流星譚

投稿者村人Iプレイ回数26
楽曲情報 流星譚  有形ランペイジ  作詞sasakure.UK  作曲sasakure.UK
難易度(2.1) 1069打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 有形ランペイジ sasakure.UK
流星譚/有形ランペイジ
記号は省略しています
※このタイピングは「流星譚」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 4452 C+ 4.5 98.0% 235.8 1071 21 49 2020/10/20

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(そらはけむりをあげていた)

空は煙を上げていた

(うみはうぶごえをやめていた)

海は産声をやめていた

(しんぞうのけんそうで)

心臓の喧騒で

(それどころじゃないな)

それどころじゃないな

(おやすみはすぐそこに)

おやすみはすぐ其処に。

(ひとがひかりをとざしてく)

ヒトが光を閉ざしてく

(いみをしらずにいきてきた)

意味を知らずに生きてきた

(がらすのぐんぞうげき)

硝子の群像劇

(ふらちなしこうさくご)

不埒な試行錯誤

(ぶたいうらはりはどこ)

舞台裏、針は何処?

(さかさまがちかづいても)

サカサマが近づいても

(きまぐれなぎんがのかくしんはんは)

気まぐれな銀河の確信犯は

(きみのとばりをながしていた)

君の帳を流していた

(りゅうせいにねがいを)

流星に願いを

(それがしにがみだったとしても)

それが死神だったとしても

(どうかねがいを)

どうか願いを

(ぎんががこぼしたなみだを)

銀河が零した涙を

(うけとめるにはいくばくかたりなかったのか)

受け止めるには幾許か足りなかったのか。

(ぼくらのぼくらのこころの)

僕らの、僕らのココロの、

(すきま)

スキマ

(まちはいけにえをさがしていた)

街は生贄を探していた

(つみをしらずにつみあげた)

罪を知らずに積み上げた

(なないろのぼうどう)

七色の暴動

(なげやりのぎんがみと)

投げやりの銀紙と

(たがいちがいのそこに)

互い違いの底に

(からのぶたいをみたしてゆく)

空の舞台を満たしてゆく

(ちぐはぐなぼくらのはつえんとうは)

チグハグな僕らの発煙筒は

(しんぞうのやみをぼかしていた)

心臓の闇をぼかしていた

(ことばのすきまに)

言葉のスキマに

(もてあそばれるものたちと)

弄ばれる者達と

(ただあるだけのきょうせいと)

ただ在るだけの凶星と

(なにひとつちがわない)

何一つ違わない

(おなじながされるものとしりながらも)

同じ"流されるもの"と知りながらも

(だれもしらない)

誰も知らない

(ながれをとめるいのりのことば)

流れを止める 祈りの言葉

(さかさまがぼくをながしていた)

サカサマが僕を流していた

(じゅうせいをなげいても)

銃声を嘆いても

(まじわるやみがちかづいても)

交わる闇が近づいても

(どうかねがいを)

どうか願いを

(ぼくらがこらえたなみだを)

僕らがこらえた涙を

(しまいこむにはいくばくかたりなかったのか)

しまい込むには幾許か足りなかったのか。

(ぼくらのぼくらのすきは)

僕らの、僕らの"隙"は

(りゅうせいにねがいを)

流星に願いを

(それがちぐはぐだったとしても)

それがチグハグだったとしても

(どうかねがいを)

どうか願いを

(ぎんががこぼしたなみだを)

銀河が零した涙を

(うけとめるにはいくばくかたりなかったのか)

受け止めるには幾許か足りなかったのか。

(すこしだまってろよこころの)

少し、黙ってろよ ココロの、

(すきま)

スキマ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

村人Iのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971