poco/まふまふ

投稿者シャロウプレイ回数138
楽曲情報 POCO  そらる&まふまふ  作詞そらる  作曲そらる
難易度(2.8) 861打 歌詞 かな 長文モード可タグまふまふ そらる poco アフターレインクエスト
少し
poco/まふまふ
作詞:そらる

誤字脱字あればコメントお願いします。
※このタイピングは「POCO」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(たとえばはれたひにはおかのうえにのぼって)

たとえば晴れた日には丘の上に登って

(そらをおよぐとりになったきがして)

空を泳ぐとりになった気がして

(あったかいかぜがからだをなでるよ)

あったかい風が体をなでるよ

(だからはれたひがぼくは)

だから晴れた日がボクは

(あめのひにはきのしたにねころんで)

雨の日には木の下に寝転んで

(したしたとおちるおとにつつまれて)

したしたと落ちる音に包まれて

(するとじかんがほどけてねむくなって)

すると時間が解けて眠くなって

(そんなあめのひもぼくはすきだった)

そんな雨の日もボクは好きだった

(そしてあめがさってせかいがかがやいて)

そして雨がさって世界が輝いて

(あらわれたかぜがひかってわらって)

洗われた風がひかって笑って

(そんなひがゆっくりとながれていて)

そんな日がゆっくりと流れていて

(ぼくはただそれたけでよかったんだ)

ボクはただそれたけでよかったんだ

(つもるおちばのなかくるまって)

積もる落ち葉の中くるまって

(すれるおとがはじけてくしゅって)

擦れる音がはじけてくしゅって

(まちがちらちらときらめいていて)

街がちらちらときらめいていて

(そんなよるのひもぼくはすきだった)

そんな夜の日もボクは好きだった

(たまにはらはらとふるゆきはうれしくって)

たまにはらはらと降る雪は嬉しくって

(しろいせかいのなかでひとりはしって)

白い世界の中でひとり走って

(みんなてをつないでわらってて)

みんな手を繋いで笑ってて

(きゅうにさむくてぼくはないてたんだ)

急に寒くてボクは泣いてたんだ

(そんなときにきみがぼくをみつけてくれて)

そんな時に君がボクを見つけてくれて

(あらわれたきみはやわらかくてあたたかくて)

現れた君はやわらかくて暖かくて

(こんなひがふしぎでしんじられなくって)

こんな日が不思議で信じられなくって

(だけどむねのおくがずっとあたたかいんだ)

だけど胸の奥がずっと暖かいんだ

(たとえばはれたひにはおかのうえにのぼって)

たとえば晴れた日には丘の上に登って

(そらをおよぐとりになったきがして)

空を泳ぐとりになった気がして

(きみがいるのうれしくってしっぽふって)

君がいるの嬉しくってしっぽふって

(だからはれたひがぼくは)

だから晴れた日がボクは

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!