第65回 ビジネス文書検定試験 一級

背景
投稿者投稿者福島 光いいね67お気に入り登録2
プレイ回数6.7万難易度(4.8) 1607打 長文 長文モードのみ
一級速度部門
誤字やふりがなミスなどがございましたら、ご報告よろしくお願い致します。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 鉄オタ 7682 8.1 94.2% 198.5 1625 100 33 2024/07/16
2 maro 6969 7.2 96.6% 225.4 1627 56 33 2024/06/03
3 es 6940 7.1 97.2% 222.6 1590 45 33 2024/05/16
4 犬好き 6066 天上天下唯我独尊 下 6.5 92.6% 238.2 1570 125 33 2024/07/11
5 newton 5638   超人  上 5.9 95.5% 270.8 1601 74 33 2024/05/08

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あらたなしごとのながれをかくりつし、)

新たな仕事の流れを確立し、

(ざいたくきんむをどうにゅうするきぎょうがきゅうぞうしている。)

在宅勤務を導入する企業が急増している。

(そのへんかくのたーげっととなったのが、)

その変革のターゲットとなったのが、

(にほんとくゆうのはんこぶんかとよばれるものだ。)

日本特有のハンコ文化と呼ばれるものだ。

(けいやくしょやきあんしょなどにおういんするために、)

契約書や起案書などに押印するために、

(しゅっしゃをよぎなくされるじれいがおおいからだ。)

出社を余儀なくされる事例が多いからだ。

(しょめんしゅぎをげんそくとしたびじねすのかんしゅうやぎょうせいてつづきをみなおし、)

書面主義を原則としたビジネスの慣習や行政手続きを見直し、

(でじたるかをおしすすめるきうんがきゅうそくにたかまってきている。)

デジタル化を推し進める機運が急速に高まってきている。

(はんこはぶんしょのせきにんのしょざいをあきらかにし、)

ハンコは文書の責任の所在を明らかにし、

(しんらいせいをたんぽするしゅだんとしてむかしからりようされてきた。)

信頼性を担保する手段として昔から利用されてきた。

(かいがいでしようしているのは、)

海外で使用しているのは、

(ひがしあじあのくにやちいきにかぎられており、)

東アジアの国や地域に限られており、

(おうべいをちゅうしんにじきひつのさいんがいっぱんてきである。)

欧米を中心に直筆のサインが一般的である。

(にほんでは、でんししょめいをおういんやてがきのしょめいとどうとうにあつかうとするほうりつが、)

日本では、電子署名を押印や手書きの署名と同等に扱うとする法律が、

(2001ねんにしこうされた。)

2001年に施行された。

(しかし、けいやくをむすぶさいには、)

しかし、契約を結ぶ際には、

(しょめんとはんこがせっとというしゅうかんはねづよくのこっている。)

書面とハンコがセットという習慣は根強く残っている。

(いっぽうで、itきぎょうをちゅうしんとして、)

一方で、IT企業を中心として、

(だつはんこにむけたとりくみがひろがりをみせている。)

脱ハンコに向けた取り組みが広がりを見せている。

(あるだいきぎょうにおいてはでんししょめいをどうにゅうすることで、)

ある大企業においては電子署名を導入することで、

など

(げんそくとしてはんこをつかうぎょうむをはいしした。)

原則としてハンコを使う業務を廃止した。

(また、くらうどじょうにあるでんしぶんしょに、)

また、クラウド上にある電子文書に、

(がめんじょうでおういんできるでんしいんかんというさーびすをあつかうきぎょうもある。)

画面上で押印できる電子印鑑というサービスを扱う企業もある。

(しゃがいでもいんたーねっとにせつぞくできるかんきょうがあれば、)

社外でもインターネットに接続できる環境があれば、

(おういんがかのうなため、りようするきぎょうがおおはばにふえている。)

押印が可能なため、利用する企業が大幅に増えている。

(これらのどうにゅうには、けいやくをていけつするあらたなしすてむのこうちくがひつようだ。)

これらの導入には、契約を締結する新たなシステムの構築が必要だ。

(これらにはとりひきさきにぎょうむのこうりつかやこすとさくげん、)

これらには取引先に業務の効率化やコスト削減、

(せいさんのこうじょうなどといっためりっとをていねいにせつめいし、)

生産の向上などといったメリットを丁寧に説明し、

(どういをえることがふかけつである。)

同意を得ることが不可欠である。

(くにはおういんのはいしにむけて、こうてきせいどをみなおしはじめた。)

国は押印の廃止に向けて、公的制度を見直し始めた。

(すでにいちぶのじちたいでは、はんこをつかわずにぎょうせいてつづきができるという。)

すでに一部の自治体では、ハンコを使わずに行政手続きができるという。

(だつはんこがひとつのきっかけとなって、)

脱ハンコが一つのきっかけとなって、

(これまでのしごとのながれやはたらきかたがおおきくかわろうとしている。)

これまでの仕事の流れや働き方が大きく変わろうとしている。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

福島 光のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード