八月の陽炎

投稿者プレイ回数283
楽曲情報 八月の陽炎  マカロニえんぴつ  作詞はっとり  作曲はっとり
難易度(2.4) 956打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 音楽 マカロニえんぴつ バンド
マカロニえんぴつの八月の陽炎です。
夏らしいさわやかで素敵な曲です。
※このタイピングは「八月の陽炎」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ☀︎ 5182 B+ 5.4 95.5% 175.8 956 45 39 2021/07/07
2 はっとり 4045 C 4.3 94.2% 222.2 957 58 39 2021/07/07
3 apples 3137 E++ 3.2 95.3% 285.3 941 46 39 2021/07/22

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ことばはふぁっしょんではないからさ)

言葉はファッションではないからさ

(かざれどかさねど)

飾れど重ねど、

(どうもうまくきまらないもんだな)

どうも上手くキまらないもんだな

(ただしさとまちがいのあいだに)

正しさと間違いのあいだに

(かなしさとかんちがいのあいに)

悲しさと勘違いの愛に

(なんどもおりあいをつけてきたまったなしのじんせいで)

何度も折り合いをつけてきた待った無しの人生で

(いつもまちあわせて)

いつも待ち合わせて

(すこしのいばしょをわけあった)

少しの居場所を分け合った

(うんめいはつくりばなしといったかのじょが)

運命は作り話といった彼女が

(めがみにみえたはちがつのかげろう)

女神にみえた八月の陽炎

(ことばはかべやがらすで)

言葉は壁やガラスで

(あってほしくはないのに)

あってほしくはないのに

(おもいをつたえただいしょうは)

想いを伝えた代償は

(いつもわれたこどくなんです)

いつも割れた孤独なんです

(ただしさをおしえてくれたのは)

正しさをおしえてくれたのは

(まちがえてであったあなただった)

間違えて出会ったあなただった

(いつもそうだった)

いつもそうだった

(わかっていないふりで)

分かっていないふりで

(じつはしっていたんだ)

じつは知っていたんだ

(すこしのいばしょを)

少しの居場所を

(ゆずってくれてありがとう)

譲ってくれてありがとう

(さんせっとほんとうのことは)

サンセット 本当のことは

(ひとつだってしりたくないのさ)

一つだって知りたくないのさ

(さんせっとあこがれたとおり)

サンセット あこがれた通り

(ぼくはしょうじきにぼくをだましてる)

僕は正直に僕を騙してる

(うだるようなむらさきのかげ)

茹だるような紫の影

(きみへのおもいもむりにさましたなつ)

君への想いも無理に冷ました夏

(ぬれたままのしゃつ)

濡れたままのシャツ

(ちへいせんのむこうはちがつのかげろう)

地平線の向こう 八月の陽炎

(きっとずっとじゅうだいのじぶんがいる)

きっとずっと十代の自分が居る

(みたくないまっくろのそれに)

見たくない真っ黒のそれに

(いきさきをたずねていた)

生き先を尋ねていた

(さんせっとほんとうのことは)

サンセット 本当のことは

(ひとつだってしりたくないのさ)

一つだって知りたくないのさ

(さんせっとあのひとみたいに)

サンセット あの人みたいに

(ぼくはしょうじきにぼくをだましてる)

僕は正直に僕を騙してる

(うだるようなむらさきのかげ)

茹だるような紫の影

(きみへのおもいもむりにさましたなつ)

君への想いも無理に冷ました夏

(かわいてゆくしゃつ)

乾いてゆくシャツ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。