キリカ

投稿者しかもどきプレイ回数77
楽曲情報 キリカ  HIMEHINA  作詞ゴゴ  作曲oma Genda・Hayato Yamamoto
難易度(3.3) 1123打 歌詞 長文モード可タグHIMEHINA
HIMEHINA secondアルバム『希織歌』収録曲「キリカ」のタイピングです。
(記号は省略しています)
※このタイピングは「キリカ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(さらばすべてのこいねがいよきたれすべてのわざわいよ)

さらば全ての希(こいねが)いよ きたれ全ての禍いよ

(けいせいときがねきかずくれぼくらはせかいにきらわれた)

警世(けいせい) 時鐘(ときがね) 聞かず暮れ ボクらは世界に嫌われた

(ふゆにはるいぶきにくちおちきえるいのちのたまゆら)

冬に、春、息吹に、朽ち落ち 消える命のたまゆら

(ひとのゆめははかないもんださとりまぶたでうたをつかんだ)

人の夢は儚いもんだ 悟り瞼で歌を掴んだ

(おしえてきりかとべないとべないじんるいはもう)

教えて希織歌 飛べない飛べない人類はもう

(たすけてきりかひょうじょうないくらいみらいをあゆむくらいなら)

助けて希織歌 表情無い暗い未来を歩むくらいなら

(ゆめをみていきろいきろ)

夢をみて生きろ生きろ

(そうたかくたかくたかくそらをみあげながら)

そう高く高く高く空を見上げながら

(きぼうをみていきろいきろ)

希望をみて生きろ生きろ

(たとえすべてかなわなかったとしても)

たとえ全て叶わなかったとしても

(かたおもいでいい)

片想いでいい

(さけべそれでもせかいをあいしてると)

叫べ、それでも世界を愛してると

(このれっせいなしゃかいとしかいにわいたあくあくとしたあいつこいつ)

この劣勢な社会と視界に沸いた悪灰汁(あくあく)としたあいつvsこいつ

(いやだねいのちがみえすぎて)

嫌だね、《心の声》(いのち)が見え過ぎて

(あいをあいとさげすむようにうがったほうがかっこいいってかっこつきでうらわらう)

愛を哀と蔑む様に穿った方がカッコいいって()付きで裏嘲笑(うらわら)う

(そんなじだいに)

そんな時代に

(なにをねがうのりそうsorryむりだいたい)

何を希うの?理想?Sorry!無理!だいたい

(かなわないんだよ)

叶わないんだよ

(むぼうなrunきずつきうえるくらいなら)

無謀なRun 傷つき飢えるくらいなら

(ゆめをすていきるほうがたやすくやすくしあわせだろう)

夢を捨て生きる方が容易く安く幸せだろう

(てばなせばいい)

手放せばいい

(きぼうをすていきるのなら)

希望を捨て生きるのなら

(いますぐすべておわらせばいいけど)

今すぐ全て終わらせばいいけど

(さびしくなるね)

寂しくなるね

(わらえそれならせかいをたすけてと)

祈(わら)え、それなら世界を助けてと

(しあわせになるんだ)

幸せになるんだ

(とざさないでいのちをきらずにここにいてよ)

閉ざさないで命を切らずにここに居てよ

(ひとはよわいいきものだから)

人は弱い生き物だから

(きぼうやあいがひつようだろ)

希望や愛が必要だろ

(ともにいきよう)

ともに・・・生きよう

(ゆめをみていきろいきろ)

夢をみて生きろ生きろ

(そうともにともにともにそらをみあげながら)

そう共に共に共に空を見上げながら

(きぼうをみていきろいきろ)

希望をみて生きろ生きろ

(たとえすべてこわれてしまったとしても)

例え全て壊れてしまったとしても

(ゆめみまぶたで)

夢見瞼で

(このやんだせかいにねがいをささげるよきりか)

この曇(や)んだ世界に希いを捧げるよ希織歌

(うたえそれでもせかいははれるよと)

歌え、それでも世界は晴れるよと

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!