真昼の月明かり

投稿者Reプレイ回数213
楽曲情報 真昼の月明かり  月詠み  作詞ユリイ・カノン  作曲ユリイ・カノン
難易度(2.4) 1103打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 音楽 ユリイ・カノン 月詠み
ユリイ・カノン/月詠み
記号や句読点は省略しています
※このタイピングは「真昼の月明かり」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 やし 5936 A+ 6.1 96.4% 176.7 1089 40 45 2022/01/05

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まひるのつきのあかりのした)

真昼の月の明かりの下

(きみがかすかにみえたんだよ)

君が幽かに見えたんだよ

(ほらもうあいのそらにとけたおもいにてをふる)

ほら もう藍の空に融けた想いに手を振る

(あでゅーあでゅー)

アデュー アデュー

(かじかむゆびをつつむ)

悴む指を包む

(そのたいおんにとけてはにじむいたみ)

その体温に溶けては滲む痛み

(すめくよるにとぎれないように)

すめく夜に 途切れないように

(またかぎをかけて)

また鍵をかけて

(かくしていたいとかおもってるってほんとうのとこは)

隠していたいとか思ってるって本当のとこは

(つたえたいことがあるってことってきづいてる)

伝えたいことがあるってことって気付いてる

(いちびょうでかこになるんだこのしゅんかんさえも)

一秒で過去になるんだ この瞬間さえも

(そうきのうのあすにいきながら)

そう、昨日の明日に生きながら

(あすがじんせいさいごのひだとして)

明日が人生最後の日だとして

(きょうなにをしてもくいはのこる)

今日なにをしても悔いは残る

(ああもうきえたいなんてうそだ)

ああ「もう消えたい」なんて嘘だ

(でもどうしてもここがいたいんだ)

でもどうしてもここが痛いんだ

(みちてはかけるつきのように)

満ちては欠ける月のように

(このこころもまたかたちをかえる)

この心もまた形を変える

(いまをこのときのおもいも)

今を この時の思いも

(うたにしてとじこめられるかな)

歌にして綴じ込められるかな

(こだちとせんろにそい)

木立と線路に沿い

(ふたりがあるいたあしあとだけのこる)

二人が歩いた足跡だけ残る

(ふりそぼつかえりみち)

降り濡つ帰り道

(そのてをはなさずいられたら)

その手を離さずいられたら

(ねえまだゆめをみてる)

ねえ、まだ夢を見てる

(ぜんぶがうそみたいだ)

全部が嘘みたいだ

(ああきょうまでなんどもめざめて)

ああ 今日まで何度も目覚めて

(でもぼくはいまもあのひのまま)

でも僕は今もあの日のまま

(おわるひはとおくてちかくて)

終わる日は遠くて近くて

(へきらくをみあげてつきをまつ)

碧落を見上げて 月を待つ

(のこるじんせいさいしょのひがきて)

残る人生最初の日が来て

(きのうのことさえわすれていく)

昨日のことさえ忘れていく

(ああどうでもいい)

ああ、どうでもいい

(あいもゆめも)

愛も夢も

(すくえやしないからなにも)

救えやしないから なにも

(もうせかいがおわってもかまわない)

もう世界が終わっても構わない

(とかうたうだれかのうそがいたい)

とか歌う誰かの嘘が痛い

(ああきっとねがってもかなわない)

嗚呼 きっと願っても叶わない

(でもどこかできたいしていきて)

でもどこかで期待して生きて

(まひるのつきのあかりのした)

真昼の月の明かりの下

(きみがかすかにみえたんだよ)

君が幽かに見えたんだよ

(ああもうこのさいごのときまで)

ああもう この最後の時まで

(なあどうしてことばがでないんだよ)

なあ どうして言葉が出ないんだよ

(いえないままてをふる)

言えないまま手を振る

(あでゅーあでゅー)

アデュー アデュー

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!