闇を暴け

投稿者れぐるすプレイ回数18
楽曲情報 闇を暴け  LUNKHEAD  作詞小高 芳太朗  作曲小高 芳太朗
難易度(2.6) 643打 歌詞 かな 長文モード可タグ闇を暴け LUNKHEAD ランクヘッド 小高芳太朗
闇を暴け / LUNKHEAD
※このタイピングは「闇を暴け」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(てのひらすかしてみた)

手のひら透かして見た

(おもくもかるくもないな)

重くも軽くもないな

(いのちのおとがする)

命の音がする

(ごりょうかくのよいぞらはすいこまれてしまいそうだ)

五稜郭の宵空は吸い込まれてしまいそうだ

(このてのふるえがとまる)

この手の震えが止まる

(あけていくそらのいろはぐんじょうにそまる)

明けていく空の色は群青に染まる

(さいしょでさいごのよあけに)

最初で最後の夜明けに

(いきているいみをとう)

生きている意味を問う

(にぎりしめたみぎてよぞらにつきあげる)

握りしめた右手 夜空に突き上げる

(あなたをだきしめた)

あなたを抱きしめた

(このてがおぼえている)

この手が覚えている

(いのちのやわらかさ)

命の柔らかさ

(あらしがくるまえのないだうみのように)

嵐が来る前の凪いだ海の様に

(こころのふるえがとまる)

心の震えが止まる

(あけていくそらのいろはしゅいろにそまる)

明けていく空の色は朱色に染まる

(さいしょでさいごのひかりで)

最初で最後の光で

(たたかういみをしるこのむねのいたみ)

戦う意味を知る この胸の痛み

(よぞらにつきあげたみぎてさぁ、やみをあばけ)

夜空に突き上げた右手 さぁ、闇を暴け

(あけていくそらのいろをしゅいろにそめて)

明けていく空の色を朱色に染めて

(まぶたにやきつくひかり)

瞼に焼き付く光

(たたかういみをしるにぎりしめたみぎて)

戦う意味を知る 握りしめた右手

(さいしょでさいごのちからで)

最初で最後の力で

(まもるべきものをしるにぎりしめたみぎて)

守るべきものを知る 握りしめた右手

(よぞらにつきあげて)

夜空に突き上げて

(いま、いのちをやきつくす)

今、命を焼き尽くす

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。