話す速度、緩急、間などがあります。

(おおきくわければ、あいてのめとみみにつたわるようにはなすことがこつということです。)

大きく分ければ、相手の目と耳に伝わるように話すことがコツということです。

(あめりかのこみゅにけーしょんがくしゃれいlばーどうぃすてるの)

アメリカのコミュニケーション学者レイ・L・バードウィステルの

(けんきゅうではにしゃかんのたいわではことばによるめっせーじはぜんたいじょうほうの35%にすぎず)

研究では二者間の対話では言葉によるメッセージは全体情報の35%に過ぎず

(のこりの65%はことばいがいのしゅだんによってつたえられるとのけっかがでています。)

残りの65%は言葉以外の手段によって伝えられるとの結果が出ています。

(つぎはしんりがくしゃなりにあんばでぃーとろばーとろーぜんたーるのじっけんです。)

次は心理学者ナリニ・アンバディ―とロバート・ローゼンタールの実験です。

(だいがくこうぎのおんせいのないただのえいぞうをひけんしゃにみせ、そのきょうじゅをひょうかさせました。)

大学講義の音声のないただの映像を被験者に見せ、その教授を評価させました。

など

(そのけっか、そこでのひょうかがたかいきょうじゅがおしえるせいとのせいせきはじっさいによかったのです)

その結果、そこでの評価が高い教授が教える生徒の成績は実際によかったのです

(もっともたかくひょうかされたきょうじゅが、おんせいなしのえいぞうでどのようににんしきされたかというと)

最も高く評価された教授が、音声なしの映像でどのように認識されたかというと

(よりらっかんてきで、じしんがあり、しはいてき、せっきょくてき、ねっしん、あたたかく、ゆうのう、しじてき)

より楽観的で、自信があり、支配的、積極的、熱心、暖かく、有能、支持的

(でありました。ひげんごというのはそれほどまでにおおきいえいきょうを)

でありました。非言語というのはそれほどまでに大きい影響を

(しゅういにあたえているのです。また、このけっかからはどのようにふるまうとしゅういの)

周囲に与えているのです。また、この結果からはどのように振る舞うと周囲の

(ひょうかがあがるのかもわかりますね。)

評価が上がるのかもわかりますね。

(だれがはなすのか、これはだいぜんていとしてじゅうようです。)

誰が話すのか、これは大前提として重要です。

(そのうえで、ぐたいてきにどうすればつよいえいきょうりょくをもつのかについてみていきます)

その上で、具体的にどうすれば強い影響力を持つのかについて見ていきます

(ひごろ、わたしたちはなにをはなすかや、どんなことばをえらぶかにいしきをむけることがおおく、)

日頃、私たちは何を話すかや、どんな言葉を選ぶかに意識を向けることが多く、

(はなすときのひょうじょうやしぐさ、こえのとーんなどのひげんごのぶぶんはおろそかにしがちです。)

話すときの表情や仕草、声のトーンなどの非言語の部分は疎かにしがちです。

(しかし、たいせつなことはあいてにじぶんのえいきょうをあたえることです。)

しかし、大切なことは相手に自分の影響を与えることです。

(えいきょうりょくがおおきいひとのはなしはおもしろく、ひきつけられるものがあります。)

影響力が大きい人の話は面白く、惹きつけられるものがあります。

(ぎゃくにえいきょうりょくのないひととは、つまらない、かげがうすいとかんじられてしまうのです。)

逆に影響力のない人とは、つまらない、影が薄いと感じられてしまうのです。

(えいきょうりょくとは、おおくのひとがあなたのはなしにみみをかたむけるようになる、すると)

影響力とは、多くの人があなたの話に耳を傾けるようになる、すると

(あなたにちゅうもくがあつまり、ひとがあつまり、そしてひとをうごかすことができるようになる)

あなたに注目が集まり、人が集まり、そして人を動かすことができるようになる

(そのちからをたかめることであなたのびじねすでのこみゅにけーしょんりょくもたかまります)

その力を高めることであなたのビジネスでのコミュニケーション力も高まります

(そして、このひとをひきつけるはなしかたのきーであるえいきょうりょくは、ひげんごで)

そして、この人を惹きつける話し方のキーである影響力は、非言語で

(たかめることがたいせつなのです。)

高めることが大切なのです。

(ぐたいてきには、えいきょうりょくとはひとをみちびくこと。)

具体的には、影響力とは人を導くこと。

(ほかにまきこむちから(きょうりょくしゃやさんどうしゃをふやすことができる))

他に、巻き込む力(協力者や賛同者を増やすことができる)

(こうしょうりょく、せっとくりょく、ていあんりょくなどがきーぽいんとです。)

交渉力、説得力、提案力などがキーポイントです。

(すぐれたはなしては、これらをさいげんするためにつぎのいめーじをひげんごであたえます。)

優れた話し手は、これらを再現するために次のイメージを非言語で与えます。

(らっかんてき、じしん、ばをしはいする、せっきょくせい、じょうねつ、あたたかさ、ゆうのうさ、さぽーとりょく)

楽観的、自信、場を支配する、積極性、情熱、暖かさ、有能さ、サポート力

(そのいめーじをあたえるために、まずはめぢからがたいせつです。)

そのイメージを与えるために、まずは目力が大切です。

(ひととはなすときにあいてのめをしっかりみることは「じしん」をあらわせます。)

人と話すときに相手の目をしっかり見ることは「自信」を表せます。

(またふくすうのひとのまえではなすときは、おおぜいをまんべんなくみたり)

また複数の人の前で話すときは、大勢を満遍なく見たり

(どこかくうちゅうをみるのではなく、だれかひとりとめをあわすようにし、)

どこか空中を見るのではなく、誰か一人と目を合わすようにし、

(はなしのくとうてんやくぎりなどでじゅんばんにみるあいてをかえてはなすとつたわりやすいです。)

話の句読点や区切りなどで順番に見る相手を変えて話すと伝わりやすいです。

(つぎに、こえのだいしょう、すぴーど、とーんについてです。)

次に、声の大小、スピード、トーンについてです。

(いとてきではないちいさなこえはじしんのなさをあらわします。じしんがないにんげんのはなしを)

意図的ではない小さな声は自信のなさを表します。自信がない人間の話を

(ひとはまずけいししやすいです。ことばをほきょうし、あなたのじしんやせっきょくせいを)

人はまず軽視しやすいです。言葉を補強し、あなたの自信や積極性を

(あぴーるしましょう。いとてきにこえにあくせんとをつけたりきいてほしいぶぶんを)

アピールしましょう。意図的に声にアクセントをつけたり聞いてほしい部分を

(きょうちょうしてはなすこともおすすめです。)

強調して話すこともオススメです。

(はなすはやさについては、はやくちだとぽじてぃぶでいきおいのあるいんしょうに、)

話す早さについては、早口だとポジティブで勢いのある印象に、

(ゆっくりはなすことでおもみやしんこくさをあぴーるできます。)

ゆっくり話すことで重みや深刻さをアピールできます。

(ふだんははやくちであかるいいんしょうにし、きいてほしいじゅうようなぶぶんをゆっくりはなすなど)

普段は早口で明るい印象にし、聞いてほしい重要な部分をゆっくり話すなど

(せんりゃくてきにつかえますね。)

戦略的に使えますね。

(こえのとーんについては、たかいとしたしみやすさ、ひくいとけんいやあんていかんといったいんしょう)

声のトーンについては、高いと親しみやすさ、低いと権威や安定感といった印象

(になり、ほんとうにつたえたいことをひくいこえにするなどつかえます。)

になり、本当に伝えたいことを低い声にするなど使えます。

(はなしにりんじょうかんがあると、ひとはあきずにきいてくれます。そのためには)

話に臨場感があると、人は飽きずに聞いてくれます。そのためには

(かんじょうひょうげんやえんぎがひつようです。つまりひょうげんりょくです。)

感情表現や演技が必要です。つまり表現力です。

(これはぱっしょんをもってはなすとしぜんについてきたりしますが、)

これはパッションを持って話すと自然についてきたりしますが、

(きたえるためにはもでりんぐというしゅほうもおすすめです。)

鍛えるためにはモデリングという手法もオススメです。

(ひとのはなしかたやしぐさ、ふるまいをまねることをいうのですが、)

人の話し方や仕草、振る舞いを真似ることを言うのですが、

(そのひとのようにはなしたいひとをなんにんかきめて、いいところだけまねするという)

その人のように話したい人を何人か決めて、いいところだけ真似するという

(れんしゅうがやくだちます。)

練習が役立ちます。

(あとはかおのひょうじょうもはなしのいんしょうをさゆうします。)

あとは顔の表情も話の印象を左右します。

(つらいはなしをしているのにわらってはなすと、ひとにはわらいばなしとしてうけとられたり)

辛い話をしているのに笑って話すと、人には笑い話として受け取られたり

(しますが、それをかつようするということです。)

しますが、それを活用するということです。

(ここでたいせつなことはあくまでしぜんなひょうじょうであること、はなしのないようといっちしていること)

ここで大切なことはあくまで自然な表情であること、話の内容と一致している事

(です。ここでふしぜんだと、あいてにふしんかんをいだかせることになるのでようちゅうい。)

です。ここで不自然だと、相手に不信感を抱かせることになるので要注意。

(かおのひょうじょうをあらわすのにはくちとめがたいせつです。)

顔の表情を表すのには口と目が大切です。

(けーたいのかおもじをみたらわかりますが、ほとんどめとくちでこうせいされています)

ケータイの顔文字を見たらわかりますが、ほとんど目と口で構成されています

(つぎはてのつかいかたです。たとえば、ふたつのけんで~とはなすときは、)

次は手の使い方です。例えば、二つの件で〜と話すときは、

(ゆびで2とひょうじするといんしょうにのこりやすいです。)

指で2と表示すると印象に残りやすいです。

(いんしょうにのこしたいわーどにはそこにあわせてみぶりてぶりをくわえるといいです。)

印象に残したいワードにはそこに合わせて身振り手振りを加えるといいです。

(さいごにおうようへんですが、あんかーをしょうかいします)

最後に応用編ですが、アンカーを紹介します

(あんかーとはにほんごで「いかり」のことです。)

アンカーとは日本語で「いかり」のことです。

(むかし、つうがくちゅうにきいていたおんがくをひさしぶりにきくとそのときのことをおもいだして)

昔、通学中に聞いていた音楽を久しぶりにきくとその時のことを思い出して

(なつかしくかんじたりします。それをこみゅにけーしょんにおうようしたのがあんかー。)

懐かしく感じたりします。それをコミュニケーションに応用したのがアンカー。

(たとえばあなたのくせがみみをさわることだとして、なにかいいじょうほうをいうたびに)

例えばあなたの癖が耳を触ることだとして、何かいい情報をいうたびに

(みみをさわるなどしていると、あなたのいんしょうじたいがよくなったりします。)

耳を触るなどしていると、あなたの印象自体が良くなったりします。

(これはぎゃくにわるくもおうようできるので、しっているだけできをつけることができます)

これは逆に悪くも応用できるので、知っているだけで気をつけることができます

(ぜひこれらをいかして、ひきこむはなしができるようになりたいですね。)

ぜひこれらを生かして、引き込む話ができるようになりたいですね。

(まずはじしんをもつことがたいせつなので、じぶんはできるっておもっていどみましょう。)

まずは自信を持つことが大切なので、自分はできるって思って挑みましょう。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。

あんきち@飛田自粛のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード