目覚めの岸辺

投稿者たまプレイ回数47お気に入り2
楽曲情報 目覚めの岸辺  やなぎなぎ  作詞やなぎなぎ  作曲RIONOS
難易度(3.4) 651打 歌詞 かな 長文モード推奨タグ歌詞 やなぎなぎ
※このタイピングは「目覚めの岸辺」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(すこしずつあつめたほしのすなを)

すこしずつ集めた星の砂を

(ぱらふぃんのしみたかみにおとしたら)

パラフィンの染みた紙に落としたら

(おくすりみたいにきれいにつつんでがらすのこびんでうみへおくりだそう)

お薬みたいに綺麗に包んで ガラスの小瓶で海へ送り出そう

(きっとどこかとおくのくにきっとであうこともない)

きっとどこか遠くの国 きっと出会うこともない

(しずけさにみちてるわたしのいないばしょへ)

静けさに満ちてる 私のいない場所へ

(ながれつくめざめのきしべにうちよせられたきずまみれのぼとる)

流れ着く目覚めの岸辺に打ち寄せられた傷まみれのボトル

(こきゅうさえおぼつかないままかせきになってすなのそこ)

呼吸さえ覚束ないまま 化石になって砂の底

(なんじゅうねんなんびゃくねん)

何十年 何百年

(しるすべもないみらいのなんてことないつちくれになれたらいい)

識る術もない未来の なんてことない土塊になれたらいい

(ささやかにそこにあるようなほしきれのひとつぶみたいに)

細やかに そこにあるような星切れの ひとつぶみたいに

(はてしなくかわいたきしべはめざめのなみをまちのぞみつづける)

果てしなく乾いた岸辺は 目覚めの波を待ち望み続ける

(まどろみのねつをおびたかんじょうになまえはまだつけられない)

微睡の熱を帯びた感情に名前はまだ つけられない

(ながれつくめざめのきしべにうちあげられてきえてゆくため)

流れ着く目覚めの岸辺に打ち上げられて消えてゆくため

(またあしたもほしのすなあつめて)

また明日も星の砂集めて

(がらすのこびんでそらのうみにおくりだそう)

ガラスの小瓶で 空の海に送り出そう

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!